ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

Critique Back Number 48


高沢公信"Critique"/2007.1.20

 

発想力を高めるためのベースを強化する-7-

発想マインドをチェックしてみます
まず、いくつ思いつくかをためしてみます
発想を妨げるもの
どうしたら発想量が増やせるのか〜具体化の4原則(1)
どうしたら発想量が増やせるのか〜具体化の4原則(2)
発想への伸びしろをチェックする
発想の基本スタンス〜まずここから始める
発想力を高めるバラバラ化の4つのスキル
バラバラ化のツール〜ブレインストーミング
バラバラ化のツール〜チェックリスト


  • バラバラ化のツール〜チェックリスト
    • チェックリストを使いこなして発想力アップ

      @チェックリストを使ってみる

       チェックリストを、具体的に例にあげながら、その使い方に触れておきます。発想の基本スキルにあるチェックリストの中から、オズボーンのチェックリストを取り上げますと、次の通りです。

      オズボーンのチェックリスト

      ・他に利用できないか/現在のままで新しい用途はないか/少し変えて他の利用法はないか

      ・他からアイデアが借りられないか/一部借りたら/これに似たものはないか/他に似たアイデアはないか/過去にこれと似たものはないか/何かマネできるものはないか/他に当て嵌められないか/誰のマネができるか

      ・変更したらどうか/新しく変えてみたら/曲げたらどうか、形を変えたら/意味、色彩、動作、音、香り、形式、包装、方法を変えてみたら/その他の変更をしてみたら

      ・大きく(あるいは多く)したら//何か加えたら/もっと時間をかけたら/回数(頻度)を多くしたら/もっと強くしたら/もっと高くしたら/もっと長くしたら/もっと厚くしたら/もっと速くしたら/もっと多くしたら/馬鹿でかくしたら/最大にしたら/誇張したら /他の価値を加えたら/他の成分を加えたら/倍にしたら/掛け合わせたら

      ・小さくしたらどうか/何か減らしたら/もっと小さくしたら/もっと濃縮(凝縮)したら/小型にしたら/もっと軽くしたら/もっと低くしたら/もっと遅くしたら/やめたら/少なくしたら/分割したら/ひかえめにしたら

      ・代用したらどうか/誰かほかの人にやらせたら/何かほかのものにしたら/ほかの成分にしたら/ほかの材料にしたら/ ほかの場所にしたら/ほかのやり方にしたら

      ・入れ替えたらどうか/構成分子を入れ替えたら/タイミングを替えたら/他の型に替えたら/向きを替えたら/上下を替えたら/他のレイアウトにしたら/他の順序にしたら/原因と結果を入れ替えたら/ペースを変えたら/日程を変えたら

      ・反対にしたらどうか/積極(肯定)と消極(否定)を変えたら/反対にしたら/裏返しにしたら/後ろ向きにしたら/逆さまにしたら/役割を逆にしたら/立場を変えたら/主客を転倒したら/逆に言ったら

      ・結合したらどうか/混合、合成、詰め合わせ、アンサンブルにしたら/組みにしたら/目的を結合したら/アイデアを結合したら

      これを発想のツールとして、下図を例に、みなさんも、実地に考えてみてください。

       いかがでしたか?これまで以上にでましたか?それとも出しにくかったですか?

       もし、チェックリストがあれば、いくつでもアイデアが出ると期待していた方はがっかりされたことだと思います。ひょっとすると、以前より出なかった可能性があります。

       それは、発想技法というイメージに期待して、受動的になったからだと思います。以前のとき、自分で必死に考えようとされたのに比較すると、受身に回ったのではありませんか?

      A使い方で変わるチェックリスト効果

       チェックリストを発想のツールに使うというのは、その項目と照らし合わせれば、自動的にアイデアがでるというものではありません。そんなところてんを押し出すような便利なツールがあるはずはありません。

       チェックリストを使うときも、その他の発想技法を使うときもそうですが、使う側の主体的な姿勢が問われているのです。

       どういうことかといいますと、チェックリストの場合、たとえば「他に利用できないか」というチェック項目を何も考えず読み流していっても、決してアイデアにつながることはないのです。必要なのは、そのチェック項目を、自分の狭い発想への刺激として、それとキャッチボールすることなのです。

       オズボーンのチェックリストを例にとって、具体的に考えてみます。

       たとえば、「変更したらどうか」の項にあります、「曲げたらどうか、形を変えたら」という項目を例にとってみます。これをただ流すのではなく、

       曲げてこういうカタチになったというのもある、

       ここからいろいろな方向に曲げてみるというのもある、

       カタチを曲げて変えるのもある、

       カタチを変えてこういうふうに見えるもの、というのもある

       等々と、その項目を切り口にして、あれこれと可能性を考えることなのです。それは、チェック項目を刺激に、自分自身の記憶と知識とのキャッチボールをするということなのです。チェック項目をひとつの外部情報として、自分自身を刺激するように、あれこれキャッチボールしてみる素材とするということです。

       情報にするとは、その言葉を鵜呑みにするのではなく、その言葉の意味、イメージ、条件等々を様々に問い直して、様々に考える素材にする、という意味です。

       そう考えていくと、曲げてこういうカタチになるものとして、

      ゴム風船を無理やり折り曲げて重ねたところ
      パン生地を丸めて半分のところに切れ目を入れたところ
      練ったそば粉を曲げて重ねたところ
      針金を曲げて作った知恵の輪
      ワッフルのケーキを曲げて重ねたところ

      あるいは、カタチを変えてこうなったものとして、

      半分破れた金魚すくいの紙
      ハンバーガーのパンに包丁で切れ目を入れたところ
      かかとを小さくしたダイエット用のスリッパ
      切れ目を入れたスイカ
      半分残ったデコレーションケーキ

      等々と、ひとつの項目から、いくつでも発想の種が出てくるはずです。たとえば、

      「何か加えたら」
      「もっと多くしたら」
      「馬鹿でかくしたら」
      「最大にしたら」
      「もっと高くしたら」
      「もっと長くしたら」
      「もっと厚くしたら」

       といった、大きさに関わる項目については、既に第1章で試みたのと同じことになりますので、この項目とのキャッチボールの仕方だけ例をあげてみますと、たとえば、何か加えるというのは、今から何かをしようとしているところ、し忘れているところ、何かを加えると完成する、何かをし忘れたので追加しようとする等々が考えられるはずです。

       たとえば、「馬鹿でかくしたら」という項目とキャッチボールすると、馬鹿でかいとはどのくらいか、ボールと比較して大きいという意味か、ごま粒と比較して大きいという意味かという、これ自体の基準量をあれこれ考えるということがあります。また、それから何処まで大きくするのか、東京ドームか、人工衛星か、地球か、太陽か、星雲か等々といった、大きくする比例度の感覚もあるでしょう。

       さらには、馬鹿でかくする、そのいまのものを何処に置くかで、その大きさ比は変わってきます。たとえば、スリッパに見えたのを例にあげたとしますと、

       大人のスリッパ

       といえば、子供のスリッパを基準においていることになります。

       相撲取りのスリッパ

       というと、大人のスリッパを基準においていることになります。それを具体化していくと、

       小錦のスリッパ
       ジャイアント馬場のスリッパ

       というふうに挙げていくことができます。たとえば、

       「もっと時間をかけたら」

       を例にとってみますと、

       ここからスタートして何らかのカタチになるところ、

       時間を経てこうなってしまったところ、

       もう少し時間があればもっと違ったものになるのに時間がなくてこうなってしまった、

      等々が想定できます。とすると。

       毛糸を丸く巻き始めたところ
       止まりかけているコマあるいは回り始めたコマ
       望遠鏡を横切った飛行機雲
       割れた皿を合わせて接着しようと試みているところ
       もっと模様をつけるつもりが忘れて一本棒の切れ目しかないフランスパン
       ひび割れて亀裂の入った鏡餅

       等々が上げられるはずです。

       発想は発想する土俵が具体的であればあるほど、具体的な連想を生み出しやすいのです。その土俵は、何かを思いつく手がかりを、チェック項目が与えてくれていると考えればいいのです。

       「他の価値を加えたら」
       も、同じように考えると、たとえば、価値を、いい価値悪い価値、新しい意味古い意味、思い出という情緒、不安という情緒等々と広げていけます。また、

       「他の成分を加えたら」

       も、線を加える、色を加える、質を加える、肌あいを加える、臭いを加える、香りを加える等々とキャッチボールすることで、「合併で消された社章」とか「お香をたいているところ」「便器」といったイメージを浮かべやすくなるはずです。

       このあたりで、止めますが、すべての項目とキャッチボールすれば、必ず何かが出てくるというわけではありません。が、少なくとも、固まっていた脳のネットワークに新しい回路が浮かんだり、忘れていた回路が再生したりする手がかりにはなるはずです。

      ブレインストーミングと同様、チェックリストも、それを刺激として、自分の中に、自分の異質さを発見する条件づけ、として使えるはずなのです。

       

    • バラバラ化ツールを使って発想量のアップを確かめてみよう

 以上、バラバラ化の4つの切り口とバラバラ化のツールである、ブレインストーミングとチェックリストによる発想の仕方を、具体的に例示してきました。ここで、それが、どれだけ効果的か、ご自分なりに確かめてください。

行宗蒼一氏より       P.エヴァンス&G.ディーハン『創造性を拓く』より

 左の「円と直径」図は、既に散々試しましたが、それでなおどのくらい出せるかを試してみていただくのも一興でしょう。ツールとスキルを整理した後、五百以上になると豪語した人もいたくらいですから、試してみる価値はあります。

 この「円と直径」図をウォームアップとしてさらに、右図で、どれくらい発想数がアップされられるかを試してください。

 発想数アップの試みとしては、次のようなことを、順次試してほしいと思います。

 @まず、第1章で出した数の確認

 Aバラバラ化の4つのスキルを意識して、発想してみる

 Bオズボーンのチェックリストのチェック項目とキャッチボールしながら発想する

 C発想技法ハンドブックの他のチェックリストを取り上げ、そのチェック項目と、Bと同じように、キャッチボールして発想してみる

 Dブレインストーミングの要領で、職場の誰か、あるいは友人、家族と一緒に、図を見ながら、フリーに出し合ってみる

 このすべてを試みてもなお、以前より、格段に発想数がアップさせられなかったという場合は、まずそんなことはありえませんが、発想数を出すためのスキルを、再度きちんとおさらいし、各項目の意味とあれこれキャッチボールしながら、試み直してほしいと思います。必ず数は出せるはずです。(了)

右図の発想例

たとえば、前にも挙げましたが、皿の上シリーズとして、皿の上のリンゴ4つ、皿の上のみかん4つ、皿の上のカキ4つ、皿の上の桃4つ、皿の上の瓜4つ、皿の上のオレンジ等々と羅列できるし、上に乗っているものを、果物や卵(それも鶉からダチョウまで)からごま、塩粒といった極小化することも、あるいは、巨大化して遊園地の回転カップへもつなげていけるはずです。

 テーブルの上へと転ずれば、テーブルの上のコップ、テーブルの上の茶碗、テーブルの上のタンブラー、テーブルの上の湯呑、テーブルの上のお椀、テーブルの上の丼、テーブルの上の皿、テーブルの上の猪口等々とテーブルの上シリーズとして、食器を鍋や釜、更に果物や球にも置き換えていけるはずです。

 さらに円を土管や井戸、池と置き換えて、土管の中シリーズ、井戸の中シリーズ、池の中シリーズと考えていきますと、土管にのぞくケーブル、土管にのぞく水道管・下水管や、井戸に浮かんだ果物シリーズになりますし、池に浮いたシリーズにすれば、池に浮いた空き缶4つ、池に浮いたタイヤ4つ、池に浮いた竹筒4つ、池に浮いたゴムボール4つ、池に浮いた野球ボール4つ、池に浮いたバレーボール4つ、池に浮いた空き壜4つ等々、そこに浮かんでいるいろいろなモノに変えられます。

 井戸や池を湖に海に宇宙へと広げていけば、4つの丸は島や惑星や島宇宙になりますし、口の中と見立てれば、口の中シリーズとして、歯や飴玉とみなせます。中の円を凸部ではなく、凹部と見なせば、ボタン穴や車のホイールへと広がるでしょう。

 そこまでの発想が上からの視点と自覚できれば、同じものを下から見て(それは引っくり返したのと同じ)、脚シリーズとして、丸テーブルの脚、丸椅子の脚、豚の脚、牛の脚、鹿の脚等々、机・テーブルから4足動物、更にはUFOといった別のシリーズへ発展させられます。

発想力トレーニング』については,ここを御覧下さい。


侃侃諤諤ページ
【目次】

冒頭


侃侃諤諤ページ
Critique Back Number81ページ Critique Back Number82ページ
Critique Back Number79ページ Critique Back Number80ページ
Critique Back Number77ページ Critique Back Number78ページ
Critique Back Number75ページ Critique Back Number76ページ
Critique Back Number73ページ Critique Back Number74ページ
Critique Back Number71ページ Critique Back Number72ページ
Critique Back Number69ページ Critique Back Number70ページ
Critique Back Number67ページ Critique Back Number68ページ
Critique Back Number65ページ Critique Back Number66ページ
Critique Back Number63ページ Critique Back Number64ページ
Critique Back Number61ページ Critique Back Number62ページ
Critique Back Number59ページ Critique Back Number60ページ
Critique Back Number57ページ Critique Back Number58ページ
Critique Back Number55ページ Critique Back Number56ページ
Critique Back Number53ページ Critique Back Number54ページ
Critique Back Number51ページ Critique Back Number52ページ
Critique Back Number49ページ Critique Back Number50ページ
Critique Back Number46ページ Critique Back Number47ページ
Critique Back Number44ページ Critique Back Number45ページ
Critique Back Number42ページ Critique Back Number43ページ
Critique Back Number40ページ Critique Back Number41ページ
Critique Back Number38ページ Critique Back Number39ページ
Critique Back Number36ページ Critique Back Number37ページ
Critique Back Number34ページ Critique Back Number35ページ
Critique Back Number32ページ Critique Back Number33ページ
Critique Back Number30ページ Critique Back Number31ページ
Critique Back Number28ページ Critique Back Number29ページ
Critique Back Number26ページ Critique Back Number27ページ
Critique Back Number24ページ Critique Back Number25ページ
Critique Back Number22ページ Critique Back Number23ページ
Critique Back Number20ページ Critique Back Number21ページ
Critique Back Number18ページ Critique Back Number19ページ
Critique Back Number16ページ Critique Back Number17ページ
Critique Back Number14ページ Critique Back Number15ページ
Critique Back Number12ページ Critique Back Number13ページ
Critique Back Number10ページ Critique Back Number11ページ
Critique Back Number8ページ Critique Back Number9ページ
Critique Back Number6ページ Critique Back Number7ページ
Critique Back Number4ページ Critique Back Number5ページ
Critique Back Number2ページ Critique Back Number3ページ
Critique Back Number0ページ Critique Back Number1ページ
Critique Back Number【目次】へ戻る

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved