ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論


コトバの辞典


  • 確か,ヴィトゲンシュタインは,人は持っている言葉によって,見える世界が違う,といった。その通りで,どれだけ 多様な
    言葉をもっているかで,見える世界をどこまで分化できるかが決まる。その分化の分だけ,世界は奥行を増していく。ここでは,言葉のもつ微妙な差異にこだわってみた。 情報とは差異である。差異の分だけ世界が細分化される。情報とは,世界の認識そのものである。

目次

あ・い う・え・お か・き く・け・こ さ・し す・せ・そ ま/や ら/わ/記号
マ/ヤ
愛嬌 悔い 齋院 タイ な(菜・魚・肴) 間(ま)
      くいな 最後屁   退屈       来国光
      食う 賽銭   退屈        
愛想も小想も ういろう 甲斐 窮子(ぐうじ) 洒掃 乃公 〜ない は(羽・歯・刃・葉 間合い らふたし
      空寂 才能   大黒柱 ないがしろ   まい・おどる  
阿育王の七宝     空白 才能 太鼓持ち     参る  
アイデア うえ 開眼 空也豆腐 催馬楽   大根役者 内省   羅綺
      公卿 さうぞきたる   帝釈天     帞袼(まかう)  
      傀儡子 さうらふ 大樹 奈利(ないり)   来迎引接(らいごういんじょう)
      さえの神 スイカ 大丈夫 なう   摩訶迦葉  
アイデア   買い被る くさい さえずる 水干 だいたい   摩訶迦羅天(まかからてん) らくがん
      草餅     大通智勝        
アイデア出し ウォーキング 解決状態 くしゃみ   吸口 台所 萎える 魔が差す 落首
      くじら     大日如来        
      さか 推参 大白牛車(だいびゃくごしゃ)     摩訶止観  
      葛かづら     大夫        
      葛切り さかき 水前寺海苔 たうぶ        
    かいこ ぐずぐず さかしら   大福餅 なおざり      
    開口 葛の葉 さかい   大梵天王 なか 敗軍の将は以て勇を言るべからず まく(巻く)  
    懐石料理 弘誓 すいとん たいまつ        
    快刀乱麻 具足 さかひ 髄脳 松明 ながえ   まく(負く)  
iPS細胞 うかつ 海馬 具足煮 さかやき 随分 タイマン ながつき 敗北 覓(ま)ぐ 落書
    涯分 くたに   吹毛 大名の下には久しく居るべからず 中結ひ   まくら  
愛用品 浮足立つ 偕老のふすま くたびれる さがりごけ 吹毛の咎 集(たか)る 詠(なが)む 場打て まくら  
    会話のずれ くだらない   末摘花 たかんな ながれる     羅刹女
あえる   貝をつくる くだを巻く 属(さかん) 素襖 高を括る なく はか まぐれ  
    返さの日 くだん さぎ(詐欺) スカ 滝川 薙ぐ はか   落蹲(らくそん)
あお   帰花(かえりばな) くち サギ(鷺) すかたん たぎつ なげく 歯が浮く まくはうり  
青柳 うきよ かお クチナシ 先追 すかす 荼枳尼天   歯固め 摩醯修羅 楽天
あおる うく 花客(かかく) くちなわ 行矣(さきくませ) すがらに たく     まけ 落花生
あか ウグイス かかし くちはばったい 左義長 すがる たくあん なぐれの端 まげて ラッキョウ
  うけ かがみ くちびる さくら スカンピン たぐふ なげやり   まぐろ  
受け取る かがみびらき 口取 サクラ 好き たけ   はがゆい まこと  
あがく 受け取る かがみもち 崛起 桜餅 数寄 タケ(竹) なごり はからう まごまご  
      屈強 作品   タケ(茸) なさけない   まさご らふたく
証を立てる   かがやく くどく さくらんぼ 好きになる たけなわ なし はかる    
      くぬぎ     たこ(凧)     まさに  
      狗奴国   スキル たこ(蛸)   謀る    
  烏號   くぼて・ひらて   頭巾 ださい   矧(は)ぐ 将門眼鏡  
      くびったけ     他山の石   白雨    
あかつき うざい かがりび 九品往生 石榴 すく たしなめる ナシ はぐくむ マジ 濫觴
あかねさす   肆(かかるがゆえ)に くみいれ 石榴口 助六 たしなむ なしくずし 白日に人を談ずる事なかれ   濫妨
垢ねぶり     久米仙人 さけ 助六寿司 嗜む なじみ 白雪糕 まじない  
垢ぬける   かき(柿) くも すごすご 多生曠劫 なじむ ばくち まじまじ  
あがふ 兎の数え方 かき(垣) くもゐ さけぶ すごろく たじろく゛ ナス 幕府 まじめ  
赤福餅 胡散臭い カキ(蠣) 雲居 左券 すさぶ たすき なずな 白露 まじめ  
あがめる 鳥瑟(うしつ) かきもち くもる ささ(笹)   たそがれ なずむ   ます鏡  
あからさま 宇治の橋姫 書く 求聞持法 ささ(酒)   蛇足 なぞらえる 馬口労(ばくろう) まずまず  
あからめ うしろ 書く くら サザエ 杜撰 たたかう ナタマメ  
丫鬟(あかん) うしろめたい 書く   すし たたき なづさふ 萩餅 まだし 李下の冠
悪党   書く ささがに   たたく なってございます。 化け猫 間違う  
薄い かく(書く) クライアント体験 さざめく   ただちに なでしこ 区々(まちまち) 犂牛
商う うそ 覚悟 くらう ささやく   だだ漏れ はこべ 待つ 利休煮
諦める 嘯く 恪勤 クラゲ ささら たたみいわし 納豆 藐姑射(はこや) 六軍
諦める うた 格闘 クリ さざれ石 すずしろ たたむ など ばさら 松風 リソース
歌合 鶴髪 くりからもんもん サザンカ すずな ただむき 七草粥 はし 真っ赤なうそ リーダー
あくせく 有待(うだい) 角兵衛獅子 くり舟 さし   たたる 七十五日 待つことについて  
あぐむ 歌占 かくや 差し金 すずなり 太刀 77年周期 マツタケ  
あげつらう うたがう 神楽 ぐる 左支右吾   立ち直り ななめ 恥しめる まど  
あけぼの   隠れ里 くるぶし さし縄 すずろはし たちまち 菜の花 はしたない 円居  
下火(あこ) うたげ 隠沼 くるま さしみ すそ 立つ なびく 半蔀(はじとみ) 円か  
あこがれる   隠れ蓑 クルミ さしみのつま スズメ たつ(竜) なへに まなかぶら  
阿漕 うたた かくれんぼう くるむ さす すそご 奪衣婆   はしる まなぶ リーダーシップ
うたたね かげ くれなずむ さす 頭陀 たつき 生意気 走る 学ぶ リーダーとリーダーシップ
あさがほ うち 駆落ち ぐれる さすが すだく 竜田揚 なま まぶしい リーダーシップの源泉
浅茅焼 打ち 影待 くろ さすまた   獺祭(だっさい) なまこ はず    
あざとい 打出の太刀 カゲロウ クワイ 坐禅豆 ずたぼろ たつき なまじっか はずかしい まぼろし リーダーシップをとる生き方
        蹉跎   竜田姫     間抜け 律呂
あさつき うちまき   企つ 沙汰   答拝(たっぱい) なます      
  うっかり       修多羅(すたら) たて       理不尽
    水手(かこ) くわばらくわばら     伊達 なまづ 髪衝冠 目見(まみ) 竜宮
あさって   かこつ       蓼食う虫 なまばむ      
朝っぱら うつくしい 作家 すっとこどっこい 伊達巻 なまめかし 発想   龍樹
あさなけに       だてら なみする   まめ 竜灯
浅はか うづき 鵲(かささぎ)の橋 夏安居 さつき すっぱぬく 畳紙 涙ぐむ 発想の条件  
      挂冠              
朝ぼらけ     鯢桓の審   素っ破抜く 喩え 南無 まゆ(眉) 竜鱗に攀じて鳳翼に附す
あさまし   風祭 熒惑星(けいこくせい) サツキ   たな ナメクジ はた   りょうけん
朝まだき   かざみ 景公の夢 薩埵   たなばた ならう はたて まゆ(繭) 領袖
浅み うつけ 加持 霓裳(げいしょう) 雑談 すっぽかす たに 那羅延     霊鷲山(りょうじゅせん)
あざむく 移し鞍 菓子 傾城傾国 さつま揚げ   タニシ 奈良漬 はためく   梁塵
朝飯前 うつせみ かしこ 経験   スッポン たぬき汁 なゐ   眉唾  
あざやか うつつ   鶏肋   すっぽん煮 狸寝入り   はたる 迷う 聊爾
あし うつらうつら   経営(けいめい) さとい   楽しむ 南禅寺揚     陵ず
      けうがる     頼母子       綾羅
あじ(味)     けうとし 砂糖   食べる 難点     慮外
アジ(鯵) うてな かしこい ケガ     犢鼻褌(たふさぎ) 南蛮煮 旗を巻く まる(円・丸) リンゴ
      灰河(けが)地獄     たぶらかす        
  独活の大木 かしましい けがれ 実盛送り   ダブル・リスニング        
  内舎人(うどねり) 火車 逆鱗     たま(玉)        
あしからず   火定(かじょう) 激怒 サバ すてき たま(魂・魄) はだ まる(丸・麿) 輪宝
足軽 うどん 箇条書 けし 捌く 捨てる・棄てる 玉匣(たまくしげ) にいなめ はだか まるで  
あじけない うどんげ 下司     だまくらかす にがたけ      
アジサイ   かしわで       たまげる 苦手 はだし    
阿私仙 うなぎ 膳夫(かしはで) 芥子(けし) サバを読む 捨てる たまご 和(にぎ) はたらく 丸める  
あした   柏餅 けしからん ざまぁ見ろ   たまさか 煮切り      
あしひきの うなぎのぼり かずける 気色ばむ 褊(さみ)す 捨てる たまさか 北ぐ 八大童子 まれ  
あしびきの ウニ けじめ さみだれ 捨てる にくむ   万引き  
阿閦如来 うぬぼれ かせぎ 化生 サムライ   鎮魂 逃げる ばつ 〇をつける  
        サムライとヤクザ   たまたま        
足を洗う 卯の花 仮説 げす さめ   玉づさ   バックシャン    
あすか 鵜の目鷹の目 仮説   さもしい   玉の緒 濁る はづき まわる  
あずき 優婆夷・優婆塞 風の祝   さやけし   たまふ 二才野郎 八功徳水 饅頭  
あずき粥 うばたまの かぞいろ 下世話 さゆ   たまり   八識 万八  
梓の真弓   伽陀 下足   すなわち たまる 二次感情 八寸    
あせ うはなりうち 方人(かたうど) けた さようなら   溜息 錦木 八百比丘尼  
遊び うぶめ 片思い けだし さようならと一期一会   ためぐち 煮しめ 初夢 ミイラ  
            ためつすがめつ     澪標  
    かたしき             みがくる  
あそぶ うへのきぬ かたじけない   ざら   ためらう 二束三文 ばつをあわせる みかじめ  
遊ぶ うま 固唾を呑む   作禮而去(さらいにこ)   ためる     みかん  
        沙羅林   たもと     みき・ひだり  
  うみ カタツムリ 下駄を預ける さる   懈(たゆ)し   法被と半纏  
あだ   かたな   猿蟹合戦   たらい   ばてる 見切る  
あだし心 うめ かたなし 下駄をはかせる さるまた   たらいまわし   破天荒 巫女  
    かたぬぐ   さわ   だらしない     みごと  
あだな   片腹痛い けち さわぐ   たらちね 二足の草鞋 はと みこし入道  
        さわす   陀羅尼菩薩 にち 鳩の杖 みさご  
あたま うやむや 帷子 結構 三会 すはま たわいない   はな みず  
    帷子雪   算賀 すばらしい たをやか 日摩尼手(にちまにしゅ) 花かつみ 水菓子  
頭を抱える うら 傾く 欠点 三界 素引きの精兵 啖呵 ニッチ 鼻毛 みずくさい  
あだっぽい 裏切り かたる(語る) 血脈 三界火宅   探竿影草 にっちもさっちも はなす みすぼらしい
あたふた うらなう かたる(騙る) けつらふ 慙愧 すべからく 団子 二人称 餞(はなむけ) みずみずしい 類推
あたら   語るに落ちる   ざんき   団七縞 二の足 縹(はなだ) みずら  
あたりきしゃりき   語るに落ちる 牽牛子(けにごし) 三献 滑ったの転んだの 丹青 二の次 鼻っ張り  
あたりめ     毛抜鮨 参宮松   旦那 二の腕   店仕舞い  
アチャラ漬 盂蘭盆会 かち 繋念無量劫 三下 すべた 断念 二の舞 花に嵐 味煎  
あつい(暑・熱)   徒士   30秒ルール     二八蕎麦   味噌  
あつい(篤・厚)   カチグリ   三十四身   堪能 にほどり 鼻の下くう殿建立 みそみそ  
誂え うらむ かつ 下馬評 三十二相 すべて 短兵急 鳰の海 はなはだしい 見たうもなし  
あっぱれ   カツオ   山椒   弾呵(だんか) 匂ひ   みたらし団子  
集め汁 うららか かづき けむに巻く 三身仏性(さんじんぶっしょう) ズベ公 だんびら にほふとかをる 花火 みだりに  
あて   かづく   三神山     日本語 はにかむ 三日  
当て 裏を返す 勝手 けやけし 三身礼(さんじんらい) ずぼら   二毛 場になる 三つ瀬の川  
あてずっぽう 瓜二つ 買って出る けり 三助 すまふ タンポポ   パニック みづち ルビ
後始末 うるおう かっぱ ける 三千世界 すみません タンマ 若王子(にゃくおうじ) はね みっともない  
あとはかなし うるせし 河童 けれんみ 三草二木 すむ にやける はは みどり  
あながち うるわし 剣が峰 三尊   如意宝珠 はばかる みどりご  
あながち   かづらきの神 狷介 三遅     ははこぐさ  
あなかしこ   桂を折る 弦月 三諦円融   知音 吟(にょ)ぶ ははそ 南枕  
あなかま 有漏・無漏 がてに 検校 三到   チェックリスト 如来 柞(ははそ) みなづき  
あなご うろこ がてら けんけん 三熱 墨流し ちかう   八幡船 みにくい  
あななひ   かな 言語化 山王十禅師   ちき にわか はふはふ みね  
あなめ   かなぐる   サンピン スミレ 千木   破風 みの  
阿難 悲しみ 源氏豆 サンマ すもう 逐電 ニラ 羽二重 身の程  
あに 浮気 悲しみ   三昧 摺る 竹園     水馴木(みなれぎ)  
上の空 かなしみ   三明六通   ちくる にる ハマグリ  
阿耨(あのく)菩提   かなし 堅石白馬 算用 スルメ 竹輪 ニワトリ はやす    
あばよ   かなまり 玄鳥   ちちんぷいぷい 任怨分謗 はやて 見立て  
阿鼻叫喚   カニ       ちちんぷいぷい        
鐙頭(あぶみがしら)   兼ね合い けんちん   ずんぐりむっくり 知と智 人気 はら(腹) 見目  
安倍川餅   かねこと     千鳥     ミヤ  
あへなし うんざり 曲尺     千鳥足     みやげ  
あほ   鹿の子餅       ちはやぶる     都鳥  
アホ・バカ分布図   かはたけ けんつく 尸位   ちび 人魚 はら(原) ミョウガ  
あま   かはな草 慳貪   ちぶりの神 人間 はらいせ 冥加  
阿魔 うんともすんとも 蒲焼       地火爐(ぢびろ)     妙見大悲者  
あまい   かはらか げんなり しあわせ 血祭り ニンジン 腹に落ちる 名簿(みょうぶ)
天霧る         ちまた     未来  
天児   かひ(匙)   時雨の化 ちまき ニンニク はらはら 味醂 冷汗三斗
雨乞い うんぷてんぷ カビ けんもほろろ 西王母 魑魅魍魎 忍辱衣 はらをくくる みるめ  
甘酒   飼ふ   塩辛 正鵠を射る 弥勒  
剰(あまつさ)へ   げんを担ぐ しか 正言若反 茶々を入れる ぬえ 婆利采女  
甘茶   かぶく   シカ 掣肘 茶番   罵詈雑言    
あまのじゃく   かぶと   視界 青鳥 ちゃぶだい   針目 六日知らず  
阿弥陀仏   鏑矢   視界 青天 茶坊主 ぬか 昔取った杵柄  
あめ(雨)   かぶり   志怪 贅六 茶目 ぬかす はれる ムカつく  
あめ(飴)   かぶれる   持戒 せがれ 茶飯 ぬかずく   向かっ腹  
雨模様   果報 仕方がない 積水 ちゃら 糠味噌漬 攀縁 向腹(むかひばら)  
綾藺笠   果報 仕方話 責任 ちゃらい 糠喜び 判官びいき むかばき  
あやかし   かべ   関の山 チャレンジ ぬくぬく 半夏生 向かひ城  
あやし   かぼちゃ シカト 鶺鴒 ちゃんちゃらおかしい ぬけぬけ 半畳を入れる むぎ
あやなし   貌鳥(かほどり) 自画自賛 せこめる 中陰 ぬさ 半挿 むくげ  
あやにくだつ   かまいたち   しかと 是生滅法 ちょう ぬさ はんちく ムクドリ 朗詠
あやめぐさ           調楽 ぬし 般若 葎(むぐら) 弄璋
あやめも知らぬ   かまくら 地金   調子 ぬた はんぺん 無下  
あゆ   かまど     せせらぎ 丁子染       郎等
    かまびすしい     折角 重陽        
謝る   構ふ 芝が眉宇 節季候(せつきぞろ) ちょこざい 塗籠(ぬりごめ) 凡例 向こうと向かい  
あらい   釜の蓋 恋・愛・好 しがらみ 石鹸 ちょっかい     むさと  
あらし   カミ しがらみ(柵) 切ない 直観 濡れ衣   無作(むさ)の大善  
    カミ 濃い 死から見る 絶望 猪突猛進 濡れ手で粟 むし  
あらたま   かみ こう 時間感覚 折楊柳 ちょぼちょぼ    
      瀬戸飯 ちょろまかす 濡れ鼠 無上道  
あられ     セミ ちょんぼ   むづかる  
    神遊 公案     ちょんまげ   干菓子 無邪気  
あられ酒   紙子 行矣 死期 責む ちんたら   日がな 無駄 ろく
ありきたり   紙衣 黄鶴楼 志気 セーラー服 ちんぷんかんぷん 濡れる ひがむ 無体 六根五内
    神さびる 業障 仕儀 セリ 黙っていても ひがむ むち 六十万決定往生
    かみなり 小袿(こうちぎ) しぎ せりふ 沈黙 ピーカン 無知 六道四生
ありたい自分リスト   神非礼を受けず 降魔の相 識神 ゼロ戦 沈黙のコミュニケーション ねがふ 引出物 無知 六道の辻
ありたくない自分リスト   神業 こうもり 色代     ひきめ むつき 六道能化
ありてい   かめ 好悪 しきたへ せわしい ついたち   ひぐらし むつまじ  
      紅顔翠黛 重波(しきなみ) ついたち ひげ 無手 六部
ある   カメ こうこう しぎやき 羨魚情 ついで 禰宜 引け目 むなしい ろくろくび
      口上   千手の呪(まじない) 追儺   避賢 無念 ろじ
    がめつい 恒沙 しきり 嬋娟 ついに ねぎらい    
    かめりぞき 庚申待   僭上 つう ねぎらう ひこ 宗と  
歩く   かむ こうずる しく 禅定 つうかあ   ひこばえ むべ 炉開(ろびらき)
        四句の偈 善逝(ぜんぜい) 通天の犀   非時 むまのはなむけ  
    かむろ 口跡 闡提(せんだい) つかねる ねこ 菱餅 むやみやたら  
有平糖   カモ 行蔵 選択 つかのま 猫にマタタビ 尾生の信   六方
    かもす       つかはしめ   非想非々想天   呂律
    カモメ       つきづきし   顰に倣う    
    家紋 狡兎死して   選択 付人 ねこばば 引板(ひた) 村消え  
あわてる   荒唐無稽 四苦八苦 善知識 猫又 ひたす むらさき  
アワビ   かゆい 荒廃 時雨 詮なし 月と鼈 猫も杓子も 常陸坊海尊 村雨  
    通ひ路       月の桂 ねたし ひたむき    
あわれむ   から 亢龍悔い有り しぐれ煮 煎餅 つぎほ ねたむ 篳篥 無理  
    からい 五蘊 四華(しけ)   つく 子の日 ひつ  
    唐臼 こえ しげしげ 仙人 つくつくぼうし ねびまさる 引っ掻き傷 め(眼)  
    からくれない 牛王 重忠   つくし   ひつち め(女)
    唐衣 呉下の阿蒙   船場煮 佃煮 寝耳に水 ひっちゃかめっちゃか   王莽時(わうまがどき)
白馬(あをうま)の節   芥子(からし) こがら 視圏 千疋飯 つくづく ねむい ひっぱりだこ 眼鏡  
    カラス   示現   つくね 練色 ひと 目かれ  
    佉羅陀山(からだせん) 五家宝 敷居   つぐみ 寝る ひとごと    
    からに 呉牛 しぐさ ゼンマイ つくも 年季 一緡 目くじら  
  からはぎ 虚空無性 しくじり   付喪   ひとしお めくじら  
襖(あを)   からもも 告往知来 しける せんろっぽ 創る   ひととなり めくちかわき 若さ
餡掛豆腐   唐様 穀潰し 時化る   つけ   人との距離感   若造
    がらんどう       つごもり        
暗中模索     四向四果(しこうしか)   づたづた   一葉の舟    
    刈菰(かりこも)   而して   恙無し   人屋(ひとや) めぐむ ワカメ
    カリスマ 極楽蜻蛉 仕事   つっころがし   ひとりぼっち めぐる わかりあう
    かりそめ   仕事に旗を立てる   つつしむ        
        仕事をする   ツツジ ねんごろ 髀肉の嘆 目利き わかる
    雁股の矢 五器一具 しこな   つづる     めこぼし  
あんちょこ       慈氏   つちかう        
    かりもの こく 紙燭   つつむ     めざまし  
あんぽんたん   かる こけら しじみ   九十九   ひねもす   分れ道
        じじむさい   つづり        
    迦楼羅炎 こげら 四衆   苞豆腐     めし  
    かれがれ 沽券 シジュウカラ   つとに   檜舞台   わくわく
        時正(じしょう)   夙に       わくわく
    苛斂誅求 五更 四神相応   つとめて       和羹(わこう)
    離(か)る 幾許(ここだ)く 下枝(しずえ)   椿餅   ヒバリ   和琴(わごん)
    かわ(川)   しずく   ツバキ   びびる    
    かわ(皮) 心が折れる 自責   つばき(唾) 蚍蜉大樹を動かす めちゃくちゃ  
    かわや   自責   つばさ の(野) 平調(ひょうじょう) めっそうもない わざ
    かわら   芝草(しそう)   ツバメ の(布)    
        した   鍔目 箆(の) ひまつぶし   ワサビ
    甲乙(かんおつ)   した(舌)   燕合わせ ひまち 滅法界 わざわひ
    考える こころ 下紐   つぶやく ひめ   わざをぎ
    関係   したなき   呟く 野軍 めでたい  
    管見 こころ 「したいこと」と「しなければならないこと」   つぶら 囊沙背水の謀 比目(ひもく) 馬手・弓手 和三盆
    函蓋ともに相応す 心が通じる 時代おくれ   つぼ 能化 ひもろぎ めどに削り花 ワ印
      四大声聞(しだいしょうもん)   ツボ 能天気 冷やかし 目と眼 わずか
      心にくし したう   ノウハウ 百大夫   わたつうみ
    閑日月 小細工 したうづ   つぼ折 ノウハウ 百歳の狐 目に一丁字
        仕出し   壺屋   百万遍    
    頑固 巾子(こじ) したたる   つま 能力 白毫 めのこ・をのこ
      心ばえ した面   妻戸   百尺竿頭   わぶ
    諫鼓鶏 こころばせ じだんだ   爪弾き 「のがれ」と「しのぎ」 百和香   わび・さび
  漢字 心もしのに 舌を巻く   つまびらか   兵革 めりはり わや
    感謝 こし 七福神   つまようじ のぞく 剽軽 面桶(めんつう)  
    巻数木(かんじゅぎ) 腰折れ 七寶蓮華   つまらない 莅む 表現 面倒  
飯鮨 干将莫耶 こしき 十界十如   つみいれ 野幇間 表事 面妖 悪びれる
いい歳 郢曲(えいきょく)   乞食 しっか   積む   瓢箪鯰 笑い
いいんです 描く 萱草 腰だめ   摘む   杪冬 もがな
イエスセット えぐい   こじつけ   つややか のたうつ 瓢箪から駒 もがり わらう
家に杖つく えげつない 肝胆 小癪 執金剛~(しつこんごうじん)   つゆ 後の千金 豹変 虎落笛 わらすべ
醫王       倭文(しづ)の苧環   つゆ     目代  
斎垣(いかき)   寒天 五十展転(ごじゅうてんでん) 十死一生   後の月 ひょうろく 目的  
いかさま     五趣 嫉妬   つゆけし     もくれんじ  
槎(いかだ)   神無月 五種法師(ごしゅほっし) 嫉妬   つよい   ヒヨドリ モズ ワラビ
いかもの 依怙 かんなぎ 胡椒 視点   強み   日和 勿怪の幸い わらふ
怒り 会釈 かんなび 虎嘯 師と士   つらつら   ひょんな もさ 笑笑
怒りの表現 会笏 神奈備 五乗 しっとり   倩々   開・聞・愛 もじもじ 割り勘
遺憾 かん日 ごしょうぎ 四天王   つらね   開く もたもた わりご
衣冠束帯 得たり賢し 丱女 五濁(ごじょく) しとぎ   つる   開・聞・物語 もち わりない
生きる 江戸前 観念 後生楽 自度僧   ツル   ヒラメ わりをくう
        巫鳥(しとど)   弦打ち     ひらたけ  
        しどろもどろ   鶴亀鶴亀   びり MOTTAINAI われ
    観音勢至 こじり 卓袱   つるべおろし   ひる もっともらしさ  
いくさ     呉汁 質問   つるべずし   ひわ もてなし
猪頸に着なし   かんばせ   しな,すがり,すがら   つれ   もとほし ゐる
    がんばる 五衰 しなしなし   ツワブキ   牝鶏晨す もどる  
幾世餅 エビ 緘黙   しぬ   つわもの   鬢だたら 最中  
いけ 惠方 がんもどき   しのぐ   つんでれ のっぺい 賓頭盧(びんづる) もぬけ  
  坎壈(かんらん)   四の五の   訇る 貧乏ゆすり もの  
いけず えむ 甘露 こずむ   衲(のう) 貧相 ものがたり  
いけづくり 襟を正す 緩和ケア   しのぶ   出会い     ものから  
      牛頭馬頭(ごずめず) 忍草   提案   もの狂い  
生き方が出る   五節の舞 しのぶもじずり   定家煮   綜(ふ) 物の怪
いきどおる   こそあど 芝居   ていたらく   もののふ  
                布衣    
      姑息 しび   者(てえ)れば   夫子 もみづ  
依怙地   古則話頭 じぶ煮   手加減 ののめく 風流 紅葉狩り  
いさぎよい   こそこそ 自分   手紙 のべつまくなし 深見草 モモ  
いさむ 閻浮(えんぶ)     自分   木偶 伸びしろ 吹き出し型会話 ももちどり(百千鳥)  
勇み   子育て幽霊 自分   テキトー   ふきのとう 股寄(ももよせ)  
いさよひ   自分の芯   てきぱき ノブレス・オブリージュ 不興 もやもや  
いざよい           覿面   不器用 文殊  
おあいそ       手古 のほほん 不軽大士 問題解決  
意地 老い   こたつ 自分の場・場の自分   てしか のぼり ふく 問題意識  
維新者 老いさらばえる 機・期・幾 五反百姓出ず入らず 自分に旗を立てる   手塩に掛ける   葺く    
いじける 追剥 きいたふう   自分を表現する   でたらめ   拭く 悶着
いじめる 老いらく きおい   自分を物語る意味   鉄火   フグ  
  追分         鉄火味噌   福神漬    
                伏櫪    
  応作     しぼ   轍魚   ふけ 八百長 をかし
            でっちあげる   ふける    
            鐵圍山   普賢薩埵    
何れ菖蒲 尩弱 祇園   新発意(しぼち)   てづつ   不合(ふごう) やおら をがたまの木
  楝(おうち) 祇園豆腐   しま   徹底的   不細工 やがて  
    企画           武士    
逢魔が時     紫磨黄金   鉄砲焼   藤衣 夜光の璧  
磯辺 大宅太郎 帰去来   揣摩臆測   てにをは   不肖 野干 をこ
居候 おおわらわ   しみじみ   てぬぐい   藤袴 薬缶 をこ絵
いたい 大輕率鳥(おほをそどり) 桔梗   しめじ   点前   不惜身命 焼きが回る をこづる
いたいけ お蔭様 キクラゲ こだま     手前味噌   ふすま 野球  
いだしあこめ お蔭様 喜見(きげん)の城(じょう)   注連縄   デモ   ふすま(衾・襖) 役割 をざす
痛し痒し おかぼれ 気心   しめる     ふすま(麩)  
いただきます おかんむり 気骨 五智     寺銭 のり(海苔) 布施 薬師如来 をっと
いたちごっこ   気さく 滑稽 しむ   寺納豆 やくたい をとこ
        しも   てる   ブタ    
いたみ   きさらぎ コーチ・クライアント関係   てるてる坊主 のる 札付 やぐら をとめ
  翁草(おきなぐさ)     除目の大間     二つ返事    
板焼   キジ   しもたや   天維坤軸 のるかそるか 補陀落 やさぐれる をなご
いたる おきゃん 気色   霜月   田楽 呪う 二人の佛 やさしい  
異端 小倉 雉も鳴かずば 骨柄 下ネタ   田楽 のろけ 普茶料理 やさしい  
いたわる   耆闍崛山(きじゃくっせん)   霜を履んで堅氷至る   天冠 のろし ふてくさる 野次  
一翳眼にあれば おくればせ きじやき 犍陟駒(こんでいこま) 視野   天眼 のろま 普通 八入  
いちかばちか       しゃあしゃあ   天狗   ぶっきらぼう 彌造  
イチゴ おこ 鬼女 こてんこてん 社会構成主義   天狗   ふづき 八つ当たり  
一業所感       じゃがいも   天狗のつぶて        
イチジク おこがましい 擬製豆腐 ことのほか 視野狭窄   天花   物色 やつがれ  
一乗       沙喝   殿上人     やつし  
一乗妙法 おこし   ごちそうさま 釈迦豆腐   天知る   ぶっちょうづら やっと をろち
一条戻り橋 おごそか 期待はコントロールできない   沙竭羅王(しゃがらおう)   点心   ふつつか やつる  
いちじるしい         纏頭   ふで 胡簶(やなぐい)  
一念五百生 おこたる     杓子定規   天網恢恢   フーテン 矢庭  
一味の雨(いちみのあめ) おこる きたない 邪見   てんてこまい   懐の深さ やばい をんな
一夜鮨 おごる 気づき こと 車軸を流す   てんぱる   ふね やはり  
いちょう おしえる きっちょむ話 ごとし 写真   でんぶ   腑に落ちる 夜半(やはん)  
一目散   きつね 孤独 弱冠   てんぷら   舟にしるしをつける 藪医者  
一貫性   狐と狸 言霊 沙棠の舟   伝法   腑抜け やぶさか 記号
一味同心 おじさん 狐の嫁入り   娑婆   伝法焼   流鏑馬 々・ゝ
一知半解       瀉瓶(しゃびょう)   轉法輪   踏み出す やぶれかぶれ  
いつくしむ     ことば しゃべる   天魔波旬   ブリ やぶる  
一殺多生 押立門(おしたてもん) 鞠躬如 言葉と振る舞いの乖離 舎利   天命   ふりづ(振出) 藪に眴(めくは)す  
一炊の夢 おしなむ 木で鼻をくくる   舎利佛(しゃりほつ)   てんやわんや   ふりはへて 野暮天  
一跡 おしんこ きなくさい   じゃんけん     不立文字 やま  
一張羅 おずおず きなこ ことぶき 十惡五逆       やま  
五つの須弥   後朝(きぬぎぬ)   秋刑     富楼那の弁 やまし  
一点張り お世辞   衆合叫喚       やましい  
一杯 おぞまし 気の毒   集合知   問いかけ   「ぶれない軸」幻想 山下風  
一筆 おそれ 機微 ことわり ジュウシマツ   問う   風呂 やませ  
鷸蚌之争 小田巻蒸 きびす   執着   とうがたつ   風呂敷を広げる やまと  
 いつわる おたんこなす 黍団子 こなから しゅうと     風呂吹き大根 山の神  
遺伝子       咒師   黈\(とうこう)耳を塞がず   矢目  
            登封(とうほう)        
一顰一笑 おたんちん 吉備団子 こなし 十二調子   胴乱   分岐点 闇雲  
井戸 落ち込む 機分 こなす 十念   当局者迷   刎頸の交わり やみ  
いとう   きまり こなみ 述懐奉公   当局者迷     やよい  
いとこ煮       殊勝   杜氏   文身    
いなおほせ鳥       出世   闘諍堅固   褌(ふんどし)    
いとなむ   きめつけ 五人比丘 酒呑童子   東司        
    決めつけ   趣味   どうせ        
いとほし 「落ち込む」のを選択した 奇妙奇天烈   須弥山   とうとう        
いとま おちゃっぴい きも こぬかあめ 修羅場   とおい   やり  
いなりずし お茶の子 肝煎る このむ 修羅場を生きる   掉尾     遣戸  
いどむ お茶を濁す 鬼門 このわた 順逆二縁   豆腐   閉口 やらずぶったくり  
いなご おちゃをひく 隔生則忘 辛夷 春秋の筆法   豆腐小僧   辟易 やれやれ  
いなせ   伽羅蕗 コーヒー 縄墨   唐変木   ぺけ やる気  
いぬ           桃李蹊        
いね       消化   忉利天(とうりてん)     野郎  
亥の子餅   窮陰   ショウガ   通り魔   凹む 夜郎自大  
いのち おっかない     上元   とき   凹む 已矣(やんぬるかな)  
命なりけり オッカムの剃刀 九原   重詰   とぎ   べそ ヤンマ  
いのり おっしゃる 急須 コピペ 壽量品   トキ   へそくり    
いはふ おっちょこちょい 窮すれば通ず   象外     臍で茶を沸かす  
言ひなす   求肥   上戸     へそまがり  
いふ おでん 九尾の狐   正行(しょうぎょう)   斎(とき)   へたばる 祐庵焼  
いぶし銀 おてんば キュウリ   定業(じょうごう)   ときめく   へったくれ 遊絲  
        性懲り   どきどき     有識  
いぶせし おと 歸與   沼山   時めく   べったら 揖譲の礼  
いま おどし きよい   笑止   へつらう ゆうだち  
          ぞう 得意        
今川焼 お年玉 共感とブレインストーミング     僧伽 読書   へなちょこ ゆうまぐれ  
            獨夫        
        正直   禿筆        
いま・ここ 落とし前   こびる 正直 惣持 とぐろを巻く   屁の河童 幽体離脱  
    澆季   精進料理 雑色 とけい     ゆかし  
イマジネーション おとずれる きょうこう 五平餅 浄蔵浄眼 雑炊 とことん   へび ゆきたけ  
今出川豆腐 大人   ごぼう   そうぞうしい ところてん   蛇女房 ゆくりなく  
  おとなしい 狂骨   小説 桑田碧海 ところで     ゆず  
いみじ 乙矢 脇士(きょうじ) 独楽 摂像(しょうぞう)   どさまわり   へぼ    
意味づけ オトリ 矜持 性根 そうなし とし(年)   へらずぐち    
いむ       正念に往生す 雑煮 とし     ゆする  
童女(いむこ)   行水   正念場 そうめん 刀自     ゆたか  
いも       正念場 贓物(ぞうもつ) 年神     ゆたのたゆたに  
いら オニ 共同・共働・協同・協働 ごまめの歯ぎしり 正法・像法・末法 背向 どじょう   べらぼう 油断  
    曲がない   情報 惻隠 土性骨        
以来 玉芝(ぎょくし)   情報 粟散辺地 屠蘇     湯葉  
  鬼の霍乱 曲水の宴   浄名居士 齟齬 斗藪        
入舞 おのづから 虚舟 こまねく 淨飯王   兜率天     ゆばり  
いらう(答・應) おのれ きら ごまをする 声聞(しょうもん)   とっくり     ゆふ  
いらか おはぐろ 嫌い   醤油   とっとと   偏屈 ゆび  
  尾花     常楽我浄 そこそこ どつぼ   弁慶読み    
いらだかの数珠 おふくろ     定力(じょうりき)   とどのつまり     ゆふつけどり  
綺ふ おべっか きらう   庶幾   とどろく   弁才天 弓矢  
色ふ おべんちゃら         とにかく   徧参(へんさん)    
    きりぎりす   食指が動く   宿直(とのゐ)   へんてこりん ゆめ  
入相の鐘 おほいらつめ         鳥羽絵     ゆめゆめ  
いる   きりたんぽ   嘱託 粗忽 とばく      
イルカ おほけなし       粗忽 とぶ   弁当  
入れ紐 おぼつかない   古文真宝   そこばく どぶろく   夢は五臓の煩い  
いろ おほらか 義理 五本指 しょっちゅう 齟齬をなくす とぼける   ほうき    
おぼろ きりきりまい こまっしゃくれる しょってる そしる とぼそ   放下 ゆゆし  
同母(いろ)     ご免 序の口 麁相(そそう) 土俵   彭侯 ゆゆしい  
                方丈    
色々し       しょぼい   とみに   放生会    
色眼鏡 おみな・おきな きりょう       頓に   望蜀    
おみなえし 器量   初夜 そそぐ とむらう   奉書焼    
異和 おめおめ         坊主 ゆらぐ  
異和 おも           昴星(ぼうせい)    
        白拍子   共振れ   庖丁 ユリ  
違和感       白波   艫舳   方等(ほうどう)    
  思い 気力 コミュニケーション 白を切る そそっかしい ともゑ   望夫石    
            土用   ほうほうのてい    
        しり   とよむ   ホウホケキョ ゆるがせ  
        尻目 そそけだつ 響(どよ)む   放免 ゆるがせ  
イワシ       尻馬に乗る     蓬莱 ゆるむ  
                法華経五の巻    
          そぞろ 虎が雨   ほくそえむ    
鰯の頭         そそる 虎嵎を負う   ほかゐ  
いわく 思い込み   こむら返り     虎を養いて自ら患いを招く   ほこり 妖怪  
いわくら 思い込み   こめ 尻切れ蜻蛉       ほざく 羊羹  
            虎の尾   晡時 佯狂して奴となる  
  面白い   こも   そっけない 虎石   ほしい 影向の松  
いわれ   きる こよみ   ぞっこん     補助線 楊枝  
  面(おも)なし       卒爾 とらえる   ほだし 窈窕  
    着る こよみ   そで どら焼   ほたる ようやく  
寝(い)を寝(ぬ) 思いを伝える 岐路 五里霧中   とり   ほつえ 瓔珞  
因果     御霊会   トリ   木強  
隠元豆 おもう   衣手   卒都婆の杖 取り   発心 横板  
  おもくろい   凝る 支離滅裂 その場 取りあえず   払子(ほっす) 横井小楠T  
  御許   樵(こ)る 知る その人になる場をつくる Dream   ぼったくる 横井小楠U  
因業 おもねる     しる そば 努力   ぽつねん 横紙  
    金柑頭 こわい 汁粉 そばがき とろ   最手(ほて) よこしま  
  おもはゆい   根機 しろ 蕎麦切 トロ   布袋 横槍  
インチキ 思ひ寝 金魚   そばだつ とろろ汁   ホトケノザ よし  
  趣き きんぎょくとう 金剛蔵王 白酒 そばづえ とんがる   ホトトギス よし・あし  
  おもわく 巾着汁 金剛の杵 しわす そびえる 屯食   ほとほと よそ  
    金山寺味噌     そふらふ とんずら   ほどほど 与太  
      こんこんちき しわぶ   とんだ   ほとり 夜っぴて  
      しをに   とんだところへ   ほのか 夜泣石  
  おやじ   ごんすけ しんき ぞめき とんだ孫右衛門   ほのぼの よね  
  及び腰   涸鱗 辛気臭い そもそも トンチキ     よひ  
        糝粉         よぶこどり(喚子鳥)  
  おらんだ煮   健児(こんでい) 深更 そもそも とんでもない   ほほえむ よほど  
      犍陟駒(こんでいこま) 人事 征矢       よぼろ  
  折紙 きんつば こんな晩 人日 そよぐ どんでん返し   ほむら よまいごと  
引導   きんとん こんにちは 斟酌 頓着   ぼら 黄泉  
  おりはへて     深沙(しんじや)大王 空目       よむ  
陰徳 折節   こんにゃく 心中 空薫(そらだき) とんちんかん   ほらをふく 読む  
      魂魄 心中   とんでもはっぷん   ほれる 読む  
    ぎんなん コンブ 糝薯 空がらくる とんと   保呂乱す 四方山話  
  おやま   こんぺいとう 甚助 そらごと どんな人生にも意味がある   ぼんくら よもぎ  
  女形 きんぴらごぼう 金輪際 新造 どんぶり   凡下 よもすがら  
        塵點劫       ポンコツ よりまし  
  おれ     真如 そわそわ どんぶり勘定   ポンチ絵  
      崑崙山 甚平       梵天 鎧通し  
        親友         よわ  
  御の字 奇を衒う   森羅万象 忖度 トンボ   本分 よわい  
  おんばさら     神龍忽釣者の網にかかる 忖度 蜻蛉返り   翻訳可能性 弱い  
            とんま   ぼんやり 弱虫  

  • 当サイトで紹介する,研修プログラム一覧ここにあります。
    • 研修の進め方は一貫して,自己点検を中心とします。その進め方は,ここをご覧下さい。

研修プログラム一覧

リーダーシップとは何か

管理者の役割行動

管理者の管理行動例

コミュニケーションスキル@
コミュニケーションスキルA

発想トレーニング・目次

問題解決関連参考文献

ケーススタディ関連参考文献

企画・発想・創造性関連参考文献


ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

ご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,sugi.toshihiko@gmail.com宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2024-2025 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved