ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

horizontal rule

ケースの個人研究をどう進めるか

horizontal rule

bullet

自己開発として,ケーススタディをしたいという方は,ここにあるように,
bullet

まず,ご自分が何を自己開発したいのかを明確にしなくてはなりません。

bullet

その上で,ご自分の必要テーマを,具体的に列挙して戴く必要があります。

管理者ががいましなくてはならないことは何か

組織革新と管理者の意識改革

組織目標の理解と部門目標の達成をはかる

経営方針と管理者の役割

管理者の役割と責務

管理者の行動力とリーダーシップ

日常の仕事の管理と部下指導

戦略変更と目標課題のブレイクダウン

実行プランの立て方と目標達成力の強化

プロジェクトリーダーの実行力

チーム力をどう高めるか

目標遂行の管理と方針の明確化

コミュニケーションスキルを高める

部下とのコミュニケーション不足

人間行動の理解と部下の理解

人事考課の改正により評価の下がる部下

リーダーの要件とリーーシップ

部下の自主性とメンバーシップ

自己革新と自己統率力

実行されない提案

経営への視点をどれだけもてるか

プレイングマネジャーの判断ミス

bullet

コミュニケーション能力,リーダーシップ,マネジメント,部下育成といった幅広いテーマでも可能ですが,その場合,「部下に仕事のノウハウを伝える」とか「部門戦略を明示する」といった具体性のあるサブタイトルないし説明が必要です。

bullet

テーマが決まりますと,P&Pネットワークより,オリジナルケースとケーススタディの手引きが送られます。所定の料金をお支払い戴きますと,ケースを,個人のニーズに合わせた,ケースのカスタマイズを行います。ここまてで,一応,個人としての研究の素地は出来上がったことになります。
bullet

ケース分析例については,ここをご覧下さい。

bullet

もし,ケース分析の結果について,添削及び講評をご希望の方には,所定の料金にて,通信教材のような双方向の返信が可能です。
bullet

ご自分の分析結果に自信のある向きは,更に添削者とのやりとりが可能です。しかし,分析は個人的なマネジメント観に基づきますから,あまりエキサイティングなやり取りは不毛です。

bullet

個人ベースから,もつとオープンな研修スタイルをご希望の向きは,最低一グループ分の人数(6〜7人)が必要です。職場単位,企業単位がベターです。料金は,その都度ご相談の上,決めさせて戴きます。

ページトップ

horizontal rule

研修プログラム一覧

ケースの個人研究の仕組み

ケーススタディ研修の位置づけ

ケーススタディ研修の進め方
ケーススタディの効果
問題解決関連参考文献
ケーススタディ関連参考文献

horizontal rule

戻る 進む

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

ご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2017-2018 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved