ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

自己紹介


高沢公信の略歴

  • 略歴

愛知県出身。早稲田大学第一文学部哲学科社会学専攻卒。総合労働研究所において,LDノート編集長,教育開発部門長等を経て,90年よりP&Pネットワーク代表。

※高沢公信は筆名。本名は,杉浦登志彦

民間企業(規模・業種を問わずテーマや対象層で受託するケースが多い),官公庁,自治体で,創造性開発研修発想力開発研修情報力開発研修企画力開発研修課題探求力開発研修問題解決力開発研修ロジカル・シンキング研修ロジカル・コミュニケーション研修ケーススタディ研修ケースライティング研修,コミュニケーション研修等々の他,階層別の中堅社員研修監督者研修管理職研修チームリーダー研修OJT研修リーダーシップ研修対人関係スキル研修リーダーシップ・コミュニケーション研修にも携わり,企業ビジョンづくりにも参画している。また ,OJTマニュアルづくり管理者行動チェックづくり,アセスメントのためのインシデントケース・インバスケットケース作成・評価,オリジナルケース作成などにも協力している。

産業能率大学総合研究所特任講師。社団法人 日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラーNPO法人 NCCP(日本カウンセリングカレッジ)認定カウンセラーサンタフェNLP/発達心理学協会認定NLP(レベルT・U)マスタープラクティショナー。財団法人 生涯学習開発財団認定コーチ(銀座コーチングアカデミー・コーチングスキルアップセミナー修了,Coach21CTP(コーチ・トレーニング・プログラム)修了,CTI ジャパンコーアクティブ・コーティング応用コース修了(72期))。

著作;単行本:『発想力の冒険』(産能大出版部)『新管理者のライセンス(共著)』(さくら総合研究所)
通信教育教材:『発想力を鍛える』(産業能率大学)『企画力を強化する』(産業能率大学)『発想力技法ハンドブック』(産業能率大学)『ケースで学ぶマネジメント(共著)』(産業能率大学)
論文:「企画をカタチにする」「“やる気”をどうカタチにするか」 「発想転換の転換をはかる」「できる部下のOJT」 「必要な人材の自己責任とは何か」「
キャッチボール効果をどう高めるか」「監督機能の切り口にマネジメントを考える」「“やる気”をどうカタチにするか」「問題の 見方・見え方」「問題意識を育てる」 「情報探索のスキル」「発想トレーニング」「リーダーシップ」 「アクセス情報への基本スタンス」「言葉の構造と情報の構造」「情報の“向き”をつくる」「リーダーシップのチェックポイント」「科学的・論理的に思考する 」「問題意識と気づきの共有化」「問題解決策づくりの4つのスキル」 「活きるアイデアを生み出す組織のマネジメント」「新任管理者のための部下指導力チェックリスト」「できる人の情報収集術」他多数

 

また,趣味として,日本文学の愛読家であり,嵩じて“文芸評論”に手を染め,古井由吉論である『語りのパースペクティブ』では,文芸誌「群像」の新人賞の最終選考に残ったことが唯一の自慢。本人は,趣味の領域を脱していると,ひそかに自負している。その他,同じ古井氏を論じた 「『哀原』における語りの眼差し』 「杳子論」「語りのトポロジー」「眉雨論」の他「中上健次 論」等々もあり, 最近では,古井・中上両氏を比較した「方法としての語り手」をものにした。いつかは,翔ける文章家・石川淳を論じてみたいというのが悲願である。 最近,気鋭の文芸評論家池田雄一氏が,古井由吉の近作『白暗淵』の書評「万物の終焉」で,『語りのパースペクティブ』を引用された(『文學界』2008.3)。

なお,日々ブログ更新中。

活動内容
企業内研修企画力開発創造性開発問題解決力開発ロジカル・シンキング研修課題探求力開発情報力開発管理職研修監督者研修中堅社員研修チームリーダー研修リーダーシップ開発OJT研修コミュニケーション 力ロジカル・シンキング力マネジメント 力目標達成力コーチング力考課者訓練ケーススタディ研修

研修関連サポート研修用ケース考課者訓練用ケースインシデントケース・インバスケットケース作成など昇進・昇格試験用ケース等々のケースライティング各種マニュアル作成講演

研修について一言

研修はあくまで参加者自身にとっての実践の場でなくてはなりません。その中で,参加者自身がどう自分の知識と経験をフル動員して,研修の課題に主体的に取り組むかが問われるのです。それをサポートするために,どういう実践的な仕掛けと課題・場面を提供するかが,研修のプランニングであり,プログラムになります。

自分の可能性に気づくのは自分しかなく,それを力にするもしないも,その人自身によります。 その答えは自分の中にあるのです。それをサポートする“産婆役”こそがわれわれの存在意義であり,果たすべき役割です。

われわれは“産婆役”であるとは,主役は参加者自身であり,自らが主体的に変革と変身をはかろうとするのをお手助けするための黒子役にすぎないという意味なのです。

そのためには,徹底的に相手に耳を傾け,相手の話の中から,本人自身も意識していない潜在的な可能性をどこまで引き出せるかを最大限に心がけ,参加者とのキャッチボールをはかることを,重視しています。そうした場はまた,わたしたち自身にとっても,成長と変革の機会でもあるのです。

受託先:大手民間企業の他,中小企業でも1年間を通した研修プラン ニング,コンサルティングにも携わる。また官公庁,地方自治体,病院,学校の研修も実績がある。規模や業種によるよりは,テーマや課題によることが多い。

ページトップ


活動紹介へ
戻る

トップページへ
戻る

目次へ
戻る


ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved