ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

horizontal rule

企画力開発研修プログラム2

horizontal rule

【研修のポイント】

bullet

企画の出発点は現状への“思い”

 企画の「企」の字は,「人」の「止」(足)であり,「足を爪立てて(遠くを)望む」の意味であり,「画」は,「うまくいくよう前もってたくらむ」の意味とされる。

 「企画」とは,いまの解決ではなく,現状より先の解決をすべく実現プランを立てることである。出発点は,現状への自分の“思い”である。それは,「もっと何とかならないか」「ここはこうならないか」「もっとこうできないか」「こうなればいいのに」「こうできたらなァ」等々(これを問題意識と呼ぶ),現状へ「問題」の発見であり,それを何とかしたい,という思いである。だから,「現状より先の解決」とは,現状への不満,疑問,願望への解決であり,少し意訳すれば,「(現状への)夢+実現プラン」が企画となる。

 “企画の構成要素”は,
 ●誰もが見過ごしたり,当たり前として見落としていることを見逃さず,「問題」にし,
 ●それを何とか解決したいと考え,その解決案をカタチにし,
 ●その実現策(実施プラン)を具体化する
 の3つのである。

bullet企画づくりの3つのステップ

 「企画力強化」では,企画づくりの3つのステップを完遂する。
 @では,問題→課題→テーマの絞込み
 Aでは,コンセプトづくりから,その実現手段分析をむ通して,企画アイデアの集約
 B企画アイデアの実現プランづくり
 を踏んで,企画をつくることの“全体像”をつかみ,どうすれば企画がつくれるか,の基本ステップを習得する。

【研修の進め方】

 基本的な企画づくりのステップをまず身に付けることを主眼に,
 @問題意識の掘下げ→問題の絞込み→問題から「課題」への絞込みを通して,何を解決しようとするかを明確にしていく。
 A「問題」を解決するために何をするかを絞ることで「課題」となり,「課題」を解決するために何をするかで「テーマ」へと絞り込む。「テーマ」は行動目標として具体化される。
 B「テーマ」のウエイトづけを通して,テーマのコンセプトを明確化する。コンセプトは,企画の“へそ”(コアアイデア)であると同時に,企画づくり作業の“へそ”(コアビジョン)でもある。
 Cコンセプトを実現していくのが「企画」である。コンセプト実現手段の徹底具体化は,発想と論理の組み合わせとなる。
 D企画アイデアは,それを実現する手段の具体化とプランができて初めて完結する。
 E企画をペーパープランにしないために,リスク分析,現実性分析で,企画づくり作業は完了する。

【研修の期待される成果】

 「問題」の掘り下げ→課題の設定→解決案の発案→実行プラン作成というプロセスを経て,解決の企画案を立てるために,次の点を研修目標とする。

@問題の掘り起こしのスキル
 自分の先入観を崩すためのスキルの実習
A問題→課題→テーマの絞込みステップ
 このために,目的・手段分析を習得
Bコンセプトづくりのスキル
 “スクランブル法”を通して,コンセプトを具体化するスキルを習得。コンセプトの出来不出来で,企画の大勢が決する
Cコンセプト実現手段の分析
 目的・手段分析とアイデアづくりの基本原則のマスター
D実現構想の組み立て
 企画構想づくりの基本構要素の確認
E企画プランのチェックと評価
 リスク分析と実現可能性分析 
 

horizontal rule

【スケジュール】

 

 第1日

第2日

9:00


10:00

11:00

 

12:00

13:00

 

 

15:00

 

18:00

 

 

 

 

 

21:00

オリエンテーション
  「この研修のめざすこと」  

《実習1》
 「問題の掘り起こし訓練」

《講義1》
 「企画発想のスキルとステップ」

 

《実習2》
 「問題から課題へ,課題からテーマへ」
   問題意識の掘り下げ,課題の絞込み
   課題の絞込みとテーマ設定
   テーマ分析

《講義2》
 「コンセプトの意味と狙い」
  企画のコアと企画づくりのコア

《実習3》
 「コンセプトをつくる−スクランブル法」

テーマ分析

コンセプトづくり

コンセプトの完成

コンセプトプロファイルづくり

《講義3》
 「企画構想をどうまとめるか」

《実習4》
 「コンセプト実現構想の具体化」

コンセプト実現手段の具体化

企画構想のスケッチ化

企画構想の集約

企画書づくり

《実習5》
 「企画案の発表(プレゼンテーション)」

企画案の評価

講評

《まとめの講義》
 「企画力アップの条件」




【研修概要】

 (1) 課題づくり/テーマの確定の作業は,各自の「問題意識」を刷り合わせ,共有化できる「問題」にして,「課題」へと落とし込み,「企画テーマ」を絞り,企画すべき目標として確立する。その「問題」の提起者がプレゼンテーターとなって,情報を説明することになる。

 (2) コンセプトメイキングの作業は,テーマの狙い・条件,意味づけを洗い出す作業を通して,「企画」テーマの目指す新しい意味と価値を“達成基準”として明確とする。これが,企画づくり作業の旗印となる。

 (3) コンセプトづくりでは,“スクランブル法"を使う。これは簡易版のKJ法(親和図法)を基にしたもので,これによって,企画テーマの条件,意味を洗い出し,その意味づけをしていく。これによって,立てた企画テーマの達成基準(どこまでするのか)を明確化していく。企画発想の中では,コンセプトこそが背骨となる。

 (4) 企画構想は,
    @コンセプトを明確にし,その実現に必要な機能,働きを洗い出す「コンセプトの具体化」,
    Aその機能を実現するためにどうしたらいいか具体的に検討する「コンセプトの実現策づくり」
  の作業に別れる。@は,コンセプトのプロファイル化,Aは,コンセプト実現手段分析。

 (5) 1頁企画書の形で,企画構想の具体案を集約する。

 (6) ここでは,他グループの構想をチェックしながら,相互で企画構想の中身を評価する。

 ※2日構成のスケジュールとなっているが,3日(2日半)も可能

bullet

研修の進捗状況,使用ツール等々については,進捗モデル【2日バージョン】をご覧下さい。

horizontal rule

bullet御社の事業特性,商品構成にあわせたカスタマイズプラン可能です。
bullet研修プランのカスタマイズについては,ここ
bullet当サイトで紹介する,研修プログラム一覧ここにあります 。

horizontal rule

bullet「企画とは何か」についての考え方は,ここをご覧下さい。
bullet「企画に使える発想技法」については,ここをご覧下さい。
bullet企画の立て方・作り方については,ここをご覧下さい。
bullet企画・発想・創造性に関する参考文献一覧については,ここをご覧下さい。

ページトップ

horizontal rule

研修プログラム一覧

企画力開発研修

企画の立て方・つくり方

企画力開発研修プログラム例

企画力開発研修プログラム1

企画開発力研修プログラム3

企画開発力研修プログラム4

企画開発力研修プログラム5

企画力開発研修プログラム6

企画力開発研修プログラム進捗モデル

企画・発想・創造性関連参考文献

horizontal rule

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

ご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2017-2018 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved