ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

horizontal rule

創造的発想とは

horizontal rule

bullet 正方形がいつくあるか?

    あなたの発想力を試して下さい。

    

    

 

              
          

     

 

         
              

    

 

    
              

 

    

    

 

bullet間違っても,16ではありませんが,発想法の本で紹介されている,30でもありません。30という答で満足するなら,それは発想ではなく,知識の応用です(図はE.ハーディ)。
bullet関連して,発想力を試してみたい方は,「何がみえるか」について,ここここでご自分の発想力をお試し下さい。

horizontal rule

bullet創造的な発想,つまり人の思いつかないような切り口,着眼点からのアイデア,問題解決は,その人の素質もあるが,モノの考えのクセづくりにある。それには,コツがある。そのヒントの一つが,4つの切り口からの発想である。これによって,タテヨコナナメ十文字に(いわゆる多角的に)ものをみるクセづくりの端緒とすることができる。
bullet少なくとも,答えがあるのなら,それは発想ではない。答えが決まっているのも,発想ではない。
bullet 知識をあてはめて解決がつくのなら,知っていることが手柄になる。しかし,知識で役に立たないから,発想が必要になる。知っていることは手柄にはならない。
bulletしたがって,当然答えは一つではない。

ページトップ

horizontal rule

bullet

さて,ここからアイデアにまとめあげていくには,ここをご覧下さい。
bullet

この他にチェックリストブレインストーミングがある。このスキルとの関連では,ここ[問題への感度を高める]も参照して下さい。

bullet創造的発想の具体的応用に関心のある方は,ここ[Idea Board]をクリックして下さい。
bulletアイデア在庫は,ここにあります。

horizontal rule

bullet創造性とは何かについては,ここをご覧下さい。
bullet

アイデアづくりの構造については,ここをご覧下さい。
bullet

バラバラ化については,ここをご覧ください。

bullet

創造的発想の具体的応用に関心のおありの方は,ここ[Idea Board]をクリックして,アイデアづくりにチャレンジして下さい。アイデア在庫は,ここにあります。

bullet発想力とは何かについては,ここをご覧下さい。
bulletまた,発想を妨げる要因については,ここをご覧下さい。
bulletアイデアづくりの基本スキルについては,ここをご覧下さい。
bulletアイデアの生存率については,ここをご覧下さい。
bullet発想技法の活用については,ここをご覧下さい。
bullet

発想力チェックについては,ここをご覧下さい。ご自身でお試し下さい。

bullet

発想トレーニングについては,ここをご覧下さい。

bullet企画・発想・創造性に関する参考文献一覧については,ここをご覧下さい。

horizontal rule

創造性開発研修頁

創造性とは何か
アイデアづくりの構造
発想トレーニング
創造性開発研修プログラム・目次
企画・発想・創造性関連参考文献

horizontal rule

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved