ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

horizontal rule

「課題」と「問題」はどう違うか

horizontal rule

bullet「問題」と「課題」とはどう違うのか?正解はないが,次のケケースを見ながら,問題は何か,誰にとってのみそれが「課題」たりうるのか,を考えてみて下さい。

 当営業所は,営業一課,二課,管理課の三課構成だが,営業に専属のアシスタントがないため,管理課の4名の女子社員が,電話の取り次ぎ,事務処理,得意先への走り使いなどをサポートしていた。

 その日,朝の課内ミーティングの最中,隣県の得意先から重大なクレームが入り,川端君は,筒井課長と共に出張せざるをえなくなった。しかし,その日,川端君は,この半年地道に努力して,やっと食い込むことに成功したY社に,試作品を届ける約束が入っていた。工場の技術者をなだめすかしてやっと先方の会議にまにあわせることができたいわくつきの試作品であった。川端君は,工場の関係者にあわただしく電話をいれると,Y社の担当者にも確認を入れ,管理課の吉田さんに声をかけた。

 「急なことで,土浦までいかなくてはならない。今日の午後一番で,この試作品をY社まで届けてほしい。所在の地図と担当者,電話はここにメモをつけておくから」
 川端君は,筒井課長と急ぎ足で出ていった。それとちょうど入れ違いに,本社からの出張から帰ってきた管理課の野原君が,
 「今日中に,このデータをまとめて本社まで送ってほしい」
 と,吉田さんに命じた。吉田さんは,
 「川端君から,Y社まで試作品を届けてくれるとたのまれているのですが……
と,川端君の件を伝えたが,野原君は,
 「こっちは急ぐんだ。今日の夕方までに送ると,今朝本社と約束してきたものだ。それは今日でなくてはいけないのか」
 「そこまでは聞いてませんが」
 「じゃあ,それは明日にしてくれ。第一,君は管理課の人間だよ。こっちの仕事を優先してくれなくては困るよ。川端君はだいたいが人使いが荒い。自分のことは自分でやってもらわないと」

 そんなやり取りをした後,Y社には翌日一番で届けることにの処理を優先させることになり,野原君は,「所長との打ち合わせがあるから」と,急ぎ足で書類を片手に営業所長のところへ向かった。

horizontal rule

 終日,二人がかりでデータの処理に終れ,ようやく5時を回った頃,本社に走稿し終えた。二人が,ほっと一息ついているところに,川端君が戻ってきた。
 席につくなり,Y社に電話を入れた川端君は,自分がいけなかったことを詫び,午後開かれたはずの役員会での評価結果を聞くつもりであった。が,そのひまもなく,Y社担当者の怒声に,受話器をもったまま凍りついてしまった。

 「いったいどうなっているんだ。肝心の役員会に試作品は届かない,詫びの電話もない,おたくを信頼して,試作品を提出すると提案した私の顔は丸潰れじゃないか」

horizontal rule

bullet「問題」と「課題」とは違う。問題は,酒場の酒の肴となり,義憤の材料になるが,課題はそういう一般論としては存在しえない。
bullet「問題」は,誰にでも問題としえるが,「課題」は自分にとってしか「課題」たりえない。しかし,自分にとって「課題」となりうることは,他の誰かにとっては別の「課題」ともなりうることを忘れてはならない。
bullet誰にでも「問題」であっても,自分にとって問題になりえないことはある。
bulletそれを「問題」にするかどうか,さらにそれをおのれの「課題」とするかどうかには,組織やそこでの役割分担についての自覚や責任感だけではなく,その目的に対する感度,目的に対する距離感,目的に対する自己意識の多寡が大きい。
この点については,ここ[「問題」への感度を高める]を参照して下さい。

horizontal rule

bullet問題あるいは,問題意識については,ここをご覧下さい。
bulletまた,問題意識の掘り下げについては,ここをご覧下さい。
bullet問題の分析と解決については,ここをご覧下さい。
bulletケーススタディについての参考文献は,ここ,問題解決についての参考文献は,ここをご覧下さい。

ページトップ

horizontal rule

課題探求力開発研修

課題探求力開発研修プログラム例
管理者にとっての問題
問題の分析と解決プランニング
問題解決関連参考文献

horizontal rule

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved