ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

horizontal rule

管理者にとっての役割行動とは何か

horizontal rule

【目次】
管理者の役割行動4つのチェックポイント
管理者の管理行動分析 例
管理者のリーダーシップ
目標設定のリーダーシップ
目標達成のリーダーシップ

リーダーシップに必要な5つのこと
リーダーシップに必要な5つのこと

中堅と管理職の違いは何か

管理者にとっての問題
管理者は何を問題にすべきか
マネジメントに求められるコミュニケーションスキル@〜話すスキル
マネジメントに求められるコミュニケーションスキルA〜聴くスキル
コミュニケーション力を決めるものTU
エゴグラムによる自我分析
エゴグラムの読み方・活かし方
部下指導・育成のポイント

問題意識を育てる
“やる気”をどうカタチにするか
できる部下のOJT
キャッチボール効果をどう高めるか
聞き方力をもうワンアップするためのスキル
管理者のメンバーとの目標統合行動チェックリスト
管理者のチーム方針策定行動チェックリスト
管理者の仕事の進捗管理行動チェックリスト
管理者のリーダーシップ強化行動チェックリスト
活力ある職場づくりマネジメント行動チェックリス

業務を通しての部下指導行動チェックリスト
リーダーシップチェックリスト
プラン実現力チェックリスト

業務棚卸着眼点チェックリスト
コミュニケーション力チェックリスト
部下指導チェックリスト
OJT マインドチェックリスト
コーチングマインド・チェックリスト
危機管理チェックリスト

horizontal rule

bullet

管理者であるとはどういうことか

管理者であることも中堅であることも,いずれも,組織機能遂行のための役割であり,それ自体は目的ではない。つまり,

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれのポジションに応じて,何のために,何を,どうするということを,それぞれ考えなくてはならない。管理者は,ただ,何をが個人だけではなく,自分のチームの目標でもあることが,大きく違うことになる。

bullet

役割とは何か

組織の構成要素のひとつである役割は,“組織目的達成のための機能分担”(共通目標達成のために担うパート)である。

 

 

 

 

役割の妥当性は,目的に対比してのみ評価される。組織の目的は何か。それは「何のためにあるのか」。その問いの中で,役割の真価が問われる。また,その役割期待は,組織の公式ポジションだけからくるのではない。自ら,目的のために何をなすべきかと問い,それへの回答としての役割を実践していくことによって,実質的なリーダーシップをカタチづくることができるし,それをも求められている。

bullet

役割は一人で決めることはできない

組織の求めている役割をきちんと担うには,「役割期待」つまり,期待されている役割を自覚した行動がとれることが必要である。それには,の3つの期待基準がある。

  @組織の求める価値基準(職位や位置への公式の資格要件,職務基準の“なすべきこと”と同時に,組織文化,組織風土からくる,組織責任者レベルへの暗黙の期待,「課長ならそれくらいやってくれるはず」「やってくれなくては困る」等々。)

A組織メンバーからの期待水準(「あの人ならやってくれるはず」といった,その人個人への,リーダーシ ップや的確な判断,意思決定への期待。更に,「あれだけの経験があるならこれだけのことはできるはず」といった本人のキャリア・経歴に伴う期待値。)

B組織の上位者の求める期待水準(「彼にはこれくらいのことはしてもらいたい」「してくれなくては困る」といった,上位者が,その統括する部門目的達成のために,分担した機能を完遂するために求める要求水準)

この他に,同僚からの期待もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この3つの役割を,受け止めてこそ,組織の役割を担っていると認められるはずである。これは,中堅であっても同じである。

bullet

管理者の役割との格闘

つまり,自分の役割との自問と格闘の姿勢が必要なのである。“格闘”とは,どれだけ「目的意識」を失わないかにかかっている。それ(その仕事)は「何のために(目的)するのか」,その目的からみて,目標・手段は適切か,あるいは「その目的は今も重要か,もっと別の目的(何のために)を創れないか」等々の,問いを続ける姿勢である。

まして,管理者となれば,その格闘こそが,管理方針となり,部下にも,自分の役割と格闘し,自らの役割はどうあるべきか,またそのために自分はどうすべきかを考えることを促すことになる。それこそが,役割意識であり,そこにこそ,自己成長の鍵がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

horizontal rule

ページトップ
管理者の役割目次】へ

horizontal rule

bullet

関連研修
bullet

管理者研修については,ここをご覧下さい。
bullet

OJT研修は,ここをご覧下さい。

bullet

ケーススタディ研修については,ここをご覧下さい。
bullet

管理者にとってのケース分析の基本マインドについては,ここをご覧下さい。

bullet

問題解決能力開発研修については,ここをご覧下さい。

bullet

課題探求力開発研修については,ここをご覧下さい。

bullet

リーダーシップ研修プログラムについては,ここをご覧下さい。

bullet

関連ページ
bullet

発想技法の活用については,ここをご覧下さい。

bullet

問題の見方・見え方」「問題意識を育てる」については,各頁をご覧下さい。

bullet

管理者の意味については,「中堅と管理者の違いは何か」をご覧下さい。

bullet

管理者は何を問題にすべきかについては,ここをご覧下さい。
bullet

管理者にとっての問題」については,ここをご覧下さい。

bullet

管理者の役割行動4つのチェックポイントについては,ここをご覧下さい。
bullet

管理者の管理行動例については,ここをご覧下さい。

bullet OJTのスキルについては,ここをご覧下さい。各論は,それぞれ下ページをご覧下さい。
bullet OJTの意味と目標
bullet OJTの行動指針づくり
bullet OJTの方法と機会
bullet OJTプランのプロセス管理
bullet 部下指導・育成のポイント
bullet

面談の仕方

bullet タイプ別部下の指導法12
bullet OJTをすすめる環境づくり
bullet OJTをどう実施していくか
bullet コーチングとは何かについては,ここをご覧ください。
bullet コーチングのスキルについては,ここをご覧ください。
bullet コーチングの構造と流れについては,ここをご覧ください。
bullet コーチングのための質問リストについては,ここをご覧ください。
bullet コーチをつけることによって得られる15の効果とメリットについては,ここをご覧ください。
bullet コーチングを受けてみたいならについては,ここをご覧ください。
bullet

リーダーシップについては,ここをご覧下さい。
bullet

リーダーシップとは何かについては,ここをご覧ください。

bullet

管理者のリーダーシップについては,ここをご覧下さい。

bullet目標設定のリーダーシップについては,ここをご覧ください。
bullet目標達成のリーダーシップについては,ここをご覧ください。

bullet リーダーシップに必要な5つのことについては,【1】【2】をご覧ください。
bullet

コミュニケーションスキルは,コミュニケーションスキル@コミュニケーションスキルAをご覧下さい。
bullet

コミュニケーションタブーについては,ここをご覧下さい。

bullet

聞き方のタブーは,ここをご覧ください。

bullet

マネジメントに求められるコミュニケーションスキルについては,ここをご覧下さい。

bullet

コミュニケーション力チェックリストは,ここをご覧ください。

bullet

職場のコミュニケーションは,ここをご覧ください。

bullet

自己点検チェックリストは,ここをご覧下さい。

bullet目標設定のリーダーシップについては,ここをご覧ください。
bullet目標達成のリーダーシップについては,ここをご覧ください。

horizontal rule

研修プログラム一覧

リーダーシップとは何か

リーダーシップに必要な5つのこと【1】

リーダーシップに必要な5つのこと【2】

中堅社員研修・管理職研修

管理者の役割行動

管理者の役割行動4つのチェックポイント

自分の役割と位置づけを確認することの6つの意味

管理者の管理行動例

コミュニケーションスキル@

コミュニケーションスキルA

horizontal rule

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved