ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

ロジカルシンキング1
ロジカル・シンキングの基本マインド
〜考えることの基本スキル〜


「考える」ことを阻むもの〜当たり前と思わない
考える」ためにどうしたらいいか〜固定観念の崩し方
考える」ための基本スキル〜考えを展開する
論理的であるとはどういうことか〜筋をつける
現状分析と情報分析の原則とノウハウ〜「問題状況」をどう掘り下げるか
情報をどう集約するか〜情報の読みを誘う整理をどうするか
情報の分析〜情報から何を読み取るか
情報の読解と例証〜情報から仮説を立てる


  • 「考える」ことを阻むもの〜当たり前と思わない
    • 「知っていること」と「考えること」
      知っていることを当てはめるだけなら,それは考えるとは言わない。考えるとは,自分の中でものごとを組み立て,意味のつながりや事実の関連を見つけたり(論理力),新たな問題を発見したり(発想力),それをどう解決するかを見つけたり(問題解決力),何々はきっとこうなるのではないかと予測したり(推理力),何かを構想したり(構想力),何をすべきかを決めたり(意思決定力),等々することである。そこで必要なのは,知っていることや,当たり前のことを,当てはめている限り,思考は自分にとって必要ではない。ロジカル・シンキングの前に,まず物を考えるとはどういうことかを確認しておきたい。

     

    • 「固定観念になる」3つのタイプ
      焦点化(1つのことしか見ない)−自分の見方(知識・経験)にこだわる
      固定化(1つのことしか見えない)−経験的な機能・価値の色眼鏡
      一般化(1つ見えたことをすべてと見なす)−“たまたま”を“そもそも”と思う

     

    • 思い込み度を確かめる
      • 何が見えるか

                           

        老婆と若い女性の両方が見えるか                     老人とネズミの両方が見えるか

         

      • どこまで見えるか    

        左から右へ見る。二段目は男が,三段目は女性が見える。


  • 考える」ためにどうしたらいいか〜固定観念の崩し方
    • 3つの基本スタンス〜まずここから始める

       @知っていることをアテハメない−「まてよ!」

       A別に答はないかと問い直す−“正解はひとつではない”

       Bキャッチボールしてみる−“お互いの違いが相乗効果を生む”

       

    • 「考え」を掘り起こす〜具体化の4原則

       @具体的に考える〜具体例で考える

       A強制,あるいは見たいように見る

       Bシリーズ化する〜連想による横展開

       C5W1H,あるいはストーリーを描く〜ピンポイントにする

       ◇具体的かどうかの原則は,次の3点。つまり具体例で考えること

       ・他にないたったひとつの「もの」や「こと」であるかどうか

       ・心の中に,気持ちや感情を動かすイメージが浮ぶかどうか

       ・特定の何かをそこから連想させる力があるかどうか

     

    • 「考え」を多角化するスキル〜質を高めるバラバラ化の4原則

      @視点(立場)を変える いまの位置・立場そのままでなく,相手の立場,他人の視点,子供の視点,外国人の視点,過去からの視点,未来からの視点,上下前後左右,表裏等々

      A見かけ(外観)を変える 見えている形・大きさ・構造のままに見ない,大きくしたり小さくしたり,分けたり合わせたり,伸ばしたり縮めたり,早くしたり遅くしたり,前後上下を変えたり等 々

      B意味(価値)を変える 分かっている常識・知識のままに見ない,別の意味,裏の意味,逆の価値,具体化したり抽象化したり,まとめたりわけたり,喩えたり等々

      C条件(状況)を変える 「いま」「ここ」だけでのピンポイントでなく,5年後,10年後,100年後,1000年後あるいは5年前,10年前,100年前,1000年前等々

◇この「変える」とは,それを意識してみるという意味だ。例えば,「視点を変える」の,「視点を意識してみる」とは,「〜と見た」とき,「いま自分は,どういう視点・立場からみたのか」と振り返ってみるということだ。そのとき,会社の立場で見たのだとすれば,それ以外の,父親として見たらどうなるか,客の立場で見たらどうなるか等々。無意識の視点を意識し,「では,別の視点ならどうなるか」と,改めて別の視点を取ってみる“きっかけ”にすることができる。これを,“バラバラ化”と呼ぶ。

具体化の4原則とバラバラ化の4原則によるマトリックス
 

  対象について

 

バラバラ化

@具体的に考える

A強制,あるいは見たいように見る

Bシリーズ化する

C5W1H,あるいはストーリーを描く

@視点を変える

 

 

A見かけを変える

 

B意味を変える

 

C条件を変える

 


  • 考える」ための基本スキル〜考えを展開する
    • 分ける

     「分ける」は,いまあるカタチ,いまある意味,いまある条件,いまある構造,いまある位置関係,いまある流れ等々を分解することで,新しい関係づけを見つける。

    ・ツリーに分ける 垂直分解(系統図,機能分解,目的・手段),水平分解(役割区分)

    ・フローに分ける 流れのパターン(時系列,因果関係,起承転結)

    ・配置に分ける  位置関係,布置関係等々パースペクティブ(遠近法)の関係

    ・構造に分ける  組成関係,骨格構造等々立体的関係

    ・状況に分ける  5W2H,ヒト・モノ・カネ

    ・時間を分ける  時間の流れをスロー・速くしたり,ストップモーション

     「分ける」をチェックする目安は,

    ・もう少し細かくならないか

    ・もう分けられないか

    ・他の分け方はできないか

    ・何か前提にしていないか

    ・自分で条件を設定していないか

    ・型にはめていないか

    ・他の視点はないか

    ・見落とし,ヌケはないか等々

     わけるという例では,たとえば,一体だったものを分けることで,それ自体が商品になったりする。たとえば,

     有名店のラーメンが,その出し汁自体を商品とする,

     手打ち蕎麦店の,手打ち作業自体を客に経験させることを商品とする,

     環境の,排出量自体を取引する,

     あるいは自社の事業をどうするといった場合にも,その選択肢を,売却,アウトソーシング,分社化,MBO(部門責任者が企業から買い取る),合弁方法等々と分けてみる

     

    • グルーピング

     「グルーピング」は,バラバラになった情報の中に,意味のある「つながり」(基準)を見つけて,バラバラの「地」に「図」を見つけ出す。

     「醜いアヒルの子の定理」(渡辺慧『認識とパタン』)によると,二羽の白鳥の類似度とアヒルと白鳥の類似度は,同じである,とする。二羽の白鳥の類似性を列挙していったとして,身体の形,羽根,翼,嘴,目の形と色,色,生態,食物,生息場所……等々。その上で,次に白鳥とアヒルの類似性を,目が二つ,鼻の穴が二つ,口がひとつ,耳が二つ,嘴があり,羽根があり……と,数え上げていくと,両者の共通点の数はほとんど変わらなくなる。類似性をこういう共通点の数で計るなら,どんなものも同じ程度の類似性をもっている。

     どんなものにでも共通点があるとすると,似ているから「共通点」が見つかるのではなく,「共通点」を見つけるから似ているのである。両者はつながるのではなくつなげる。共通点は創り出すものなのである。

     「グルーピング」をチェックする目安は,

     ・まず似たところはないかと考えてみる

     ・違いはどこにあるか。逆に,似ても似つかないものはどれか

     ・別に言い換え(置き換え)られないか

     ・両者に関係づけられるものはないか,無関係なものはないか

     ・両者をそれぞれ別のモノ(似たもの,関係あるもの)に置き換えてみる

     ・結合してみる,合わせてみる,重ねてみる

     ・それぞれを統一する(括れる)ものはないかと考える

     ・それぞれを由来・背景・根拠・理由に遡ってみる

     ・それぞれをこれからどうなるか,下ってみる等々。

     業種のくくり方とか商品アイテムのくくり方を,別種にし直したりすることで,従来と異なる市場を発見することがある。たとえば,プラスが出した小型の文具セットは,確かに小型文具品をセットにしただけのようだが,事務用品という実用性からファッションやおもちゃの領域を開拓したことになる。あるいは,ドレッシングを調味料の棚に並べるのではなく,生野菜の販売棚にくくることで,店としての食べ方の提案になっている。

     

    • 組み合わせる

     「組み合わせる」は,異質の分野のもの,異なるレベルのものを組み合わせることで,ピース自体の出自にかかわりなく,新しい全体像を見つけ出す。全体だけでなく,その一部分同士からも新しい組み合わせを見つける。

     代表的組み合わせは,ラジオとカセットを組み合わせたラジカセ。昨今は,電子レンジで調理する手軽さから,米飯と具材を組み合わせたセット米飯が花盛りだ。マツタケ釜飯,ホタテ釜飯,五目釜飯等々。MPU(マイクロプロセッシング・ユニット)は,コンピュータの中央処理装置(CPU)を1チップに集積したものだし,LSIはIC1000個以上を集積したものだが,これも組み合わせ例。あるいは,デスクトップファクトリーと呼ぶ,精密機械用の超自動組み立てラインも実用化されている。

     

    • アナロジー

     「アナロジー(類比/類推する)」は,似たもの,異分野の例になぞらえる,たとえる見たてること。似た「〜を通して」見る(考える)ことです。

     たとえば,スタッドレスタイヤの目的は,雪道を滑らないこと。ではそれに役立つものはないか,北極の白熊はなぜ滑らないのか,その手の構造を通して見て考える。

     ・白熊の手は爪がある,それを役立てられないか

     ・白熊の手の皮膚は筋肉との間がルーズで接地面が広がる,その構造を利用できないか

     ・白熊の手は毛が接地面の水を弾き出す,その仕掛けを利用できないか

     等々,「白熊の手の機能を通して」見ることで,その機能からタイヤに使えるアイデアを見つけ出そうとする。

     アナロジーを見つけるには,次の3つの着眼点がある。

     ・全体に関係が似ているものを見つける

     ・部分(核)から他とのつながりを見つけ,そこから逆算して関連するものを吸引する

     ・部分と部分の関係の断片から全体像を見つける

【考えるための基本スキル全体像】

以下ロジカルシンキング2へ続く

トップへ


  • 当サイトで紹介する,研修プログラム一覧ここにあります。
    • 研修の進め方は一貫して,自己点検を中心とします。その進め方は,ここをご覧下さい。
    • 研修プランのカスタマイズについては,ここをご覧ください。


研修プログラム一覧
管理者にとっての問題
情報分析のスキル
情報探索のスキル
問題の分析と解決プランニング
ロジカルシンキング研修
課題と問題とはどう違うか
続・企画・発想・創造性関連参考文献
問題解決関連参考文献

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved