ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

horizontal rule

アイデアの生存率

horizontal rule

bullet

現実場面で,着想したアイデアは,製品や事業に生かされなくては意味がない。その生存率はどのくらいあるか。以下にいくつかのデータを参考までにお示しする。参考資料は,ここもご覧下さい。
bullet

また,発想を妨げる要因については,ここをご覧下さい。

bullet

さらに,開発プロジェクトの 成功率については,ここをご覧ください。

参考資料;コトラー&アームストロング『マーケティング原理』,河野豊弘『新製品開発戦略』

horizontal rule

bullet

アイデアはどこから創り出されるか〜商品アイデアの情報源
bullet

アイデアの情報源となるもの
bullet

内部情報(技術部門,開発部門,製造部門,過去の失敗・棚上げ企画,社内のスタッフ等からの情報・提案・アイデアが,新商品アイデアの55%以上を占める)

bullet

顧客(新商品アイデアの約28%)

bullet

競合企業の製品(新商品アイデアの約27%)

bullet

流通業者,(部品・原料・資材等の生産財)企業

bullet

その他(業界紙,展示会,政府機関,コンサルタント,広告代理店,民間研究所,マーケティング・リサーチ会社,発明家等)

bullet

競争相手から学ぶための手法

【 米国大手企業が競争相手のイノベーションについて学ぶ手法】

 

全標本平均

プロセスイノベーション プロダクト・イノベーション
独自の研究開発 4.76 5.00
リバース・エンジニアリング 4.07 4.83
ライセシング 4.58 4.62
イノベーションを起こしている企業から従業員を雇う 4.02 4.08
出版物や公開の技術的ミーティング 4.07 4.07
特許公開 3.88 4.01
イノベーションを起こしている企業の従業員によるコンサルティング 3.64 3.64

※データの範囲。1=まったく役に立たない,7=大変効果的である

ティッド,ベサント,パビッド『イノベーションの経営学』(NTT出版)より

bullet

企業規模別のイノベーションの源泉

【 企業規模別に見たイノベーションの頻度と源泉米国大手企業が競争相手のイノベーションについて学ぶ手法】(フランス1993/94)

企業規模(人)

イノベーティブな企業t(%)

イノベーションの源泉(%)

自社のフルタイムの研究開発

自社の時々行われる研究開発

社外の研究開発

ライセンス

機械のサプライヤー

原材料のサプライヤー

20-49

55

16 25 10 5 26 18

50-99

66

19 25 10 5 23 16

100-199

70

21 25 11 5 22 16

200-499

80 24 24 12 6 20 15

500-1999

86 26 23 13 6 19 14

2000〜

96 25 21 14 6 18 14

ティッド,ベサント,パビッド『イノベーションの経営学』(NTT出版)より

 

horizontal rule

bullet

アイデアはどれだけ実現されるか〜アイデアの生存率
bullet

出されたアイデアのうち,取り上げられて研究開発にまですすんだもの 33.1

bullet

開発段階に進んだもののうち,開発が終わって商品化段階に進んだもの 47.1

bullet

商品化段階に進んだうち,商品化が終わって生産・販売に移ったもの 55.9

bullet

生産・発売に移ったもののうち,販売に成功したもの 65.0

【アイデアの生存率は,0.331×0.471×0.5590.087%】→約9%

【アイデアの成功率は,0.331×0.471×0.559×0.650.056%】→約6%

(注)成功とは,売上利益率が平均かまたはそれ以上であること

河野豊弘『新製品開発戦略』(ダイヤモンド社)より

horizontal rule

bullet

ヒット商品を生み出すのにアイデア数はどれだけ必要か
bullet

1つのヒット商品を生み出すのに必要なアイデア数
bullet

 日本の消費財メーカー平均17.6,食品22.7,自動車・家電・精密機器10.0

【開発段階別のアイデアの絞り込み】

 

アイデア・企画

設計 

試作品作り

市場でのテスト 

市場導入

食品

22.7

7.5

5.1

2.7

1

日曜雑貨・医薬品・化粧品

14.8

5.8

3.3

1.5

1

自動車・家電・精密機器

10.0

3.0

1.9

1.2

1

日経産業消費研究所の「消費財メーカーの90.1〜91.6発売の新製品について」より

horizontal rule

bullet

アイデアのスクリーニング〜商品化の実現可能性チェック
bullet

商品アイデアの現実性チェック−(自社製品としての)商品化要件の審査
bullet

企業(組織)のドメイン(活動領域)との適合性
bullet

企業目的/方針と適合しているか

bullet

企業(組織)イメージとマッチしているか

bullet

企業の活動分野,販売チャンネルとの矛盾はないか

bullet

既存の商品,制度,システム,活動,風土との相乗効果はあるか

bullet

フィージビリティ(実現可能性)の検討

bullet

市場性(本当にその池には魚がいるか,既に競合はないか,あるとして勝てるのか)

bullet

技術性(開発技術,量産技術の見通しは立つのか)

bullet

組織性(人材はあるのか,社内で通るのか,だれが決裁の責任者か)

bullet

財務性(それは投資に見合うのか,採算が合うまでの期間は?)

bullet

環境性(これがもとらす環境への影響は?企業にとってのマイナスはないか)

bullet

商品アイデアの魅力度チェック−(市場性としての))商品化基準の吟味
bullet

アイデアは,具体的な商品開発へと進めるかどうか,妥当性,有意義度等がチェックされる。チェック項目は,以後具体化されながら,繰り返される。

bullet

スクリーニング項目
bullet

目的(狙い)から外れていないか

bullet

当初の問題意識(あるいはオーダー)にどれだけプラスαがあるか

bullet

内容に,どんな新しさ(斬新さ)があるか
bullet

全くの新しさか/今までと比べて新しいか/当社で初めてか/既存の手直しか/コンセプトの新鮮さ

bullet

それはどういうニーズに対応しているか
bullet

なくて困っている/あると便利だ/いままで不可能であった/あったが使いにくかった

bullet

(ニーズがあっても)それを本当に必要とするか
bullet

いまあるものよりも本当にすぐれているのか/それと同じ機能(働き,手段)を,他のもので代替(カバー)できないか/それを使わない(知らない)と本当にまずいこと(デメリット)があるか

bullet

ターゲットとなる市場は明確か
bullet

どれだけの市場規模か/その将来性はどれくらいあるか/既存のチャンネルが使えるか/その市場に参入可能か/競合するものはないか/そこでの勝算はあるか/どれくらいの売上げを見込めるか

bullet

その開発を実施することが企業戦略上意味があるか
bullet

テーマのイメージ/企業のイメージ/商品のイメージとの適応性

bullet

技術/開発の期間・コスト
bullet

自社技術とのつながりはあるか/開発の技術的な難易度はどれくらいか/その難点はクリア可能か/どれだけの期間とコトスが見込まれるか/特許・実用新案のチェック

bullet

それによる波及効果はあるか
bullet

それがあることのメリットは/社内的(組織,モラール,売上げ,技術的)好影響はあるか

bullet

アイデア評価のモデル
bullet

モデル1は,自社の経営戦略からの評価
bullet

製品の魅力度と自社の競争力をマトリックスにして評価
bullet

製品の魅力度は,マーケットサイズの成長率,参入への投資の大きさ,技術変化の早さ

bullet

自社の競争力は,参入障壁の高さ,競争状態の程度,自社のスキル,技術移転の可能性

bullet

モデル2は,技術的テーマの評価
bullet

テーマの魅力と自社の競争力をマトリックスにして評価
bullet

テーマの魅力度は,市場性,世界での先行性,学術性,特許での防衛の可否

bullet

自社の競争力は,自社の技術力,既存特許の障壁,投資済み金額との対比で追加投資の多寡

bullet

モデル3は,開発コストからの評価
bullet

開発期間と総開発量の大きさをマトリックスにして評価

それぞれ尺度のウエイトが異なるが,共通しているのは,@売上規模と成長率の高いものを高く評価すること,A自社の競争力のあるものを高く評価すること,2点である。

horizontal rule

bullet創造性とは何かについては,ここをご覧下さい。
bullet

アイデアづくりの構造については,ここをご覧下さい。

bullet

バラバラ化については,ここをご覧ください。

bullet創造的発想とは何かについては,ここをご覧下さい。 ご自身の発想力をお試し下さい。
bullet発想力チェックについては,ここをご覧下さい。ご自身でお試し下さい。
bullet発想力とは何かについては,ここをご覧下さい。
bulletまた,発想を妨げる要因については,ここをご覧下さい。
bullet 創造的発想の具体的応用に関心のおありの方は,ここ[Idea Board]をクリックして,アイデアづくりにチャレンジして下さい。アイデア在庫は,ここにあります。
bulletアイデアづくりの基本スキルについては,ここをご覧下さい。
bulletアイデアにしていく基本原理については,ここをご覧下さい。
bullet発想技法の活用については,ここをご覧下さい。
bullet

発想トレーニングについては,ここをご覧下さい。

bullet企画・発想・創造性に関する参考文献一覧については,ここをご覧下さい。

ページトップ

horizontal rule

Idea Board

Idea Memo Stock1(MONO編)

Idea Memo Stock2(SOFT編)
Idea Memo Stock3(SYSTEM編)
Idea Memo Stock4(SERVICE編)
Idea Memo Stock5(MATTER編)
Idea Memo Stock6(CONTENTS編)

horizontal rule

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved