ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

Critique Back Number 36


高沢公信"Critique"/2005.2.20

 

OJTをどう実施していくか-1-

OJTのフロー
OJTの実施手順1
OJTの実施手順2
OJTの評価とフォローアップ


OJT遂行のPDCA,つまり,Plan(計画)→Do(実行)→Check(成果をチェックし,軌道修正)→Action(次への生かす)サイクルを考えると, 次のようになる。

必要なことは,上司側が勝手にそう考えるのではなく,OJTの舞台となるこの流れを,部下との間できちんと共有化されていなければならない。


部下のOJTプランニングの前に,上司自身がチームや部署をどうしたいのか,そのための自分自身の役割やレベルアップをきちんと考えておかなくては,部下への期待値は明確にならない。チームの目標達成を分担するという意味では,上司も,部下も同じであり,それを達成するために,どう自分をレベルアップしなくてはならないかは同じだからである。

部下との間で,上司の求める役割やそのためのスキル・能力のレベルアップについて,なぜ必要なのか,それが自分にとってチームにとってどんな重要性があるのかについての共有化がなされなくてはならない。これがあってはじめて,OJT目標が両者で共有化される土俵(OJTを進めるための共通認識)ができる。

指導のチェックポイント

やっている

明日からできる

いますぐにはできない

優先項目

@どういう部下に育てるかの構想をきちんともっている        
A「仕事ができる」とはどういうことかを明確にしている        
B仕事に対する要求水準・要望事項を明らかにしている        
C仕事に求めるレベル・質は必ず明示している        
D部下に不足している能力・スキルをきちんと伝える        

  • OJTプランづくり

OJTすることが共有化されていることで,今回のOJT目標の目的(それをすることの意味)が確認できていることになる。その上で,目標(今回目指す成果)を共有化する。そのためには,

 @OJT対象者に何を,どこまで目指すのかを明確にしてあること

 AOJT対象者にとって,どの程度の努力を要するのかを明確にすること

 Bどういう手段,行動が必要かが絞れること

 つまり,目的と目標の明確化によって,「何のために」(目的=意味)「何を」(目標=期待する成果)をはっきりさせることによって,必要スキル,必要期間,必要工数等々が明確となり,現状とのギャップが,クリアすべき問題として明確にすることができる。

 目標の要件は,@何を,Aいつまでに,Bどの程度(どのレベルまで)を具体的(何をするかが明確である)こと,しかもそれが計測可能(計数化あるいは検証可能な完了状態,あるべき状態)のカタチで表現することである。

 つまり, 目的と目標「何のために」(目的=意味)「何を」(目標=期待する成果)「いつまでに」(期限)「どのレベル」(期待水準)の明確化によって,必要スキル,期間,必要人数が明確となり,現状とのギャップが,クリアすべき課題としてより具体的に浮かび上がることになる。

以下OJTをどう実施していくか-2-続く

OJTのスキルについて の各論は,目次をご覧下さい。


侃侃諤諤ページ
【目次】

冒頭


侃侃諤諤ページ
Critique Back Number81ページ Critique Back Number82ページ
Critique Back Number79ページ Critique Back Number80ページ
Critique Back Number77ページ Critique Back Number78ページ
Critique Back Number75ページ Critique Back Number76ページ
Critique Back Number73ページ Critique Back Number74ページ
Critique Back Number71ページ Critique Back Number72ページ
Critique Back Number69ページ Critique Back Number70ページ
Critique Back Number67ページ Critique Back Number68ページ
Critique Back Number65ページ Critique Back Number66ページ
Critique Back Number63ページ Critique Back Number64ページ
Critique Back Number61ページ Critique Back Number62ページ
Critique Back Number59ページ Critique Back Number60ページ
Critique Back Number57ページ Critique Back Number58ページ
Critique Back Number55ページ Critique Back Number56ページ
Critique Back Number53ページ Critique Back Number54ページ
Critique Back Number51ページ Critique Back Number52ページ
Critique Back Number49ページ Critique Back Number50ページ
Critique Back Number47ページ Critique Back Number48ページ
Critique Back Number45ページ Critique Back Number46ページ
Critique Back Number43ページ Critique Back Number44ページ
Critique Back Number41ページ Critique Back Number42ページ
Critique Back Number39ページ Critique Back Number40ページ
Critique Back Number37ページ Critique Back Number38ページ
Critique Back Number34ページ Critique Back Number35ページ
Critique Back Number32ページ Critique Back Number33ページ
Critique Back Number30ページ Critique Back Number31ページ
Critique Back Number28ページ Critique Back Number29ページ
Critique Back Number26ページ Critique Back Number27ページ
Critique Back Number24ページ Critique Back Number25ページ
Critique Back Number22ページ Critique Back Number23ページ
Critique Back Number20ページ Critique Back Number21ページ
Critique Back Number18ページ Critique Back Number19ページ
Critique Back Number16ページ Critique Back Number17ページ
Critique Back Number14ページ Critique Back Number15ページ
Critique Back Number12ページ Critique Back Number13ページ
Critique Back Number10ページ Critique Back Number11ページ
Critique Back Number8ページ Critique Back Number9ページ
Critique Back Number6ページ Critique Back Number7ページ
Critique Back Number4ページ Critique Back Number5ページ
Critique Back Number2ページ Critique Back Number3ページ
Critique Back Number0ページ Critique Back Number1ページ
Critique Back Number【目次】へ戻る

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved