ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

horizontal rule

研修の基本的な進め方

horizontal rule

●基本的方針

基本的方針は,次のふたつです。

@研修は,基本的に自己確認と自己点検の場である

A答えは,自身の中にある

研修の進め方

 研修の進め方は,

 を基本的枠組みとし,講師と個人個人とのキャッチボール(はっきり言えば質問と答え)を通して,全体として確認しながら,進めていきます。

 ツールとしては,

 @ワークシートによる個人作業

 Aグループでの相互での擦り合せ

 を用い,問いかけと答えを通して,一方的ではなく,自分自身の問題と向き合いながら,自分の答えを考えていただくように進めていきます。

●進め方の根拠

 一般論としてのマネジメント理論や仕事の仕方を学んでも,自分が何をすべきかを考えなければ,マネジメントも役割遂行も実行できません。中堅にしろ,管理者にしろ,ひとりひとりがおかれている状況も,それに向き合うひとりひとりの考え方も違います。まず必要なのは,自分は何をするためにそこにいるかを,考えることです。そこではじめて,自分が何をすべきかを,自分の問題として考えるスタートに立てます。それなしの理論はただのお勉強にすぎません。

●時間配分

 ひとりひとりの点検は,その場のひとりひとりの力量に左右されますが,

 @自己点検 2030

 A相互点検 30

 B全体点検 30

 C講師とのキャッチボールと整理・まとめ 3040

 が,扱うものによって差はありますが,全体の時間配分の目安です。相互点検結果は,その発表を聞きながら,それについて,メンバーとキャッチボールしながら,講師がコメントし,それを管理職全体の問題として,整理しまとめます。

 

なお,研修プロセスでの内容変更,進め方の変更は,受講生の反応を見ながら,随時行う可能性があります。

horizontal rule

bullet当サイトで紹介する,研修プログラム一覧ここにあります
bullet中堅社員研修・管理職研修プログラム例は,ここ参照下さい。
bullet管理 者研修プログラム例をご覧ください。
bullet考課者訓練プログラムについては,ここご覧下さい。
bullet中堅社員研修プログラム例をご覧ください。
bullet中堅社員研修の中でも,補佐機能に力点をおいた研修は,ここをご覧下さい。
bulletケーススタディ研修プログラム例は,ここをご覧下さい。
bullet 研修のパッケージ,プログラム+テキスト+シート+進め方マニュアルのセットも承っています。詳細はご相談下さい。

horizontal rule

研修プログラム一覧
中堅社員研修・管理職研修プログラム例 考課者訓練ページ
監督者研修プログラム1例 監督者研修プログラム2例
管理職研修プログラム1例 中堅社員研修プログラム1例
管理職研修プログラム2例 中堅社員研修プログラム2例
管理職研修プログラム3例 中堅社員研修プログラム3例
管理職研修プログラム4例 中堅社員研修プログラム4例
管理職研修プログラム5例 OJT研修プログラム1
監督者研修プログラム1例 監督者研修プログラム2例
問題解決関連参考文献
ケーススタディ関連参考文献
企画・発想・創造性関連参考文献

horizontal rule

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved