ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

horizontal rule

問題の分析と解決プランニング1
〜基本ステップとクリティカルポイント〜

horizontal rule

問題状況の分析
問題の洗い出しとブレイクダウンの流れ
解決(実現)手段の洗い出し方
原因分析型の進め方
目的・手段分析型の進め方
対策案(解決策)の立案

問題状況の分析
〜状況分析〜

horizontal rule

bullet

まず「現状」を正確につかむ

@状況は起こっている事実を,評価を交えずにことで列挙する

○事実の描写は,5W2Hで,モノとコト,ヒトとヒト,ヒトとコト,ヒトとモノ等の関係で表現する。

何(誰)が(誰と誰が,何と何が,誰と何が)/何処(何処から何処まで)/何を/いつ(いつからいつまで)/どれだけ(量・多寡)/どのように(どういう手段・方法,ステップで)

   ○コトの幅と奥行は,次の3点によって確認する。

コトの時間的な位置関係(時系列・経過,時間的な変化,時間の共時的奥行,歴史的経緯等

コトの空間的な位置関係(配置・序列,位置関係,配置関係,広がりの幅と奥行)

誰からのパースペクティブか(誰が/どの視点から見たものか)

A“コト”をどうつかむか

○コトを絞り込む−絞り込み方で“読み”が変わる

    ・「誰が」のピンポイント化視点の絞り込み

     ・「“何処”か“いつ(何時)”」のピンポイント化場所・時間の特定

     ・「全体像」=構想の焦点何処からの,誰からのパースペクティブか

→因果関係・時系列・変化の流れ・構造の視点を明確にする(パースペクティブの限定)

 ・ことは細分化する「〜できない」ではなく,「〜のとき〜ができない」と,“とき”“ところ”等々,「〜」の部分を絞り込めば絞り込むほど,問題は限定され,対策が立てやすい

○コトの配置関係によって状況の見え方が変わる

 ・“こと”を関係するもの同士括り直し,それぞれをカード化し,配置して位置関係をつかむ

 ・“こと”のウエイトづけをする

 ・“こと”のパースペクティブは,ウエイトの低いもの程遠ざかるかたちで,配置し直す

bullet

つかんだ情報の評価

@何が起きているか,何が起きそうかを見極める

何が起きているか,何が起きそうかを,事実に基づいて見極める。この分析が問題解決のすべてを制する。

このときのスタンスは,“自責化”ある。

  ・自分が中心となって解決する(もちろん必要ならメンバーの協力をえて)

  ・自分に解決できるカタチに置き換える(こういうカタチにならできるというように)

A問題を評価する

それぞれの問題について,“緊急性”“重要性”“影響の拡大傾向”(悪化の可能性)から評価して,どれから手を打つかを決める。

   応急対策には,

問題を一時的におさえる

問題を一時的に解消する

がある。

horizontal rule

bullet

問題対応の方針を決める

◇問題の拡大を押さえる応急対策の一方で,根本的な原因対策を策定する。

問題解決に対応した情報収集は,それぞれのレベルに応じて目的が異なる。目的に応じた手段が必要となる。

状況分析−何が問題かを明らかにする

原因分析−なぜそれが起こったのかを究明する
目的・手段分析−何をすれば目標が達成できるのかを洗い出す

解決シナリオ分析−解決のために何をするかの対策を立てる

決定分析−対策案の選択と意思決定

問題状況の分析へ戻る

つづきはここ

horizontal rule

bullet当サイトで紹介する,研修プログラム一覧ここにあります。
bullet研修の進め方は一貫して,自己点検を中心とします。その進め方は,ここをご覧下さい。
bullet研修プランのカスタマイズについては,ここをご覧ください。

horizontal rule

bullet

関連研修
bullet

ケーススタディ研修については,ここをご覧下さい。

bullet

問題解決能力開発研修については,ここをご覧下さい。

bullet

課題探求力開発研修については,ここをご覧下さい。

bullet

情報力開発研修については,ここをご覧下さい。

bullet

関連ページ
bullet

問題の分析と解決のスキルは,ここをご覧下さい。
bullet

問題解決の手順の詳細は,どうすれば問題は解決できるか】を参照ください。

bullet

問題の分析と解決プランニングは,ここをご覧下さい。

bullet

管理者にとっての問題については,ここをご覧下さい。

bullet

ケースライティングのスキルは,ここをご覧下さい。

bullet

発想技法の活用については,ここをご覧下さい。

bullet

問題の見方・見え方」「問題意識を育てる」については,それぞれをご覧下さい。
bullet

また,問題意識の掘り下げについては,ここをご覧下さい。

bullet

創造性とは何かについても,参照下さい。

bullet

問題解決案づくりの4つのスキル」については,ここをご覧下さい。

bullet

情報分析については,ここをご覧下さい。
bullet

情報アクセスについては,ここをご覧下さい。

bullet

問題解決関連参考文献については,ここをご覧下さい。

horizontal rule

horizontal rule

ページトップ

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved