ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

horizontal rule

企画をつくるとはどういうことか

horizontal rule

bullet

“企画にする”には何が必要か

◇企画は,通常自分の問題意識やテーマだけで立ち上げられることは少ない。

@上司や関係者からの,「〜について企画してくれないか」といった指示や要請,要望

A関係部署や出先からの,「〜について企画にならないか」といった依頼や問い合わせ,要望

B部下や後輩からの,「〜について企画したいのだが……」といった相談や申し入れ,依頼

C客先やユーザー等々からの,「〜について企画はないのか」といった要求や問い合わせ,要請

 D自分自身の仕事上での,「〜について企画にならないか」といった問題意識や思いつき

◇たとえば,上司から,「〜について企画してくれないか」という指示があったとき,「何をすればいいか」を考えるため,通常は「よそはどうしている」と,横並びで同業他社,他省庁,他部署,他業界,他国はどうしていると考えるところから,はじめるだろう。しかし,それは,企画として根本的に間違っている。

 ・企画は,立てることが目的ではないはずである

 ・その企画を立てて,何を実現したいのか(目的)がはっきりしていなければならない

 ・それがはっきりしていなくてはアイデアは面白さや成功例を思いつきで拾い集めることになる

 ・しかも目的がはっきりしていなくては,その企画が適切だったかどうかの評価ができない

まず,企画は,「何を実現(達成)するために立てるのか」(目的)の確認からはじめなくてはならない。

【企画づくりの構造】

horizontal rule

【企画の立て方・つくり方/目次】

1.企画は3つの問い直し

2.問題意識をどう掘り下げるか
3.「問題」を「課題」にする
4.「課題」をどうテーマに落とすか
5.テーマの検証からコンセプトへ
6.コンセプトは企画の“へそ”である
7.コンセプトをつくる
8.コンセプトのプロファイル化
9.コンセプトの実現手段を煮詰める
10.コンセプト実現手段の具体化手順
11.企画構想をまとめる
12.行動計画を練り上げる
13.企画にまとめる

【企画づくりのポイント】

企画とは何か
企画マインドチェック
発想トレーニング
アクセス情報への基本スタンス
言葉の構造と情報の構造
情報の“向き”をつくる
企画力に関する本
こうすれば企画はカタチになる【1】【2】【3】

horizontal rule

bullet企画とは何かについては,ここをご覧下さい。
bulletまた,発想を妨げる要因については,ここをご覧下さい。
bullet創造性とは何かについては,ここをご覧下さい。
bullet創造的発想とは何かについては,ここをご覧下さい。答えはご一緒に考えてください。
bullet発想力とは何かについては,ここをご覧下さい。
bulletまた,発想を妨げる要因については,ここをご覧下さい。
bullet発想トレーニングについては,ここをご覧下さい。
bullet企画・発想・創造性に関する参考文献一覧については,ここをご覧下さい。

ページトップ

horizontal rule

企画力開発研修

企画力開発研修プログラム例
企画の立て方・つくり方
企画力開発研修プログラム1
企画力開発研修プログラム2
企画力開発研修プログラム進捗モデル
企画・発想・創造性関連参考文献

horizontal rule

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved