ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

チームリーダー研修プログラム1例
−自分の役割を自覚しどうチーム力を高めるリーダーシップを発揮するか−


  • 研修の狙い

@求められている役割期待の自覚

A職場でのポジションとなすべき責務の再確認

Bまず自らが主体的に発信するリーダーシップの自覚

C部下の指導・育成機能の強化とコミュニケーションスキルのレベルアップ

Dチーム内の問題感知力と問題解決のリーダーシップ

  •   研修の進め方

●基本的方針はふたつ。

 @研修は,基本的に自己確認と自己点検の場である

 A答えは,自身の中にある

●研修の進め方は,

 を基本的枠組みとし講師とグループ,講師と個人個人とのキャッチボール等々を通して,全体として確認しながら,進めていく。

●ツールとしては,

 @ワークシート

 Aグループでの相互での擦り合せ

 を用い,問いかけと答えを通して,一方的ではなく,自分自身の問題と向き合いながら,自分の答えを考えていただくように進めていく。

  • 研修プログラム

時間

内容

 進め方

9:00

 

 

 

 

10:00

T・まず問題意識からはじまる
時代の変化に取り残されないためには何をしなくてはいけないか

環境の変化の中で,変化に取り残されないために必要なのは,現状への,「このままでいいのか」という問題意識である。それが,
・ いままで通りではない
・ いまのままではない
・ 過去の延長線上ではない
やり方への変革の第一歩である。その発想転換がいま求められている 
・ウォームアップ―問題意識をどう深めるか

 ●「チームリーダー」である事の意味を全員に問い掛ける。予想される,チームリーダーは「〜をする」という答への,研修全体の目標を投げかけることでもある。チームリーダーであるとは「何のためであるのか」と。これが研修全体のベースともなる。

研修は,基本的に,ブレインストーミングによるキャッチボールを通して相互に意見交換してもらい,それをもとに全体討議


《使用するもの》
・ ツール
ブレインストーミング

【プロセスの狙い】

 ここでの基本スタンスは,

 @まず問題意識が出発点となる。そのためには,「何のために」という問い(それが目的意識であり,それなしには問題意識はない)に鍵があり,それが研修全体を通しての宿題でもあることを,冒頭に指摘する。

 A問題意識を掘り下げるためのスキルとして,キャッチボールの重要性を確認していただく。これもまた,研修全体を通しての課題となる。

 Bキャッチボールは,発想力の基本ともなるので,ブレインストーミングのウォームアップを兼ねつつ,発想力の基礎訓練もしておく。

時間

内容

 進め方

11:00

 

 

 

 

 

 

 

(昼食)

 

14:00

U・自分のポジショニングと役割行動のチェック

 

役割意識のないところ問題意識はない。自らのなすべき課題は,組織での自分の位置に求められている目的を果たすために何をすべきかというチェックなくしてはありえない。

  ・組織の目的・ビジョン

      ↓それを達成するために

  ・本年度の目標

      ↓それを達成するために

  ・自分の役割は何か

 

 ・チームリーダーという役割のポジショニングを考える

 ・チームリーダーとして何ができるかを考える
●自身の役割を,全社の中でのポジションの自覚から始める必要がある。各自の結果をめぐり,グループ討議,全体討議におけるキャッチボールを通して,自身の現状をチェックする

 

 

《使用するもの》

 ・ワークシート

目標と役割の明確化

ポジションの機能と役割行動

ツール

  ブレインストーミング

 

【プロセスの狙い】

 役割は,公式に求められるものだけではない。それなら,誰がその任についても同じとなる。自分が,その役割を主体的にどう位置づけ,何をしようとするかを,主体的に考える姿勢こそが必要となる。それが明確化されて初めて,環境分析から得られた課題は,自分の役割から,「何ができるか」「何をしなければならないか」が,主体的な課題として,明確化しえる。

 ここでは,役割意識の前提となる目的意識を確認しつつ,「目的意識のないところに役割意識なく,役割意識のないところに問題意識はない」を強調する。問題意識は,役割意識があってこそ,意味があり,かつ深まる。

時間

内容

 進め方

14:00

 

 

 

 

 

 

 

 

15:00

V・チームづくりとコミュニケーション〜コーチングの基本スキル

チームにするには,メンバーと上司の間で,共有化されるものを作り上げることが必要となる。

そのためには,日常の,

 ・ミーティング

 ・報連相

 ・キャッチボール

 をどけだけ積み重ねるかが重要になるが,そのスキルとしては,

 ・伝えるスキル

 ・受けとめるスキル

 ・聴くスキル

 ・訊くスキル

がポイント。これを確認する。

●コーチングもコミュニケーションも,上位者の一方的なものではなく,部下との協働作業である。メンバーと上位者とが,共通の土俵の上で,目的実現のために,何をしなくてはならないかが,共有化できていなくては,効果は上がらない。個々のコーチングスキルよりは,両者の信頼の土俵づくりこそが,課長補佐に求められる最も重要な役割となる。

《使用するもの》

・ワークシート

 コミュニケーション・チェック

 コミュニケーションギャップを振り返る

 コーチングマインドチェック

・ツール

 

【プロセスの狙い】

 言いたいことを伝えたら,相手に意図が伝わるわけではない。仮に明確な方針と目標があり,その意味も価値も明確だとしても,それが伝わらなければ何も始まらない。コーチングの鍵は両者のコミュニケーションの土俵にある。たとえば,メンバーとの間で何かを話し合ったとして,何が共有化されているのか。

@共通の土俵に立てているか。担当業務の目的・目標が共有化されたか。

A共通の目標を担っているか。何を達成するための役割かが相互確認されたか。

Bテーマは共有化されたか。伝えるべきこと(聞かされること)についての土俵は共有化されたか。

C言葉は共有化されたか。相手と同じレベルの言葉・用語になったか。

D話は共有化されたか。話の展開は共有化されたか。

E話の結論は共有化されたか;結論は一方通行ではなく,相互確認できているか。

F話の目的は共有化されたか。何のための話し合いだったかが了解されているか。

 等々が問われる。これがあって,コーチングのスキルが生きることを再確認する。特に,今日,スキルや専門性では,上位者側が上位にあるとは言えない。そのとき,最も重要になるのが,両者の共有化される土俵である。

時間

内容

 進め方

15:00

 

 

 

 

 

16:30

X・チームリーダーの問題発見力とリーダーシップ

 

「問題」とは,チームリーダーが,「〜したい状態(水準)(目標)と「〜でき(てい)(水準)(現状)の“ギャップ”である。したがって,何かをしようという意思(使命や役割,目的と目標)のあるもの,何かをしたいという思い(理想・願望)のあるものにとってのみ,それを妨げる障害を「問題と(して意識)する」ことになる。そういう思いのないものには,障害(つまり「問題」)はない。その意味で,目的意識のないものに問題意識(何かを問題として意識する)はない。解決は目的ではない。解決は,チームリーダーが,職場を,業務を,どうしたいかという目的達成の手段でなくてはならない。目的のないところに問題はない。

  更に,自分の問題にしたことを,チームの課題として,チームとしてどう解決していくか,そのリーダーシップが,チームリーダーには,求められる。
●各自が,自職場で『問題』と感じていることを,どう解決し,実行していくかを討議し,全体でディスカッションすることを通して,チームリーダーの問題解決力,組織としての解決行動のあるべき仕組みを考える。

《使用するもの》

 ・ワークシート

  職場問題分析シート

ツール

  ブレインストーミング

 

【プロセスの狙い】

問題意識があるから問題が見えるのではない。問題が見える立場と意識があるから問題意識が強くなる。それは,チームの目指すものは何かという目的意識があるから,その中で自分は何をすべきかが意識でき,その役割意識があるからこそ,何が問題かに気づきやすい,のである。これをたえず,チーム内で確認し,すり合せることが必要となる。

チームリーダーにとっての問題とは,そういう自らの職場(あるいはチーム)運営の基準とのギャップであり,チームリーダーが,「何を問題にするか」とは,チームリーダーが,何を職場の中で重視しているかの反映であり,「なぜそれを問題にするか」「何を問題としているか」が,メンバーにすぐわからなくてはならない。なぜなら,メンバーにわからないとは,メンバーと,

  ・目的(その部署の機能を果たすのは何のためか),

  ・目標(目的達成のために,それぞれは何をすべきか)

 が,共有化されていない,という事を意味するからである。

 それをお互いに刷り合わせながら,職場問題として,何が最も重要な問題なのかを確認し,共通認識としていく。

 ここでは,チームリーダーの立場で,職場問題にどう立ち向かうのかを考えることに焦点を当て,

 ・チームにおける問題とは何なのか

 ・問題をチーム全体として共有化するには何が必要なのか

 ・それを解決するのにどう上司やメンバーに働きかけ,

 ・チームや職場全体の問題解決行動としてどう周囲を巻き込んでいくのか

 を中心に,討議していく。

時間

内容

 進め方

16:00

 

 

 

18:00

Y・チームとしての問題対応力とリーダーの役割

−問題のとらえ方と解決のはかり方

 

《発表と全体討議》

 グループ発表を通して問題とノウハウの共有化

 

◇問題解決は,問題の発見の共有化の中に,チームの問題すべてが現れてきます。研修のチーム内でも,同じように,それは現れます。 

 

《使用するツール・スキル》

  ワークシート

ブレインストーミング

up


  • 研修の進め方は一貫して,自己点検を中心とします。その進め方は,ここをご覧下さい。


  • 御社の事業特性,社員構成にあわせたカスタマイズプラン可能です。



研修プログラム一覧
中堅社員研修・管理職研修プログラム例 考課者訓練ページ
管理職研修プログラム1例 中堅社員研修プログラム1例
管理職研修プログラム2例 中堅社員研修プログラム2例
管理職研修プログラム3例 中堅社員研修プログラム3例
管理職研修プログラム4例 中堅社員研修プログラム4例
管理職研修プログラム5例 中堅社員研修プログラム5例
管理職研修プログラム6例 OJT研修プログラム1
管理職研修プログラム7例 OJT研修プログラム2
管理職研修プログラム8例 OJT研修プログラム3
監督者研修プログラム1例 監督者研修プログラム2例
リーダーシップ研修プログラム目次 リーダーシップ研修プログラム1例
リーダーシップ研修プログラム2例 リーダーシップ研修プログラム3例
チームリーダー研修プログラム1例 チームリーダー研修プログラム2例
チームリーダー研修プログラム4例 チームリーダー研修プログラム例
対人関係スキル関連参考文献
問題解決関連参考文献
ケーススタディ関連参考文献
企画・発想・創造性関連参考文献

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved