ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

horizontal rule

OJTマインドチェックリスト

horizontal rule

bullet

下記のチェック項目は,正解を並べているのではありません。OJTについての幅のある考え方を列挙してあります。これを対照として,ご自分の考え方をチェックするものです。OJTについての自分の考え方の是非を以下のチェック項目で確認し,自分の考え方を整理して下さい。

チェック項目 そう思う そう思わない
OJTとは,On the Job Trainingで,仕事中,仕事遂行を通して,訓練をすることである    
OJTとは,上位者が,仕事の仕方を,部下を教えることである    
OJTとは仕事上で,部下をマンツーマンで,直接指導することである    
部下に教えるのは,自分の過去の経験と知識である    
OJT遂行のためには担当業務遂行のために必要な能力要件をリストアップしなければならない    
部下の現有能力を把握し,必要能力とのギャップを能力開発必要点と考え,それを埋めるためにOJTプランを立てる必要がある    
必要なのは個々の能力をレベルアップすることである    
部下に大切なことは,自分がチームやメンバーから何を期待されているかを自覚し,そのために何をしなければならないかをつかむことである    
業務の変化が激しく,能力要件が変動し,部下の現有能力と必要能力のギャップが測りにくくなっている    
育成目標は,一定の努力と工夫を必要とする,少し高目が望ましい    
目標達成プロセスには,期限を切り,期中にチェックする必要がある    
部下のやりたいことと,チームとしての期待や目標との刷り合わせを通して,育成目標を共同で設定する必要がある    
OJTの育成目標は,少し長いレンジで考える必要がある    
途中でのフォローやフィードバックは不可欠である    
プレイングマネジャーであるため,多忙で,部下ひとりひとりに,OJTを丁寧に遂行する時間的ゆとりがない    
部下は,管理者の仕事の仕方や考え方,また業務上の指示や注意の仕方を通して,強く影響を受け,そうした管理者の日常行動そのものがOJTになっている    
OJTの最も重要なことは,部下への仕事や役割の割り当てである    
部下の方が,専門知識や業務知識が高い場合があるので,OJTには難しい側面がある    
部下の問題点は,そのとき,その場で一々指摘し,直させることが大切である    
仕事の教え方は,@準備をさせる⇒A作業を進める⇒Bやらせてみる⇒C教えた後をみる,の4ステップが鉄則である    
日常の活動,PDCAのマネジメントプロセスの中にこそOJTがある    
チーム全体として,相互に,自発的に育成したり,成長する雰囲気があることがOJTの効果を高める    
管理者が教えなくてはならないことは,仕事への取り組みや基本姿勢,仕事についての考え方,企業文化や価値観である    
OJTの手を抜くことは,自分やチームにそのつけがはねかえることになる    
部下の成長に大きな影響を与えるのは,チームや職場の風土や雰囲気である    
部下には,現在の仕事遂行だけでなくこれから担うべき役割遂行に必要な能力開発もすべきである    
部下が指示されたことをそつなくこなすことではなく,主体的に仕事に取り組み,自己決定できるようにすることがOJTの目指すことである    
OJTは結果だけでなく,そのプロセスでの部下との報連相が重要な育成機会となる    
仕事の場面だけでなく,休憩や雑談,飲食機会等々も,OJTの機会となる    
管理者自身の成長への努力をする姿勢やキャリアについての真摯な姿勢が不可欠である    

◆OJTとは,何のために,何をすることか。そして,OJTの目指すことは何か。

 

 

 

 

up

horizontal rule

bullet当サイトで紹介する,研修プログラム一覧ここにあります
bullet中堅社員研修・管理職研修プログラム例は,ここを参照下さい。
bullet 管理者研修プログラム例をご覧ください。
bullet考課者訓練プログラムについては,ここご覧下さい。
bullet中堅社員研修プログラム例をご覧ください。
bullet中堅社員研修の中でも,補佐機能に力点をおいた研修は,ここをご覧下さい。
bulletケーススタディ研修プログラム例は,ここをご覧下さい。
bullet関連ページ
bullet部下指導チェックリストについては,ここをご参照下さい。
bullet コーチングマインド・チェックリストについては,ここをご覧ください。
bullet業務を通しての部下指導行動チェックリストについては,ここをご参照下さい。

horizontal rule

bullet中堅と管理職の違いについては,ここをご覧下さい。
bullet OJTのスキルについては,ここをご覧下さい。各論は,それぞれ下ページをご覧下さい。
bullet OJTのコンセプト
bulletOJTの意味と目標
bulletOJTの行動指針づくり
bulletOJTの方法と機会
bulletOJTプランのプロセス管理
bullet部下指導・育成のポイント
bullet 面談の仕方-1-面談の仕方-2-
bullet タイプ別部下の指導法-1-
bulletOJT研修については,ここをご覧下さい。
bullet管理者の管理行動例については,ここをご覧下さい。
bullet コミュニケーションスキルは,コミュニケーションスキル@コミュニケーションスキルAをご覧下さい。
bullet

コミュニケーション力チェックリストは,ここをご覧ください。

bullet コミュニケーションタブーについては,ここをご覧下さい。
bullet良寛戒語については,ここをご覧下さい。
bullet 聞き方力をもうワンアップするためのスキルについては,ここをご覧ください。
bullet 聞き方のタブーは,ここをご覧ください。
bullet コーチングとは何かについては,ここをご覧ください。
bullet コーチングのスキルについては,ここをご覧ください。
bullet コーチングの構造と流れについては,ここをご覧ください。
bullet コーチングのための質問リストについては,ここをご覧ください。
bullet コーチをつけることによって得られる15の効果とメリットについては,ここをご覧ください。
bullet コーチングを受けてみたいならについては,ここをご覧ください。
bulletリーダーシップについては,ここをご覧下さい。
bullet 管理者のリーダーシップについては,ここをご覧下さい。
bullet目標設定のリーダーシップについては,ここをご覧ください。
bullet目標達成のリーダーシップについては,ここをご覧ください。

horizontal rule

中堅社員研修・管理職研修
研修プログラム一覧
OJTのスキル【目次】
自己点検チェックリスト
中堅社員研修・管理職研修プログラム例
OJTの行動指針づくり
OJTの方法と機会
OJTプランのプロセス管理

部下指導・育成のポイント

対人関係スキル関連参考文献

horizontal rule

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved