ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

horizontal rule

発想の基本スキル

horizontal rule

ブレインストーミングストーミング
チェックリストリスト
カードライティング

【参考文献】星野匡『発想法入門』高橋誠『問題解決手法の知識』その他。
発想・創造性に関する参考文献一覧については,ここをご覧下さい。

ブレインストーミング

 《狙い》

 オズボーンが広告会社の副社長のとき開発。互いの“ものの見方”の異質さを活かす仕掛けである。逆に言えば,自分の欠点,不足を,他人の長所や利点を借りて補うということでもある。

 このバリエーションには,カードを用いてブレインストーミングを行う,CBS(カードブレインストーミング),同じテーマを,個人毎に決められた時間内に,3つとか4つずつ書き出していくブレインライティング,テーマに対する先入観を外すために,本当のテーマ(缶の開け方)を教えずに(例えば,単に「開ける」という課題で)ブレインストーミングをすすめていくゴードン法等がある。

 

《すすめ方の原則》

1,メンバーの発言への批判禁止

 「批判」は,往々にして,既存の価値や知見での評価である。アーサー・C・クラークも言っている。「権威ある科学者が何かが可能と言うとき,それはほとんど正しい。しかし,何かが不可能と言うとき,それは多分間違っている」と。アイデアへの批判はカッコに入れること。批判しないことで,「制約」「妨げ」が排除される(タブーの除去)。むしろ,ダメと言う代わりに,ダメでないアイデアをぶつけること。

2,自由奔放な発言

 突拍子もないもの,奇抜なもの,風変わりなもの,乱暴なものほどよい。自由奔放な雰囲気が各自の「自制」の構えが消える(自由な雰囲気を保証)。

3,質より量

 新しい何かを創り出そうとしているのに,何が質が高くて,何が質が低いかがわかっているはずはない。もし質の評価があるとすれば,既存の価値観であり,それはある意味では先入観にすぎない。いま必要なのは,どんな制約にも,どんな知識にも“とらわれず”に,自由に,何でも,発想すること。量は,多ければ多いほどいい。発言回数も多いほどよい(発言機会の保証)。

4,他人の発言への相乗りOK

 もっとも大事なのは,自分一人のものの見方の中で考えようとすること。その限定された視界を崩すためには,異質な角度からの他人の発想に刺激され,「そういう見方があるのか」「それを,こういうふうにすれば,もっとよくなるのではないか」と,“相手の発想を借りながら,あるいはそれ(の一部)と組み合わせながら,よりいいアイデアにつなげようとする”こと(チームとしての生産)。

5,自己激励と相互激励の雰囲気で

 メンバーは違いに影響しあい刺激しあう。ひとりが何かひらめいたとき,まわりはいいアイデアが出るよう,アドバイスや励まして,盛り上げていく。

《アイデアは,心の中にあるだけではだめ,表現されてはじめて,誤りも正せるし,新しい意味や可能性がつけ加えられる》

ページトップ

horizontal rule

発想技法

欠点列挙法特性(属性)列挙法チェックリスト特性要因図形態(要素)分析法特性列挙法スクランブル法親和図法KJ法if法形態(要素)分析法NM法逆設定法アナロジー発想法シネクティクス法焦点法入出法条件転換法仮想状況設定法ワークデザイン法目的・手段分析法

horizontal rule

発想技法の活用

発想トレーニング
チェックリスト
カードライティング
企画・発想・創造性関連参考文献
続・企画・発想・創造性関連参考文献
続々・企画・発想・創造性関連参考文献

horizontal rule

戻る 進む

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved