ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

horizontal rule

問題解決力開発研修プログラム1例

horizontal rule

時間

第一日目

第二日目

9:00

10:00

11:00



12:00

13:00










18:00

オリエンテーション

《実習1》ウォームアップ

《実習2》問題意識を掘り下げる−情報の読み方・問いの立て方

個人研究


 


グループ研究

全体発表



講師コメントと評価


振り返り

《講義2》解決案づくりのスキル

《実習3》問題意識をカタチにする−情報の編集と加工

個人研究

 

グループ研究

全体発表

講師コメントと評価

《まとめの講義》問題意識をアップする



horizontal rule

bullet

プログラムの狙い

 (1) グループワークに必要なウォームアップとして“ブレーンストーミング”を試みる。
 (2) 「問題意識を掘下げる」には,「情報力」の基礎スキルの確認を行うことが有効となる。与えられた情報の断片から,できるだけ幅広く,奥行深い掘り下げをするには,どう分析していけばいいかを確認する。ポイントは,@与えられた情報(新聞記事)から,どれだけ判断と「事実(データ)」を区分し,そこから読めるのは何かを抽出する「情報の分析力」,A未知の情報を捜し出すために,どう多角的に設問を立てて,その「事実」の幅と奥行を描き出すか,という「情報の仮設力」の2つ。仮設力における「多角的な問い」こそが,発想力の源泉となる。
 (3) ここでは,情報の集約,整理,分析,解決策検討のスキルのうち,“欠点列挙法”を取り上げる。これは,もともとGEの子会社ホットポイント社の開発になるものだが,対象の欠点,問題箇所,マイナスを徹底して列挙し,まとめていく。対象を見る視点を,欠点の他に,希望点,属性,形態(要素),構造等々の切口に代えることで,使い方が多様になる。情報処理の手法としては,KJ法,その簡易版として親和図法があり,それに評価・ウエイトづけを加えたクロス法があるが,ここで実習する欠点列挙法は,そのすべての部分を含めて,解決策を考えるところまで検討する。

horizontal rule

bullet

主な利点
bullet

利点 1 仕事の力とは問題意識であり,それも潜在的な問題を掘り起こす 力が必要となる。その基本スキルをマスターする。

bullet

利点 2  何気ない新聞記事からどれだけその事案の幅と奥行を読み取れるかは,問いの力による。それが問題意識の背景となる。それを実習を通して習得する。

bullet

利点 3  問題解決力は,単なる発想力ではなく,問題の立て方で決まる。どれだけ多角的に問題を洗い出すかの重要性を,解決を考えるコトを通して実習する。

horizontal rule

bullet御社の事業特性,社員構成にあわせたカスタマイズプラン可能です。
bullet研修プランのカスタマイズについては,ここ

horizontal rule

bullet当サイトで紹介する,研修プログラム一覧ここにあります。
bullet研修の進め方は一貫して,自己点検を中心とします。その進め方は,ここをご覧下さい。
bullet研修プランのカスタマイズについては,ここをご覧ください。
bullet 管理職研修プログラムについては,ここをご覧下さい。
bullet 中堅社員研修プログラムについては,ここをご覧下さい。
bulletOJT研修プログラムについては,ここをご覧ください。
bullet ケーススタディ研修プログラム例は,ここをご覧ください。
bulletケーススタディの参考文献は,ここ,問題解決の参考文献は,ここをご覧下さい。

horizontal rule

bullet

関連研修
bullet

ケーススタディ研修については,ここをご覧下さい。

bullet

問題解決能力開発研修については,ここをご覧下さい。

bullet

課題探求力開発研修については,ここをご覧下さい。

bullet

情報力開発研修については,ここをご覧下さい。

bullet

関連ページ
bullet

発想技法の活用については,ここをご覧下さい。

bullet

問題の分析と解決のスキルは,ここをご覧下さい。
bullet

問題解決の手順の詳細は,どうすれば問題は解決できるか】を参照ください。

bullet

問題の分析と解決プランニングは,ここをご覧下さい。

bullet

管理者にとっての問題については,ここをご覧下さい。

bullet

ケースライティングのスキルは,ここをご覧下さい。

bullet「問題への感度を高める」については,ここをご覧下さい。

bullet

問題の見方・見え方」「問題意識を育てる」については,それぞれをご覧下さい。
bullet

また,問題意識の掘り下げについては,ここをご覧下さい。

bullet

創造性とは何かについても,参照下さい。

bullet

問題解決案づくりの4つのスキル」については,ここをご覧下さい。

bullet

情報分析については,ここをご覧下さい。
bullet

情報アクセスについては,ここをご覧下さい。

bullet

問題解決関連参考文献については,ここをご覧下さい。

ページトップ

horizontal rule

研修プログラム一覧
問題解決力開発研修
問題解決力開発研修プログラム2例
問題解決力開発研修プログラム3例
問題解決力開発研修プログラム4例
問題発見・解決力研修プログラム1例
問題発見・解決力研修プログラム2例
ロジカルシンキング研修プログラム1例
問題への感度を高める
課題探求力開発研修
問題意識の切り口
問題解決関連参考文献

horizontal rule

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved