ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論


コトバ辞典


おらんだ煮


「おらんだ煮」

は、

食材を油で揚げたもしくは炒めた後、醤油、みりん、日本酒、出汁などを合わせて作る煮汁にトウガラシを加えて煮た料理、

とありhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E7%85%AE

油で揚げた後に煮ることで食材の外側と内側で異なる食感が発生する点、

が特徴で、食材には、

ナスやこんにゃくを用いることが多いが、鶏肉やジャガイモ、高野豆腐、魚を使用したオランダ煮も存在する、

とある(仝上)。「オランダ煮」は、

長崎県から日本全国へと広まった西洋の調理法とされ、江戸時代に出島からオランダとの貿易を通して伝わったことから「西洋風の」という意味合いでオランダ煮の名前がついたとされている、

とある(仝上)。油で揚げる、のが特色である。

そういえば、卓袱料理(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba15.htm#%E5%8D%93%E8%A2%B1)も、その精進パターンの「普茶料理」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba17.htm#%E6%99%AE%E8%8C%B6%E6%96%99%E7%90%86)も、「全て油をもって佳味とす」(料理山家集(1802))というものであった。その両者から発した「けんちん」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba18.htm#%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%93)も、また油を使うところが特徴であった。

しかし、「オランダ煮」は、

タイを丸のまま揚げてから酒だけで長く煮ると、骨まで食べられるようになる。あとで醤油で味つけする、

と、料理をさす、とある(たべもの語源辞典)。端緒が何であったかはっきりしないが、


食材を油で揚げたり炒めた後に、醤油、みりん、出汁などの調味料で煮て味付けた料理、

であるようだhttps://macaro-ni.jp/40347

唐辛子を加えて煮ることも多く、甘辛い味付けが特徴です。油で揚げた後に煮る場合は、食材の外側と内側の異なった食感や、噛みしめたときにあふれる出汁もたのしめます、

とある(仝上)。

おらんだ飛竜頭(ひりゅうず)、
おらんだ味噌、
おらんだ餅、

と「おらんだ」の名のつくものの共通項は、

胡麻油とか、かやの油などを用いて揚げる、炒めること、

にあるらしい(たべもの語源辞典)が、

おらんだ卵、

は、浅葱を使っていることから、

おらんだ漬、

は、

辛子を使っているのでこの名がついた、とある(仝上)。洋風のめずらしい調理法をもちいたものに、

おらんだ、

と名をつけたようだが、それは鎖国になってからの話で、その前には、「南蛮煮」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba18.htm#%E5%8D%97%E8%9B%AE%E7%85%AE)で触れたように、南方から渡来したものに、「南蛮」(スペイン・ポルトガルを指す)と付けられ、唐辛子も、

南蛮からし、
南蛮胡椒、

といい(仝上)、

南蛮菓子(カステラ、ボウル等々)、
南蛮黍(とうもろこしの異名)、

等々もある(大言海)。「南蛮煮」は、

葱、大根、魚、鳥の肉など、すべて油にて煮たるもの、

とあり(大言海)、

鯔(ぼら)その他のなま魚のこけらをとって、下洗いし、丸焼きにして、油で揚げ、ネギの五分切りを入れて、煮出し汁と醤油とで煮たもの、

また、

すべて煮汁に唐辛子を加えて用いるもの、

とし(たべもの語源辞典)、

前者の南蛮煮は、日本ネギを加えているので南蛮煮とよばれる、

ともある(仝上)。これは、

唐辛子、
と、
ネギ、

が鍵である。また「アチャラ漬」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba18.htm#%E3%82%A2%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%A9%E6%BC%AC)で触れたように、「あちゃら漬」は、

蓮根・大根・筍・蕪などを細かく刻んで、唐辛子を加えた酢・酒・醤油・砂糖などに漬けた食品、

で(広辞苑)、近世初頭に、南蛮貿易を通して日本に入ったといわれる。「あちゃら漬」の「あちゃら」に似た音で「漬物」を表している言葉が、インドの「アチャール」、フィリピン・インドネシアの「アチャラ」、ネパールの「チャーレ」、アフガニスタンの「オチョール」など各地に見え、これらは同源と考えられる、

とある(語源由来辞典)ので、少なくとも、ポルトガル人の進出に合わせて伝搬したようだ。ただ、南蛮由来とされる料理、

オランダ煮、
南蛮漬け、

も唐辛子を使うことが特徴なのでhttps://oisiiryouri.com/acharazuke-gogen-imi-yurai/、「アチャラ漬」もそうした伝来のひとつとみられる。

こうみると、「オランダ煮」も、広く、

南蛮料理の一種、

と、みなされるが、鎖国後の、唯一の西洋である「オランダ」が、排除されたポルトガル・スペインの「南蛮」に代わったものとみていい。違いがあるとすると、必ずしも、

唐辛子、

ネギ、
に、

拘泥していないところのように見える。

参考文献;
清水桂一『たべもの語源辞典』(東京堂出版)

上へ


カニ


「カニ」は、

蟹(蠏)、

と当てる。「蟹(蠏)」(漢音カイ、呉音ゲ)は、

会意兼形声。「虫+音符解(別々に分解する)」。からだの各部分がばらばらに分解する「カニ」、

である(漢字源)。本草和名に、

蟹、加爾、

と載る。

「カニ」の「ニ」は、ウニ(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba18.htm#%E3%82%A6%E3%83%8B)で触れた、赤い色を表す「丹」の「ニ」である。で、

カニのカは殻のこと、「ニ」は「あか」である。殻が赤いからカニというとか、煮ると殻が赤くなるからだとか、背中が赤いからカニという、

とする説がある(たべもの語源辞典・日本釈名・東雅・柴門和語類集)。

カは背中(背中)カ。ニはニ(丹)の義(和句解)、
カニ(甲丹)の義(言元梯・日本語源広辞典)、
皮丹の義(名言通・和訓栞)、

等々も類似の説である。他には、

甲が堅く、よく逃げることからカタニゲ(堅逃)の略(本朝辞源=宇田甘冥)、
かたかたへ、のきさる意からカタノキの反(名語記)、
能力を兼ね備える意味の「かぬ」の変化(語源由来辞典)、
カニは海よりも川蟹の例が古くから見られることから「カハニハ(河庭)」が変化した(仝上)、

等々あるが、少し苦しい。

確かに、「カニ」の「ニ」が、

丹、

つまり、

赤、

である。「丹」は、

ニ(土)と同根、

とあり、土器の材料や顔料にする、

赤土、

を指した(岩波古語辞典)。だから、

カニのニは丹(あか)であるのは間違いない。カはカニが赤いという特徴をとらえたとき、どこが赤いかといえば、甲羅である。要するに、「カ」は、皮か甲か背中かと論じられているが、とにかくその甲羅をさしたものである、

として、

カニは甲赤(カニ)、

だとしたのはたべもの語源辞典である。確かに、甲羅で括れば、

甲+丹、

となる。

カニは世界で約五千種、国内でも千種ある、と言われるが、古事記にも、応神天皇の歌として、

この蟹や いづくの蟹 百伝ふ 角鹿(ツヌガ)の蟹 横去らふ いづくに到る、

と詠われるほど馴染みのものだ。淡水の、

澤ガニ、

以外の、海水の、

毛ガニ、
ガザミ(ワタリガニ)、
イシガニ、
ズワテイガニ、

等々がある。わかりにくいのは、

ズワイガニ、

の語源である。

「ズワイガニ」は、オスとメスは大きさが異なるために多くの漁獲地域でオスとメスの名前が異なる。オスは、

エチゼンガニ、マツバガニ、ヨシガニ、タイザガニ、

等々、メスは、

メスガニ、オヤガニ、コッペガニ、コウバコガニ、セコガニ、セイコガニ、クロコガニ、

等々と呼ばれるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BA%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%8B

「ズワイガニ」は、

「ズワイ」は、細い木の枝のことを指す古語「楚(すわえ、すはえ)」が訛ったものとされ、漢字で「津和井蟹」とも書かれる、

とある(日本語源広辞典・仝上)。「すわえ」は、

すはえの轉、

とあり(大言海)、「すはえ」は、

楚、
楉、
氣條、

等々と当て(岩波古語辞典・大言海)、

すくすくと生えたるものの意、

であり、

木の枝や幹などから真っ直ぐに細く伸びた若枝、

の意である(仝上)。訛って、

ずはえ、
ずはい、
すわい、

等々ともいう(大言海)。甲羅から伸びた脚の形を指して言ったものと思われる。

因みに、「越前ガニ」の名は、永正一五年(1511)3月20日の三条西実隆の日記に「伯少将送越前蟹一折」翌21日の日記には「越前蟹一折遣竜崎許了」と書かれているのが嚆矢とされ、既に安土桃山時代、越前ガニというブランド名が付き、京都まで運ばれていたことがわかるhttps://www.kani-echizen.com/blog/?p=126。「ズワスガニ」の初出は、江戸時代の享保年間の『越前国福井領産物』である、とか(仝上)。

また、山陰地方・鳥取県では、日本海で水揚げされる成長したズワイガニのオスのこと「松葉ガニ」と呼ぶが、これは、

細長い脚の形や脚の肉が松葉のように見える、
食べ終わったあとに残る筋が松の葉に似ている、
浜辺に落ちている松の葉を使って焼いたり茹でたりして食べた、
活きた松葉ガニの身を氷水につけると松の葉のように広がるため、

等々あるhttps://www.keichomaru.jp/?p=1123が、「ズワイガニ」が木の枝が真っ直ぐ伸びた意の楚蟹(すわえがに)」が転じたものであるように、松の葉のまっすぐ伸びたのに準えたとみていいのではないか。

ついでながら、「タラバガニ」は、「ズワイガニ」が、

十脚目ケセンガニ科(旧分類ではクモガニ科)ズワイガニ屬、

に対し、

十脚目(エビ目)異尾下目(ヤドカリ下目)タラバガニ科タラバガニ属、

で、生物学上はヤドカリの一種https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%8Bで、カニではない。

「タラバガニ」は、

鱈場蟹、

と当てられ、

生息域がタラの漁場(鱈場[たらば])と重なる、

ことに由来している(日本語源広辞典・語源由来辞典)。

参考文献;
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
清水桂一『たべもの語源辞典』(東京堂出版)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)

上へ


うたた


「うたた」は、

転た、
漸た、

と当てる(岩波古語辞典・広辞苑)。「うたたね」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba1.htm#%E3%81%86%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%AD)で触れたことだが、「うたた」は、

うたてと同根、

とある(広辞苑)が、大言海は、

ウタテの転、

とし、岩波古語辞典は、「うたて」を、

ウタタの転、

とし、

平安時代には多くは「うたてあり」の形で使われ、事態のひどい進行を諦めの気持で眺めている意、

とし、広辞苑も、

ウタタの転。物事が移り進んでいよいよ甚だしくなってゆくさま。それに対していやだと思いながら、諦めて眺めている意を含む、

としている。「うたた」と「うたて」は、

うたた→うたて、

うたて→うたた、

かは、両説あることになる。

「うたた」は、

ウタウタの約。ウタは、ウタ(歌)・ウタガヒ(疑)のウタと同根。自分の気持をまっすぐに表現する意。副詞としては事態がまっすぐに進み、度合いが甚だしいさま。「うたたあり」の形でも使い、のちに「うたて」と転じる、

とあり(岩波古語辞典)、「うたた」の「うた」は、

轉、

と当て、

ウタタ(轉)・ウタガヒ(疑)・ウタ(歌)のウタと同根、

とあり、

無性に(古事記「この御酒(みき)の御酒のあやにうた楽し、ささ」)、

の意味である(仝上)。なお「うた」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba7.htm#%E3%81%86%E3%81%9F)については触れた。

「うたた」の意味は、

(事態が甚だしくてどうにもできず)不愉快である(古今集「花とみて折らんとすれど女郎花うたたあるさまの名にこそありけれ」)、
いよいよ、ますます(和漢朗詠集「飛泉うたた声を倍(ま)す」)、

(岩波古語辞典)という意だが、広辞苑は、

ある状態がずんずん進行して一層はなはだしくなるさま、いよいよ、ますます(「飛泉うたた声を倍(ま)す」)、
程度がはなはだしく進んで、常と違うさま、甚だしく、異常に、「うたたあり」の形では、いやだ、気に染まないの意になることが多い(「花とみて折らんとすれど女郎花うたたあるさまの名にこそありけれ」)、
程度が進んで変わりやすいさま、また何となく心動くさま、そぞろに(日葡辞書「ウタタゴコロ」)、

と三意を載せる。三者の意味が微妙に違う。その違いは、副詞としての意味、

いよいよ、
甚だしい、
そぞろに、

の三者に現れている。しかし、「うたて」は、

ウタタの転。物事が移り進んでいよいよ甚だしくなってゆくさま、それに対して嫌だと思いながら、諦めて眺めている意、

とあり(岩波古語辞典)、

度合いがとどめようもないさま、ますます、いよいよ激しく(万葉集「いつはなも戀ひずりありとはあらねどもうたてこころ戀ししげしも」)、
普通でなく、異様に(古事記「うたて物云ふ王子(みこ)ぞ。故(かれ)慎み給ふべし」)、
(こちらの気持にかまわずにどんどん進行していく事態に出会って)いたたまれないさま、なんともしょうがないさま(土佐日記「このあるじの、またあるじのよきを見るに、うたて思ほゆ」)、
いやで気に染まないさま、なじめず不快に(枕草子「鷺はいとみめも見苦し。まなこゐなどもうたてよろづになつかしからねど」)、
嘆かわしく、なさけなく(平家物語「あれ程不覚なる者共を合戦の庭に指しつかはす事うたてありや、うたてありやと言って」)、
(「あな〜」「〜やな」の形で軽く詠嘆的に)いやだ(宇津保「あなうたて、さる心やは見えし」)、

とあり(岩波古語辞典)、

片腹痛く、笑止、

の意味すらもつ(大言海)。ある意味、意に染まぬ進行に、

不愉快、
いたたまれない、
嫌で気に染まない、
なげかわしい、

といった気持を言外に表している。不快感から、嫌悪感、そして蔑み、へと意味が変わっていく感じである。

どんどん、
とか、
甚だしい、

という副詞的な背後にも、

どうにもならない、

という気持ちがある。「うたた」よりは、「うたて」の意味の外延の方が、広く大きい。これは、

うたた→うたて、

の転訛なのではないか、と思わせるが、大言海が、「片腹痛い」意味としたのは、古事記の、

うたて物云ふ王子(みこ)ぞ。故(かれ)慎み給ふべし、

なので、

うたた→うたて、

うたて→うたた、

の転訛は、結構古く、両用されてきたことを思わせる。

「うたた」「うたて」の語源であるが、

平安初期、「転」「転々」を、うたた・ウタウタと訓じるが、「観智院本名義抄」などは「転」をイヨイヨとも訓んでいる、

とある(日本語源大辞典)。「うた」(轉)で、

無性に、

の意味で使われていたことを思えば、

何となく、むしょうにの意のウタの畳語(時代別国語大辞典−上代編)、

もあるし、

ウタウタの約。ウタは、ウタ(歌)・ウタガヒ(疑)のウタと同根。自分の気持をまっすぐに表現する意。副詞としては事態がまっすぐに進み、度合いが甚だしいさま(岩波古語辞典)、
ウタ(自分の気持をまっすぐに表現する)のくりかえし、ウタウタの約(日本語源広辞典)、

という説なのではないか。「うたがふ」の「うた」は、

ウタは、ウタ(歌)・ウタタ(轉)などと同根。自分の気持をまっすぐに表現する意。カフは「交ふ」の意。従ったウタガフは、事態に対して自部の思う所をまげずにさしはさむ意」

という説(岩波古語辞典)もあり、気持ちの表出という意味で重なるような気がする。

ウツラ(移)ウツラの約(名語記・国語溯原=大矢徹)、
ウツリ・ウツシ(語幹)ウツから転じたウタの畳語。移の義から転々むの意を生じた(名語記・日本古語大辞典=松岡静雄・国語の語根とその分類=大島正健)、

は、「転」や「転々」を当て、意味が転じた後の、あと解釈に思える。

どうやら、「うたた」は、自分ではどうにもならない事態の進行を、不安と、諦めと、しかし不快感を持って見守る、ちょっと複雑な心象表現の言葉に思える。語源はともかくとして、その意味では、「転(轉)」の字が、

丸く回転する、

という意味で、「うたた」にこの字を当てた言外のニュアンスがよく伝わる気がする。その意味で、僕には、「うたたね」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba1.htm#%E3%81%86%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%AD)に、

転寝

と、「転」をあてたのも意味があり、「うたた」のもつ、

(眠気が)どうにも止まらない諦め、

という含意があり、語源として、言葉の奥行を感じる。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)

上へ


うたがう


「うたた(転た)」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba19.htm#%E3%81%86%E3%81%9F%E3%81%9F)で触れたように、「うたた」は、

ウタウタの約。ウタは、ウタ(歌)・ウタガヒ(疑)のウタと同根。自分の気持をまっすぐに表現する意。副詞としては事態がまっすぐに進み、度合いが甚だしいさま。「うたたあり」の形でも使い、のちに「うたて」と転じる、

とあり(岩波古語辞典)、「うたた」の「うた」は、

轉、

と当て、

ウタタ(轉)・ウタガヒ(疑)・ウタ(歌)のウタと同根、

とあり、

無性に、

の意味であり(仝上)、古事記に、

この御酒(みき)の御酒のあやにうた楽し、ささ、

という用例がある。で、「うたがふ」は、

ウタは、ウタ(歌)・ウタタ(転)などと同根。自分の気持をまっすぐに表現する意。カふは「交ふ」の意。従って、ウタガフは、事態に対して自分の思うところをまげずにさしはさむ意、

とし、

相手・対象に虚偽や誤りがあるのではないかと思い込む理由を持っていて、信じない(源氏物語「大将の御心を疑ひ侍らざりつる」)
対象の中に自分の見込むような事実があるのではないか、などと悪い方に推量する(源氏「怪し、なほいと欺くのみはあらじかしと疑ひはるるに」)、
もしやとおもいめぐらす(方丈記「山鳥のほろほろとなくを聞きても、父か母かと疑ひ」)、

等々の意味を見ると、「うたた」の、

自分の思いとは別のところで事態がひどく進むのを諦めがちに眺めている、

という心情と、「うふがふ」の、

事態の動きに対して内心は信じていない、

という心情と、映し合う気がする。なお「うた」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba7.htm#%E3%81%86%E3%81%9F)で触れたが、「うた(歌)」は、

ウタフ(歌)の語幹。ウタフは手拍子をとって歌謡することから、打チ合フを語源とする(国語の語根とその分類=大島正健・国語学叢録=新村出)、
ウタフ(訴)の語根。これからウタフを経過して、ウタヒとウタヘとに分化した(万葉集講義=折口信夫・民俗学と日本文学研究史=高崎正秀)、
心情を声にあげ、言にのべてウタヘ(訴)出ること(日本語源=賀茂百樹)、
ウタガヒ(疑)・ウタタ(転)のウタと同根(岩波古語辞典)、

等々あるが、打ち合う、とともに、文脈から語源と想定できるのは、

ウタフ(訴)の語根、
心情を声にあげ、言にのべてウタヘ(訴)出ること、
ウタガヒ(疑)・ウタタ(転)のウタと同根、

とした。仮に、「うたた(転た)」の「うた」と「うた(歌)」と「うたがう(疑)」の「うた」が同根とするなら、その「うた」は、

無性に、

と意味がつながらなくてはならない。「無性に」は、

むやみに、
いちずに、
やたらに、

と、思いつめた感じである。それは、「うたた」が、

自分の気持をまっすぐに表現する意。副詞としては事態がまっすぐに進み、度合いが甚だしいさま。「うたたあり」の形でも使い、のちに「うたて」と転じる、

という、

(主観的な思いとは別に)事態がどんどん進んでしまう、

という動きと、主客の差はあるが、通じるところがある。「うたがう(ふ)」は、

疑う、

と当てる。「疑」(ギ)は、

会意兼形声。左側は、矣(アイ・イ)の元の形で、人が後ろを振り返って立ち止まるさま。疑は「子+止(足を止める)+音符矣」で、愛児に心惹かれてたちどまり、進みかねているさまをあらわす。思案に暮れて進まないこと、

とある(漢字源)。同趣旨は、

会意形声。「マ(=子)」+「疋(=止・足)」+音符「矣」、「矣」は人が振り返る様。子が気がかりで立ち止まり振り返る様、安心していない状況を意味https://ja.wiktionary.org/wiki/%E7%96%91

ちょっとすっきりしないので、別説を探すと、

象形文字。甲骨文では、「人が頭をあげ思いをこらしてじっと立つ」。象形から、「うたがう」、「とどまる」を意味する「疑」という漢字が成りたちました。金文になると、十字路の左半分・角のある牛・立ち止まる足の象形が追加され、人が分かれ道にたちどまってのろま牛のようになる、すなわち、甲骨文と同じで「うたがう」、「とどまる」の意味を表しますhttps://okjiten.jp/kanji997.html

同じ説だが、

「疑う」という字は、ものの形を象って作られた象形文字。古代中国・殷の時代に記された甲骨文字を見ると、片方の手に杖を持った人が、後ろを振り返って立っている姿が描かれています。向かって左側の部分、カタカナの「ヒ」に似た文字が後ろを振り返る人。その下に書いた「矢」の部分が、杖を突いて立つ様子です。甲骨文字ではこれだけで「疑う」という意味を表していたのですが、その後、殷に続く周の時代に記された金文では、右側にカタカナの「マ」に似た文字と、その下にひきへん(疋)が添えられます。ひきへん(疋)は、膝から下の足の形をかたどった部首で、足を止めて迷っている様子を強調しているといわれますhttps://www.excite.co.jp/news/article/TokyoFm_eAwVIHrTm3/

ともある。「疑」は、どちらかというと、思案して先へ進めない、意である。和語「うた」とは真反対になる。

『大言海』は、「うたがふ」を、

語根のウタにて、疑の意を成すか、うつなし(決)を、うたなし(無疑)とも云ふ。ガフは行ふ意。あらがふ(爭)、下がふ(従)、

としていて、ちょっと意味不明だが、

ウタ(ウワ 空)+ガウ(行う)、空虚なことと推量する行為(日本語源広辞典)
ウタはウツ(空)の転、ウタガフは実のないことを推し量ること(国語の語根とその分類=大島正健)、
ウツ(空)の転で、虚偽の意(国語溯原=大矢徹)、
ウタカタ(虚象)を活用した語(和訓栞)、

等々の諸説と意図は同じようである。僕には、「空事」「虚事」という方にシフトした意味ではなく、こちらの思いとは別のところで事態が進んでいるのを、承服していない、という心の表現とする、

「うたた(転た)」と「うた(歌)」と「うたがう(疑)」の「うた」が同根、

とする説に与したい。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
前田富祺編『日本語源大辞典』(小学館)
大槻文彦『大言海』(冨山房)

上へ


祇園豆腐


「祇園豆腐」とは、

田楽豆腐の一つ、

で、

薄く切って串に刺した豆腐を焼き、味噌だれで煮て、麩粉をかけたもの、

とある(広辞苑・たべもの語源辞典)。また、

焼きてくずあんをかけたるものあり、

ともある(近代世事談・大言海)。

京都の祇園神社(今の八坂神社)の南の楼門前、東西の二軒茶屋にて調理する田楽豆腐の名、

故に、この名がある、とある(大言海・広辞苑・たべもの語源辞典)。江戸時代、祇園神社の楼門の前に、

東には中村屋、西には藤屋という茶屋があった。神社社殿造営の際に、公費で改築された店で、「二軒茶屋」と称された、

とありhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%87%E5%9C%92%E8%B1%86%E8%85%90、これらの茶屋で売られた豆腐料理が評判となり、各地で祇園豆腐の看板を掲出する店が出て、

江戸では明和頃、湯島に有名な祇園豆腐屋があった、

とある(仝上)。二百年前の献立に、

祇園豆腐に道明寺糒(ほしい)を振りかけて江戸料理に使っていた、

ともある(たべもの語源辞典)。

こがしの粉かけたるもの、

ともある(大言海)。「こがし(焦がし)」は、

米、麦を炒り焦がして、碾きて粉とせるもの、

で、

香煎、

の別名ともされる(広辞苑・大言海)。あるいは、

花柚(はなゆ)などで風味を添えることもある、

ともあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%87%E5%9C%92%E8%B1%86%E8%85%90

現在は、「祇園豆腐」は、

木の芽田楽、

をいう(デジタル大辞泉)、とある。「木の芽田楽」は、

山椒の芽を味噌にすりまぜて豆腐に塗り、火に炙ったもの、

をいう(広辞苑)。「木の芽味噌」というのは、

漉味噌を鍋に入れ、煮出汁にてのばし、酒と砂糖とを加へて、火の上にて煉り、おろす鍋に、木の芽を細かく切りたるものを加へて、ざっと煉り、火よりおろして、玉子の黄身を加へて、よく交ぜ合わせたるを、魚肉・蔬菜などに塗(まぶ)したる、

を言い(大言海)、これを豆腐にぬりて焼いたものを、

木の芽田楽、

というので、「田楽豆腐」には違いないが、「木の芽」は、

山椒の若芽をすり込む、

ともあり(大辞林)、特に「山椒」は、

三月ころから新芽を吹くが、この新芽や若い葉を〈木の芽〉と呼び、煮物の香りづけや汁物の吸口に用いる。木の芽みそ、サンショウみそはみそにすりまぜたもので、木の芽あえはこれでたけのこやイカをあえたもの、木の芽田楽は豆腐にこれを塗った田楽である、

とあり(世界大百科事典)、厳密にいうと、「祇園豆腐」とは、「味噌」が少し違うようだ。

「田楽」は、「おでん」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba15.htm#%E3%81%8A%E3%81%A7%E3%82%93)で触れたように、「おでん」に始まる。「おでん」は、

御田、

と当てる。

田楽(でんがく)」の「でん」に、接頭語「お」を付けた女房詞、

である。御所で使われたことばが、上流社会に通じたもので、それが民間に広がった。

田楽とは、

豆腐に限って言った、

ので(たべもの語源辞典)、「おでん」は、

豆腐、

と決まっていた。

「豆腐を長方形に切って、竹の串をさして炉端に立てて焼き、唐辛子味噌を付けて食べた。初めは、つける味噌は唐辛子味噌に決まっていた」

のであり、これが、

おでん、

であった(仝上)。「田楽」という名前の起こりは、

「炉端に立てて焼く形が田楽法師の高足の曲という技術の姿態によく似ているので、のちに、豆腐の焼いたものを田楽とよぶようになった、ともいう」

とある(仝上)。「高足」(たかあし、こうそく)とは、

「田楽で行われる、足場の付いた一本の棒に乗って飛び跳ねる芸。鷺足(さぎあし)とも呼ばれる」

とあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E8%B6%B3。高足を串に見立てた意味がよくわかる。

参考文献;
清水桂一『たべもの語源辞典』(東京堂出版)
大槻文彦『大言海』(冨山房)

上へ


甚平


「甚平」とは、

甚兵衛羽織のこと、

とある(広辞苑)。

綿入りの袖なし羽織(大言海)、
男子用の袖なし羽織(広辞苑)

とあるが、

半袖・筒袖で丈が短く、襟先と脇についた紐を結んで着る着物。男子の夏の室内着として用いられる、

ともある(語源由来辞典)。

もと関西地方に起こり、木綿製綿入り防寒着で、丈は膝を隠すくらいとし、前の打合せを付紐で留める。今、麻・木綿製で筒袖をつけた夏の家庭着にいう、

とある(広辞苑)。さらに、現代では主に男子の夏の室内着で、

木綿あるいは麻製で、単衣仕立て。脇の両裾に馬乗り(うまのり/スリット)がある。短い半袖や七分袖の筒袖・平袖で、袖口が広め。衿は「棒衿」で衽(おくみ)はないのがふつう。付け紐で結ぶので帯を必要としない。袖も身頃も全体的にゆったりして、風通しが良い作りなので、夏のホームウエアとして涼しく着られる、

とあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9A%E5%B9%B3。筒袖となって普及したのは大正時代、大阪であり、

丈が短く、袖に袂がなくて衿と身頃につけた付け紐は、右を表左は裏側で結び、ふつうの和服のように右前に着る。そろいの半ズボンをはくのが今では一般的であるが、昭和40年頃までは、甚平といえば膝を覆うぐらい長い上衣のみであった、

とある(仝上)。

つまり、

羽織→綿入り袖なし羽織→筒袖の木綿製綿入り防寒着→筒袖の夏の家庭着、

と転じて来たもののようである。いま、「甚平」は、夏の季語である。

甚兵衛、

とも書き、

じんべ、

ともいう。

その由来は、

甚兵衛羽織、

だが、「甚兵衛羽織」は、

下級武士向けの木綿綿が入った袖なし羽織で、陣羽織を真似てつくられた「雑兵用陣羽織」の意味から、「陣兵羽織」で、「甚兵衛羽織」になったとされる。その甚兵衛羽織を着物仕立てにしたもの(語源由来辞典)、

とか、

武士の着るラシャ織の陣羽織に対する下級武士の着る綿入れ袖なし防寒具(日本語源広辞典)、

といった説が立てられているが、どうも信じがたい。確かに、嘉永三年(1850)の 江戸見聞録『皇都午睡』にも、

世に、甚兵衛羽織とて、袖の無き羽織を、今云ふ、殿中羽織と同じきもの、甚兵衛と云ふ者、製し始たかとも思ひ居りしが、是は、陣兵羽織にて、大将軍は、陣羽織を著せらるれども、雑兵など、寒気の頃は、綿入れ袖なし羽織なりと著ざれば、甚難かるべし、其時の著用にて、陣兵羽織なるべし、

とあり、

陣羽織→陣兵羽織→甚兵衛羽織→甚兵衛→甚平、

と転訛したとする説(語源由来辞典)に思われるが、どうも信が置けない。第一、幕末の頃に、そう言われていたとすると、

江戸末期に庶民が着た「袖無し羽織(そでなしばおり)」が、「武家の用いた陣羽織(陣中で鎧・具足の上に着た上着)に形が似ていたことから」とする、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9A%E5%B9%B3の方が信憑性が高い気がする。とすると、普通一笑に付される、「甚兵衛羽織」の略とされるのだから、

甚兵衛という名の人が着ていたことから、

という説(仝上)を、

単に字面から言われたもので根拠がない、

とする説(語源由来辞典)こそ、根拠がない。第一、

陣兵羽織、

等々というものはないのではないか。雑兵が羽織を着したなどということは聞いたことがない。「足軽」は、各自が自前で甲冑武具を持つ余裕がないので、

御貸具足、
御貸刀、

等々を貸与され、

胴に籠手、陣笠または兜が一定の形式となり、胴の前後に合印の紋が朱漆描きか金箔で置かれる。雑用を弁じるため籠手には手甲を着けず、走り回るために佩楯、脛当もつけず脛巾に草鞋、

であり、股引は着けているが、素足である。そして、

打飼袋または兵糧袋、

を腰か襷にかける(図録日本の甲冑武具事典)。

だから、「雑兵物語」では、

とうがらしを磨りつぶして、尻から脚の爪先まで塗っておけば、こごえない、

と言っているのだ。

「陣羽織」は、

「室町殿日記」に具足羽織の語が見られ、「関八州古戦録」に袖なしの陣羽織と記されている点などから、初期は普通の羽織を陣中で着用しているうちに、人目を引くような羽織がつくられ、やがて活動しやすいように袖を取った形のものがつくられた、

とあり(図録日本の甲冑武具事典)、

始めは防寒用とか、小具足姿でくつろいだときに着たものであったものが、次第に自己表示のものとなり、戦場でも甲冑の上に着たままで働き、(中略)春冬秋は袷のもの、夏は単衣の薄いものなどを着るようになったのである。目立つことを主とするので多く好まれるのは緋羅紗、錦、更紗、鳥毛植、麻木綿に図案を描いたものまたは刺繍したものなどである、

らしく(仝上)、そして、

袖付の陣羽織は高級武将が用いたが、いちばん普及したのは袖なし陣羽織であるから、後世では陣羽織といえば袖なしを意味するようになり、むしろ袖付の方が特殊に思われるようになった、

とある(仝上)。「陣羽織」という言葉は、

江戸時代に定着したもので、しだいに軍陣の礼服の一種のようになり、威儀化、定式化し、非常の際の衣服ともなった。同時に戦時の役職を示す標識ともなり、幕府や諸藩において制服的な衣服として規定される陣羽織も生じた。多くは背に定紋、合印(あいじるし)などをつけ、肩章(けんしょう)様の太刀受(たちうけ)、立襟(たちえり)に、きらびやかな布地の返襟(かえしえり)、ぼたん掛けの板紐(いたひも)などの意匠で、少なからず当初の南蛮風俗の影響を残しつつ、ほぼ一定した形式として用いられた、

とある(日本大百科全書)。

「甚平」のもとになった「甚兵衛羽織」は、「陣羽織」とは無縁なところから始まったものと言っていいように思う。

甚兵衛という名の人が着ていたことから、

かどうかは別に、

甚兵衛羽織→甚平、

と略されたのに合わせて、

陣羽織、

を連想しただけなのではないか。

なお、「羽織」については「法被と半纏」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba16.htm#%E6%B3%95%E8%A2%AB%E3%81%A8%E5%8D%8A%E7%BA%8F)で触れた。

参考文献;
笠間良彦『図録日本の甲冑武具事典』(柏書房)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
吉田豊(現代語訳)『雑兵物語―雑兵のための戦国戦陣心得』(教育社新書)

上へ


褌(ふんどし)


「褌」は、

ふんどし、

と訓ませるが、

はかま、

とも訓ませる。「袴」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba18.htm#%E8%A2%B4)で触れたように、「褌」(コン)は、

会意兼形声。「衣+音符軍(丸く取り巻く)」。腰の周りにめぐらす布地、

である(仝上)。「褌」は、我国だけが「ふんどし」に当てるが、

ももひきの類、
したばかま、

の意で、やはり、股が割れたものを指す(漢字源)。なぜ「ふんどし」の当てたのかはわからない。日本書紀に、

はらみやすき者は、褌(はかま)を以て體(み)に觸(かから)ふに、すなわちはらみぬ、

とあるのを、岩波古語辞典は、「ふんどし」の意と採っている。

「ふんどし」は、「褌」の他、「袴」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba18.htm#%E8%A2%B4)で触れたように、

犢鼻褌(たふさぎ)、
肌袴(はだばかま)、

とも言い、

下帯、
まわし、

とも言うが、「ふんどし」は、男性用ばかりではなく、女性の、

湯文字、
腰巻、

の意もある(広辞苑・江戸語大辞典)。

両脚を踏ん張って通すもの、

という意味(日本語源広辞典)で、

フミトオシ(踏通)の転(広辞苑・日本語源広辞典・大言海・筆の御霊・松屋筆記)、

とする説が大勢のようだが、

特に根拠はない、

とされる(語源由来辞典)。その他に、

フモダシ(絆)の義(嬉遊笑覧・俗語考)、
フントヲシ(糞通)の約(菊池俗語考)、
ホトシ(陰為)の義(言元梯)、
漢語「褌衣」の韓国語化「Hun-t-os」からhttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q128446587
犢鼻褌(たふさぎ)は「股塞ぎ(またふさぎ)」「布下げ(たふさげ)」「タブ(樹皮布)裂き」から(仝上)、

等々あるが、「ふみとおし」以上にはいかない。

「踏通(ふみとおし)」「踏絆(ふもだし・馬や犬を繋ぎ止める綱)」「絆す(ほだす・動かないよう縄等で繋ぎ止める)」から由来するという、

説が一般的https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B5%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%97なのだろう。

「ふんどし」を、

犢鼻褌(トクビコン)、

と当てた、

たふさき(ぎ)、

の由来については、

「股塞ぎ(またふさぎ)」「手ふさぎ(陰部を手で覆って隠す)」「布下げ(たふさげ)」「タブ(樹皮布)裂き」、

等々諸説ありhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B5%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%97

アイヌ語で「タパ」と呼ぶのは同じ語源からくるのではないか、

ともされるhttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q128446587が、はっきりしない。

室町時代には、

手綱(タヅナ)、

と呼ばれ、秀吉が山崎の合戦後、堅田に隠れた光秀重臣斎藤利三(内蔵助)捕縛を、信忠家臣の高木彦左衛門宛手紙で、

斉藤内蔵助、二人子共相連、たつな斗ニて落行候節、郷人(きゃうじん)おこり候て、両人之子共首切り、蔵助ハ生捕ニ仕)、なわかけ来候条、於天下車乗わたしニて首切、かけ申候事、

と報じた手紙にも「手綱」と使われている。手綱は、

古くは手拭の俗称で、馬の手綱のように長い布という意であった。材料は、古くは麻布が用いられたが、江戸時代からは木綿布が普通となり、一部では、縮緬、緞子も用いられた、

とある(ブリタニカ国際大百科事典)。江戸時代初期からは、

下帯(シタオビ)、

とも呼ばれ、

ふんどし、

の名称が確立したのは江戸時代末期とする説もある(仝上)が、文献がなくはっきりしない。

なお、「犢鼻褌」について、大言海には、

犢鼻は、脛の三里の上の灸穴の名と云ふ、

とあり、日本釈名に、

犢鼻褌、貫也、貫両脚、上繁腰中、下當犢鼻、

とある。和名抄には、

犢鼻褌、韋昭曰、今三尺布作之、形如牛鼻者也、松子、毛乃太乃太不佐岐(ものしたのたふさき)、一云水子、小褌也、

とあり、その形から、「犢鼻褌」と言うらしいと分かるが、下學集には、

犢鼻褌、男根衣也、男根如犢鼻、故云、

とあるので、その形が似ているのは、「褌」ではないらしい。しかし、鹽尻(天野信景)は、

隠處に當る小布、渾複を以て褌とす。縫合するを袴と云ひ、短を犢鼻褌と云ふ。犢鼻を男根とするは非也、膝下犢鼻の穴あり、袴短くして、漸、犢鼻穴に故也、

とする。結局、灸穴の名に落ち着く。史記・司馬相如伝には、

相如身自著犢鼻褌、與保庸雑作、滌器於市中、

とあるので、「犢鼻褌」は中国由来らしい。このためああでもないこうでもないと、百家争鳴というところか。

「ふんどし」の一種に、

3尺の白木綿の布の一端を三つ折り縫いにし、他方を紐が通るように縫って紐を通してT字形にし、腰にあてて、紐を前で結び、布を股ぐらを通して紐の下より引き出し、前に垂らして着す、

という(日本大百科全書)、

越中褌(えっちゅうふんどし)、

があるが、幕末の『守貞謾稿』は、

「紐を通したる方を背にし、紐を前に結び、無紐方を前の紐に挟む也」

と、その装着法を記している。しかし、

本格的に普及したのは明治末期、

で、江戸時代にも

隠居した武士、肉体労働を伴わない医者や神職、僧侶、文化人、商人の間で用いられていた、

とあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%8A%E4%B8%AD%E8%A4%8C。その由来には、

越中富山の置き薬の景品で全国に普及したことに由来する、
越中守だった細川忠興が考案した、
大阪新町の越中という遊女が考案した、

等々の説(仝上)があるが、これもはっきりしない。忠興は剃髪後、三斎と号したが、三斎は、

畚(もっこ)ふんどし、

の発案者にもされている。

布の両端をそれぞれに紐が通るように縫い、紐を通し、片方は足を踏み通して、片方で紐を結んで着す。

ものだが(日本大百科全書)、

土を運ぶ畚(もっこ)に形状が似ているためこの名がついた。

江戸中期の『明良洪範』には、三斎の言葉として、死者の下帯のことを、

功者なる心掛けの者は、下帯の結び目の前に緒を付け肩にかく、或は、前のたれのはしに緒を付けて首にかけ、もっこふんどしと申して用ひ候、此みな死後にも抜け落ちぬ用心なり、

と語っているとか。『守貞謾稿』には、

簣褌、もっこふんどしと云は、形簣に似たる故也、前後を縫いて、是に紐を通し、或は左、或は右に結ぶ。女形俳優等に用之由を聞く、

とあるので、この時期は、一般化していなかったことがわかる。

因みに、戊辰戦争では、新政府軍は、越後口での戦死者に、

木綿の半襦袢一枚・ふんどし一筋、

を賜ったという。せめて死に装束だけでも、ということだったようだ。

参考文献;
前田富祺編『日本語源大辞典』(小学館)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
保谷徹『戊辰戦争』(吉川弘文館)

上へ


キクラゲ


「キクラゲ」は、

木耳、

とあてるが、「木耳(モクジ)」は、漢語である。

木に生ずる耳、

の意で、

木耳生于朽木之上、無枝葉(本草)、

とある(字源)。

春から秋にかけて、広葉樹のニワトコ、ケヤキなどの倒木や枯枝に発生する。主に日本、中国、台湾、韓国などの東アジアやミャンマーなどで食用とされている、

とあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2。特に中国料理では常用される。

学名(Auricularia auricula-judae)の内、「Auricularia」が、ラテン語で「小さい耳、耳たぶ」という意味の「auricula」という言葉に由来し、「auricula-judae」はラテン語で、「ユダの耳、ユダヤ人の耳」の意味になる。「ユダの耳」は、

ユダが首を吊ったニワトコの木からこのキノコが生えたという伝承に基づく。英語でも同様に「ユダヤ人の耳」を意味するJew's earという。この伝承もあってヨーロッパではあまり食用にしていない、

らしい(仝上・https://www.gaspo-kinokoya.com/blog/blog_detail/index/37.html・たべもの語源辞典)。中国では、

賓客をもてなすのにシロキクラゲの料理を出した。シロキクラゲは黄金と比較されるくらい高価であった、

とある(たべもの語源辞典)。シロキクラゲ(白木耳)、学名(Tremella fuciformis)は、

春から秋にかけて、広葉樹倒木や枯枝に発生する。形は不規則で、花びら状と表される。子実体はゼリー質で白く、半透明。キクラゲ同様、乾燥すると小さく縮み、湿ると元に戻る、

とあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2。中国では「銀耳」と呼ばれて栽培され、シロキクラゲを利用した料理として中華料理の銀耳羹(シロキクラゲのスープ)などがある(仝上)。

「キクラゲ」は、また、

木海月、

とも当てるが、「クラゲ」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba18.htm#%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2)で触れたように、「クラゲ」は、

水母、
海月、
水月、

等々と当てる。「水母(すいぼ)」「海月(かいげつ)」「水月(すいげつ)」は、いずれも、漢語である。「耳」という漢字にクラゲの意味は無いので、「キクラゲ」の音に当て字したものと思われる。

干したクラゲに似ているところからこの名がある、

とある(たべもの語源辞典)。「木耳」を、「キクラゲ」と訓ませるのは、

味は淡いが、噛むと音がして、干したクラゲ(水母)のような食感がある、

からである(仝上)。

「キクラゲ」は、古名、

キノミミ、

とある(大言海)。ために、一名、

ミミタケ、

とも言う。

形が人の耳に似ているから、

である(仝上)。室町末期の日葡辞書には、

耳茸(みみたけ)、

が載る(語源由来辞典)。

「キクラゲ」の地方名には、

沖縄本島のミミグイ、
鹿児島県沖永良部島のミングソ、
奄美大島のミングリ、
宮崎県西臼杵郡のミミナバ、

等々があるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2が、いずれも自生するアラゲキクラゲを耳と関連づけている。

アラゲキクラゲ(荒毛木耳、Auricularia polytricha)は、「多毛」の意味で、漢語では、「毛木耳」である。

参考文献;
清水桂一『たべもの語源辞典』(東京堂出版)

上へ


擬製豆腐


「擬製豆腐」(ぎせいどうふ)は、

水切りした豆腐に野菜や卵などを加えて調理し、厚焼き卵のように焼いた料理、

を指す(広辞苑)。

義性豆腐、
義省豆腐、

とも当てるらしいhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%93%AC%E8%A3%BD%E8%B1%86%E8%85%90

ぎせどうふ、
ぎせ焼き、

とも言う。

精進料理の一種、

ともある(たべもの語源辞典)。

豆腐を用いた精進料理。崩した豆腐に下煮をしたごぼう、人参、椎茸、木耳、卵などを加えて焼くか蒸した料理、菰(こも)豆腐とも言う、

とあるhttp://gogen.bokkurigoya.com/archive/006553.php。一般的には、

豆腐以外の材料を混ぜて豆腐のような形に仕上げる、
あるいは、
豆腐を原料としながら卵焼きのような別の料理に見せる、

から「擬製」という字を当てる、

とされるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%93%AC%E8%A3%BD%E8%B1%86%E8%85%90。だから、

ほぐした豆腐を元のような四角い形に作る(世界の料理がわかる辞典)、
いちどこわしてしまった豆腐を、もとの豆腐のように似せてつくる(たべもの語源辞典)、

ところから「擬製」の名がついた、とするのである。しかし、江戸時代の国語辞書『俚言集覧』には、

江戸山王神社の別当、勧里院の僧正、義性がこの豆腐を考案した、
とか、
奈良県円照寺の義省尼が作った、

からとする説もある(大言海・http://gogen.bokkurigoya.com/archive/006553.php)。刺身の切れ端や野菜の面取りなどをする時に出てくる屑のことを「手くず」というのだそうだが、

その手くずを上手に利用するのが精進料理の真骨頂。お寺では豆腐に手くずを混ぜて、焼く、蒸す、揚げるなどの料理を生み出してきた。擬製豆腐、五目豆腐、けんちん揚げ、飛竜頭、けんちん汁など、表彰ものの手くず料理が勢ぞろいしていて、しかも脈々と受け継がれている、

ともあり(仝上)、「精進料理」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba17.htm#%E7%B2%BE%E9%80%B2%E6%96%99%E7%90%86)の系譜であることを考えると、寺院料理が発祥という説も考えられる気がする。確かに、

「がんもどき」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba18.htm#%E3%81%8C%E3%82%93%E3%82%82%E3%81%A9%E3%81%8D)

に似た感じがして、「精進料理」っぽい。となると、「擬製」は、

僧侶が卵のような動物性食品を食用とすることが禁じられていたとき、豆腐の中にひそかに卵を入れてわからないようにして用いていた。カムフラージュしてつくったという意味で擬製の字が使われた、

ということになる(日本大百科全書)。ただ、

中国などにも類似の料理が存在することから外来の調理法である可能性も高い、

ともありhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%93%AC%E8%A3%BD%E8%B1%86%E8%85%90、「飛竜頭(がんもどき)」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba18.htm#%E3%81%8C%E3%82%93%E3%82%82%E3%81%A9%E3%81%8D)、「けんちん汁」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba18.htm#%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%93)、「けんちん揚げ」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba18.htm#%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%93)等々と考え合わせると、「普茶料理」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba17.htm#%E6%99%AE%E8%8C%B6%E6%96%99%E7%90%86)なのかもしれない。

なお、天明二年(1782)に出版された料理本、『豆腐百珍』では、

ふはふは豆腐、

として、

鶏卵(たまご)ととうふ等分にまぜ、よくすり合せ、ふはふは烹(に)にする也。胡椒(こせう)の末(こ)ふる。鶏卵のふはふはと風味かわることなし。倹約を行ふ人専ら用ゆべし、

と載るhttp://textview.jp/post/cooking/30383

もとの豆腐のようであるが、遥かにおいしい豆腐になる、

とある(たべもの語源辞典)。

参考文献;
清水桂一『たべもの語源辞典』(東京堂出版)

上へ


吉備団子


「黍団子」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba18.htm#%E9%BB%8D%E5%9B%A3%E5%AD%90)で触れたように、「黍団子」(きびだんご)は、

黍の実の粉で作った団子、

である(広辞苑)。大言海には、

もちきびの粉に、米の粉をまぜ、水に捏ねて、まろめて蒸したるもの、

とある。

黍餻、

とも当てる(大言海)。「黍団子」の早期の用例として、『山科家礼記』に、長享二年(1488)三月一九日に、

黍團子、

の記述があり、室町末期の日葡辞書にも、「吉備団子」は、

黍の団子、

と定義されているhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%8D%E5%9B%A3%E5%AD%90、らしい。だが、その黍団子と、

吉備団子、

と当てられる団子菓子は、全く別物である。

「吉備団子」は、

求肥をこねて、白砂糖をまぶした団子、岡山の名産。安政年間(1854〜60)創製で、本来黍の実の粉で製したので、吉備に因んで名づけられた、

とある(広辞苑)が、


嘉永・安政(1848〜60)頃に現れる。岡山藩の茶人家老伊木三猿斎(いきさんえんさい)が勧めて、四道将軍の一人である吉備津彦命を祀る吉備津神社の境内の茶店で売らせた、

ともあり(たべもの語源辞典)、

吉備津神社門前の名物であったきびだんごを、茶人でもあった備前国岡山藩池田家の家老、伊木忠澄(いぎただずみ)の勧めで、広栄堂の初代、浅次郎が茶席用の菓子として工夫し、1856(安政3)年に考案したものとされる、

とある(日本の郷土料理がわかる辞典)ので、「黍団子」だったものが、「吉備団子」と改良されたもののようでもある。

因みに、四道将軍(しどうしょうぐん、よつのみちのいくさのきみ)とは、『日本書紀』に登場する、北陸、東海、西道、丹波に派遣された皇族の将軍、

大彦命(おおびこのみこと)、
武渟川別命(たけぬなかわわけのみこと)、
吉備津彦命(きびつひこのみこと)、
丹波道主命(たんばみちぬしのみこと)、

を指すhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E9%81%93%E5%B0%86%E8%BB%8D

「吉備団子」は、

昔は、黍で覆われた食品だった可能性もあるが、現在に至る製品は、餅米の粉を混ぜて求肥を作り、これを整形して小さく平な円形(碁石形)に仕上げる。黍の粉を混ぜて風味づけするが、使わないものもある。従来から桃太郎の「黍団子」と同一視する経歴があるが、黍は主原料ではない、

とありhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E5%82%99%E5%9B%A3%E5%AD%90、いまは、

求肥(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba16.htm#%E6%B1%82%E8%82%A5)にきびの粉をまぜた菓子、

であり、

糯米(もちごめ)粉に上白糖と水飴(みずあめ)を加え、風味づけに少量の糯黍粉を混ぜ、湯炊きして半透明になるまで練り上げ、団子に丸めて表面にかたくり粉をまぶす。できあがりは淡い黄色みを帯び品のよい姿である。また表面にきな粉をまぶしたものもある、

という(日本大百科全書)。安政六年(1859)には、

江戸浅草で「日本一きび団子、昔屋桃太郎」の看板で黍団子を売り出したものがあったらしい(仝上)。

吉備津神社と黍団子という食べ物の間には、17世紀初頭までにはなにかしらのゆかりができていたらしい。細川幽斎(1610年没)が「備中吉備津宮にて詠める」と詞書で前置きした狂歌、

神はきねがならはしなれば先づ搗きて団子にしたき吉備津宮かな、

があり(寛文6年(1666)『古今夷曲集』)、この歌での「きね」は、

「巫女」と「杵」をかけており、黍粉に砕くためか黍餅を練るためかは不詳だが、ともかく「きびだんご」の製法は、杵で搗かれる手順があることが言及される。おそらく参詣者には「きびだんご」がふるまわれたことがあったのだろう、

とされているhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%8D%E5%9B%A3%E5%AD%90。この時期(安土桃山〜江戸初期)、吉備津神社の名物に、

きびだんご:吉備津 宮内の町並、

とあるhttps://fuuraiki.com/kibidango/

なお、団子(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba17.htm#%E5%9B%A3%E5%AD%90)、と餅(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba17.htm#%E9%A4%85)の違いについては触れた。

参考文献;
清水桂一『たべもの語源辞典』(東京堂出版)

上へ


インチキ


「インチキ」は、

陰痴気、

と当てたりする(隠語大辞典)が、

トランプでインチキする、
インチキな手を使う、

等々というように、

ばくちで、相手の目をぬすんで不正を行うこと、

の意と、それを広く、

いんちきな品物、
いんちき医者、

等々というように、

ごまかし、
手抜き、
不正、
無責任、
本物でないこと、
にせもの、

の意とがある(広辞苑・デジタル大辞泉)。

テキヤ仲間の語としては、大正以前からあったらしいが、一般化したのは昭和初期とみられる、

とか(日本語源大辞典)、

昭和初年ごろから「いかさま」にかわり一般語化したという、

とか(デジタル大辞泉)あるので、限定された前者の意が、一般的な不正の意に広がった、とみられる。

確かに、

初め博徒仲間の言葉であつた、

とあり(隠語大辞典)、

数人共謀して行う詐欺賭博のことを、

いんちきし、

ともいい、

数人共謀して行ふ詐欺賭博を云ふ。又は単に「虚偽」と云ふ様な軽い意にも用ひられる。「さぎとばく」に同意。
昔から博徒、スリ等の間に用ゐられて来たが、トリツクを使つたり、イカサマをしたりする事をいふ。インチキ賭博などいひ、今日では凡てのカラクリある出鱈目なものに使はれてゐる。例へばインチキ会社。インチキな品。学生間ではカンニングのこと、

とあるが、必ずしも、

不正手段で勝負を争ふこと、
いかさま、

のみを指さず、既に、広く、

ごまかしの事にいふ、

とあり(仝上)、広く、

ごまかし、

の意味でも使われていたようである。

「インチキ」の語源は、いくつかあり、

安斎随筆、印地鎗の図説に見える、遠江国小笠郡の方言で、餌を用いない釣針のことをインチキ(餌(え)無き鉤(ち)の意か)から(広辞苑)、
イカサマのイ(イカ)や穴一、一六勝負のイチなどに、排斥・軽侮の意をもつ接尾語チキが付いた(コンチキ、トンチキ、ヘンチキのチキ、またはポンツク、ケンツクのツク、トンテキのテキと同類)もの(国語学叢論=新村出・広辞苑・日本語源広辞典・語源由来辞典)、
原語遊戯の一つに、第一音節にンチキを付ける方法があり、それからイカサマをインチキといった(猫も杓子も=楳垣実)、
人を瞞着することをインチクという福井の方言が、テキヤによって全国に伝搬し、東京風に訛ってインチキとなった(すらんぐ=暉峻康隆)、
昭和初年マニラ辺にいた商社員がタガログ語で中国人の意のIntsikという語を輸入して、新聞社などから使い始めたとの説がある。しかし大正四年刊『隠語輯覧』にすでに掲載している語であるから、年代的に矛盾する(外来語辞典=楳垣実後)、

等々から考えて、普通には、

トンチキ、
コンチキ、
ヘンチキ、

のように「チキ」を付けたと見るのが妥当だが、「イン」が、「イカサマ」の「イ」というのは、どうなのだろう。代案はないのだが。

トンチキは「頓的(とんてき:バカみたいだ)」、ヘンチキは「変的(へんてき:ヘンだ)」が変化したものと見られる、

とある(笑える国語辞典)ので、憶説だが、

イカサマ的→イカ的→イン的→インチキ、

といった転訛がありえるかもしれない。それと、

「インテキ」という言葉はなさそうなので、「インチキ」の場合、トンチキやヘンチキにならって「インチキ」と変化したのではないか、

と推測すること(仝上)も可能である。

参考文献;
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)

上へ


トンチキ


「インチキ」(http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba19.htm#%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%AD)で触れたように、

トンチキは「頓的(とんてき:バカみたいだ)」、ヘンチキは「変的(へんてき:ヘンだ)」が変化したものと見られる、

とある(笑える国語辞典)が、「トンチキ」を考えていくと、別の可能性もあると気づく。

「トンチキ」は、

頓痴気、

とも当てる。

まぬけ、
のろま、
とんま、

等々、人を罵って言う語である(広辞苑)。類語に、「トンテキ」がある。「トンテキ」は、