ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論


自分の仕事に旗を立てる


◇リーダーシップにある3つの常識,

 @リーダーシップはトップのものである

 Aリーダーシップはパーソナリティである

 Bリーダーシップは対人影響力である

  を点検してみる必要がある。リーダーシップとは,トップに限らず組織成員すべてが,いま自分が何かをしなければならないと思ったとき,みずからの旗を掲げ,周囲に働きかけていく。その旗が上位者を含めた組織成員に共有化され,組織全体を動かしたとき,その旗は組織の旗になる。リーダーシップにふさわしいパーソナリティがあるわけではない。何とかしなくてはならないという思いがひとり自分だけのものではないと確信し,それが組織成員のものとなりさえすれば,リーダーシップなのである。

そこに必要なのは,自分自身への確信である。それは自分を動かすものだ。それが人を動かす。リーダーシップは他人への影響力である前に,自分への影響力である。「お前がやらなくて誰がやるのか」「自分がやるしかない」と,みずからを当事者として動かせるものが,自分の中になければ,人は動かない。それが旗の意味であり,旗の実現効果であり,そこに共に夢を見られることだ。だから,リーダーシップには,新たな常識が必要となる。@周囲を巻き込める夢の旗を掲げられることA夢の実現プランニングを設計できることB現実と夢とを秤にかけるクリティカルさがあること,である。「こうすべきだ」だけでは人は乗らない。それが単なる夢物語でも人は乗らない。夢と現実味をかね合わせて,絶えず点検していける精神こそが,求められるリーダーシップである。それは,パーソナリティでも地位でもパワーでもなく,スキルであることを意味している。

◇だから,リーダーとリーダーシップは区別したい。リーダーは,役割行動であり,リーダーシップはポジションに関係なく,その問題やタスクを解決するために必要と考えたら,自らが買って出る,あるいは誰かの委託を受けて,その解決に必要な周囲の人々を巻き込み,引っ張っていくことである。つまり,トップにはトップの,平には平のリーダーシップが求められる。リーダーシップはその人の役割遂行に応じて,必要な手段なのである。職位が上のほうに行けばいくほど,リーダーシップがないことが目立ち,下へ行くほど,リーダーシップがあることが目立つ。上に行けばいくほど,リーダーシップを発揮しやすい条件と裁量を与えられているから,あるのが当たり前だから,ないことが目立つのである。


その意味で,リーダーシップに必要なのは,周囲を引っ張り,周囲を巻き込んでいくに足る力,である。そのとき 不可欠なのは,

・「どこへ」「何のために」「何を目指して」という旗を明確にできること,

・必要な人々にその意味をきちんと伝えていく力があること,

である。では,その旗を立てるためには,どうしたらいいのか。 何よりも,自分が何をするために,そこにいるのか,を明確にすることである。それは,

 ・管理職なら,何をするために,そのチームを預かっているのか(何をすれば管理職たりうるのか),

 ・チームメンバーなら,何をすめるために,そのチームの一員としての役割を担っているのか(何をすれば,チームメンバーたりうるのか),

 を明確にすることである。リーダーシップとは,そのおのれの仕事を完成させようとするとき,それをじぶんひとりではできないとき,それを完成するに必要な人々に働きかけ,その完成を成し遂げることなのだとすれば,まずは,おのれの仕事の旗を明確にしなければならない。そのためにこそ,人に働きかける根拠だからである。


  • 自分の現在の役割を確認する

 それには,まず,自分のやっている仕事を列挙してみることだ。

  • 周囲の期待,上司の期待からみて,自分の役割を考えてみる

     ・自分と上位との関係の中で,自分がどういうかかわり方をするのか

     ・自分が周囲からどういうことを期待されているのか

     という中で,自分に求められている役割は何か。

  • 自分がどうしたいのか,どうなりたいのか,どうあるといいのか,を考える

自分がこれからどういう役割行動をになっていきたいのか(自分は何をするためにそこにいる人なのか)を考えることを通して,自分にとってのその役割の意味を見直すことになる。

  • 自分のキャッチフレーズ(旗印)を考える

上記@ABを受けて,改めて自分の役割を明確化し,その役割に自分の旗(自分のキャッチフレーズ)を考える。その上で,その旗から見て,現状やっていることの中で,抜けていることはないかを考える。

トップ


リーダーシップ論

自分の仕事に旗を立てる

リーダーシップに必要な5つのこと【1】

リーダーシップに必要な5つのこと【2】

【リーダーシップについて・1】リーダーになることとリーダーであること
【リーダーシップについて・2】ビジョンのリーダーシップもしくは夢の旗幟

【リーダーシップについて・3】自己点検のリーダーシップもしくはジョハリの窓

【リーダーシップについて・4】危機のリーダーシップもしくは痩我慢の説
【リーダーシップについて・5】決断のリーダーシップもしくはエッジ
【リーダーシップについて・6】勝利のリーダーシップもしくは三十六計
【リーダーシップについて・7】人情のリーダーシップもしくはアムンゼンの非情
【リーダーシップについて・8】信頼のリーダーシップもしくは綸言の値打ち
【リーダーシップについて・9】活力のリーダーシップもしくはアサーション
【リーダーシップについて・10】発想のリーダーシップもしくはパラダイム変換
【リーダーシップについて・11】実践のリーダーシップもしくはPDCA
【リーダーシップについて・12】確信のリーダーシップもしくは自己モニタリング
【リーダーシップについて・13】自己革新あるいは自分自身へのリーダーシップ
【リーダーシップについて・14】問題意識あるいは問題感知力とリーダーシップ
【リーダーシップについて・15】情報力のリーダーシップ
【リーダーシップについて・16】コミュニケーション力とリーダーシップ
【リーダーシップについて・17】問題解決力とリーダーシップ
【リーダーシップについて・18】開発力とリーダーシップ

【リーダーシップについて・19】プラン実現力のリーダーシップ

【リーダーシップについて・20】組織活力のリーダーシップ

【リーダーシップについて・21】部下育成力とリーダーシップ
【リーダーシップについて・22】補佐・参謀力とリーダーシップ
【リーダーシップについて・23】人間力とリーダーシップ
【リーダーシップについて・24】変革力のリーダーシップ

目標設定のリーダーシップ

目標達成のリーダーシップ

リーダーシップ研修プログラム・目次

対人関係スキル関連参考文献



研修プログラム一覧

中堅社員研修・管理職研修

管理者の役割行動4つのチェックポイント
管理者の管理行動例
コミュニケーションスキル@
コミュニケーションスキルA
リーダーシップ論
目標設定のリーダーシップ
目標達成のリーダーシップ
リーダーシップ研修プログラム・目次
対人関係スキル関連参考文献

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved