ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

研修プログラムづくり
WELCOME

P&Pネットワーク 高沢公信のサイトです
Human Resources Development;Planning & Instruction

horizontal rule

研修目的をどう実現するかが“基本コンセプト”

horizontal rule

bullet

研修は目的ではなく,必要とする人材を実現する手段です   

あらゆる研修のプログラム,プランニング,研修体系づくりお手伝いが可能です。こうした研修づくりの基本は,

bullet

何のために(目的)

bullet

何を(期待される目標)

bullet

どうする(効果的なやり方)

を明確化することです。このとき有効なのが,目的手段分析です。たとえば,「企業目的」「経営戦略」「ビジョン」等々を目的として,その実現に必要な手段としての“研修”を徹底的に洗い出すには,

その「目的」実現のためにどういう手段があればいいのか(何をすればいいのか)

その手段(を目的として,その実現のために)どういう手段があればいいのか(何をすればいいのか)

その手段(を目的として,その実現のために)どういう手段があればいいのか(何をすればいいのか)

………というカタチで,手段をブレイクダウンしていく。その目的に最適の実現手段としての研修内容→それを実現するのに最適の方法→それを遂行するのに最適のプログラム→それを達成するのに最適のプラン………というカタチで具体化を図っていくことである。

horizontal rule

bullet

主な利点

bullet

利点 1  目的手段分析によることで,部分最適ではなく全体最適の研修をプランニングできる

bullet

利点 2  目新しさや他社の真似ではなく,真に自社の目的実現の手段としての研修を徹底できる

bullet

利点 3  手段の組み合わせを通して,他社に真似のできない研修を創り上げられる

horizontal rule

bullet研修プログラムについては,ここをご覧下さい。

horizontal rule

戻る 進む

ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典 マネジメント コトバの辞典 文芸評論

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2016-2017 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved