ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

発想技法の活用
WELCOME

P&Pネットワーク 高沢公信のサイトです
Human Resources Development;Planning & Instruction

horizontal rule

先入観は自分が作っている,技法はそれを破るツールにすぎない

horizontal rule

発想技法は,そのニーズに応じて,“手直し型”,“組み替え型”,“理想設定型”に整理できる。

bullet

“手直し型”(現実分析型アプローチ)

 いまあるものを改善・改良/応用・転用するための発想スキル。いわゆる,“問題解決型アプローチ”。いまあるものの欠点,問題点等を,個別に改善したり,全体を組み合わせ直したりする。この場合,既存のものの改良だけでなく,使用範囲を広げる(生物顕微鏡から工具顕微鏡へ),別の市場への応用(赤ん坊用紙おむつから老人用へ)等使い方や使用対象を代えることも含む。

欠点列挙法」「希望点列挙法」「特性(属性)列挙法」「チェックリスト」「特性要因図

horizontal rule

bullet

組み替え型(機能分析型アプローチ)

 いまあるものを分解・組み替えて新しいものに創り直すための発想スキル。いわば,“商品(事業)開発型アプローチ”。いくつかのパターンがあるが,いまあるものやシステムを,そのカタチ・色,機能・働き・役割,属性,構造や仕組みの要素といった最小区分(単位)に分解し,それを,@その機能の代替方法を検討したり,A機能や要素の新しい組み合わせから別なものに転換したり,B機能や要素を組み替えたりしながら,全体の構成を組み直していく。

 ●いまあるものを分解,組み合わせる−「関連樹木法」「形態(要素)分析法」「マトリックス法」

 ●枚挙,集約して組み合わせる−「KJ法」「クロス法」「特性列挙法」「スクランブル法」「親和図法

 ●いまあるものの機能を分解し,働きそのものを見直す−「if法」「形態(要素)分析法

 ●イメージや類比(推)を媒介にして発想する−「NM法」「アナロジー発想法」「if法」「シネクティクス法

 ●連想によって強制的に結びつける−「焦点法」「カタログ法」「一対連関法」「入出法

 ●いまあるもの(こと)の条件を変えてみる−「条件転換法」「逆設定法

horizontal rule

bullet

理想設定型(デザイン設計型アプローチ)

 まだない(ほしいもの)をものをカタチあるものにするための発想スキル。いわば,企画型アプローチといっていい。現実にはまだない理想や夢想,願望といった「したいこと」「できるといいこと」「なれるといいこと」を具体的に,「理想形」としてカタチにし,その実現方法を検討しようとするもの。そのために,理想形に必要な機能・働きを列挙し,具体的に,現実化の可否を検討していく。それが,

 ・モノの場合は,必要な機能(働き)に分解して,それぞれ可能不可能を細かく見ていく
 ・システムの場合は,必要な手段(働き)に分解して,それぞれ可能不可能を細かく見ていく
 
・コトの場合は,構成要素(要因)に分解して,それぞれ可能不可能を細かく見ていく

 ●現状から飛躍した状況を仮想しながらあれこれ発想する「仮想状況設定法

 ●ほしいもの(必要なもの)になりきって発想する「シネクティクス法」「擬物化法」

 ●理想像(システム)を設定し,そこから実現可能案を発想する「ワークデザイン法」「DAX」「目的・手段分析法

 ●ほしいものの必要機能(働き)の組み合わせから発想する「if法」「形態(要素)分析法」「目的・手段分析法

horizontal rule

目次

基本スキル

ブレインストーミングストーミング
チェックリスト
カードライティング

手直し型スキル

欠点列挙法
特性要因図
特性(属性)列挙法

組み替え型 スキル

if法
特性列挙法
スクランブル法
特性列挙法
親和図法
条件転換法
形態(要素)分析法
NM法
逆設定法
アナロジー発想法
KJ法
焦点法
入出法
シネクティクス法
 

理想設定型スキル

 

if法
形態(要素)分析法
シネクティクス法
仮想状況設定法
ワークデザイン法
目的・手段分析法

horizontal rule

bullet当サイトで紹介する,研修プログラム一覧ここにあります。
bullet研修の進め方は一貫して,自己点検を中心とします。その進め方は,ここをご覧下さい。
bullet研修プランのカスタマイズについては,ここをご覧ください。

horizontal rule

bullet

発想トレーニングについては,ここをご覧下さい。

bullet発想についての考え方に関心のある方は,ここをご覧下さい。
bullet発想の基本スキル,ブレインストーミング等々については,ここをご覧下さい。
bullet創造性とは何かについては,ここをご覧下さい。
bullet

アイデアづくりの構造については,ここをご覧下さい。

bullet

バラバラ化については,ここをご覧ください。

bullet発想力とは何かについては,ここをご覧下さい。
bulletまた,発想を妨げる要因については,ここをご覧下さい。
bullet発想技法の背景となる,アイデアづくりの基本スキルについては,ここをご覧下さい。
bullet発想の4つのスキルについては,ここをご覧下さい。
bulletアナロジーの見つけ方については,ここをご覧下さい。
bullet企画の立て方・作り方」については,ここをご覧下さい。
bullet企画・発想・創造性に関する参考文献一覧については,ここをご覧下さい。
bullet創造的発想の具体的応用に関心のおありの方は,ここ[Idea Board]をクリックして,アイデアづくりにチャレンジして下さい。
bullet創造性開発研修発想力開発研修については,ここをご覧下さい。

up

horizontal rule

研修プログラム一覧
発想トレーニング
発想技法1
発想技法2
発想技法3
企画・発想・創造性関連参考文献
続・企画・発想・創造性関連参考文献
続々・企画・発想・創造性関連参考文献

horizontal rule

戻る 進む

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved